【初心者必見!】仮想通貨で月10万円の不労所得を作る方法詳しくはこちら!

【お勧めNFT】 LLAC(Live Like A Cat)の魅力・買い方について徹底解説!

ぱんだ

LLAC(Live Like A Cat)っていう猫がモチーフのNFTプロジェクトを最近SNSで見かけたんだけど、一体どんなプロジェクトなの?LLACの魅力・NFTの買い方を教えて欲しいな・・・

この記事ではこんな方の疑問を解決します。

この記事から分かること
  • LLAC(Live Like A Cat)の持つ8つの魅力・楽しみ方
  • LLAC(Live Like A Cat)の将来性について
  • LLAC(Live Like A Cat)のNFTを購入する方法

LLAC(Live Like A Cat)は「フリーランスの学校」の代表であるしゅうへいさん(@shupeiman)が運営を行い、インフルエンサーのイケハヤさん(@IHayato)がマーケティングを担当している国産NFTコミュニティです。

テーマは「猫のように自由に気ままに生きてみよう」となっており、クリエイターがバリバリに活躍するコミュニティというより、メンバー間が対等な仲間としてワイワイしたり、価値観を共有したりする側面が強いゆるふわなコミュニティとなっているのが特徴です。

CryptoNinja Partners(CNP)やAopanda Party(APP)と同様に国産のNFTプロジェクトとしては大規模で将来性が期待でき、NFT初心者から上級者までオススメできるNFTとなっています!

リリース価格は0.001ETH(約200円)ですが、2023年1月24日時点では2ETHを超えており、価格は2000倍以上です。

https://opensea.io/ja/collection/live-like-a-cat-nekonoyouniikiru

NFTを購入する際はイーサリアムという仮想通貨が必要になります。

bitFlyerはイーサリアムの手数料が0.15%と格安で、初心者にも利用しやすい仮想通貨取引所です。

さとう

まだ口座を持っていない方はNFTと相性の良いbitFlyerで是非仮想通貨デビューしてみて下さいね。

  • 操作性がシンプルで初心者にも分かりやすい!
  • 取引所の取引手数料が0.15%~0.01%と格安!
  • 国内で唯一月1円からの少額積立設定が可能!
bitFlyerはイーサリアムやリップルを格安の手数料で購入できるオススメの取引所です!
この記事を書いた人
  • Core30経理職の20代男
  • 米国公認会計士(ワシントン州)
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 現在は強気相場が予想される2024年の半減期に向けてビットコインをコツコツ積み立てる堅実スタイル
  • 仮想通貨投資は500万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。身を削って蓄えているクリプト情報を発信しています
目次

LLAC(Live Like A Cat)の買い方

LLAC(Live Like A Cat)を買う方法①:マーケットで現在の価格をチェックしよう

ここからLLACのNFTマーケットにアクセスできます。

https://opensea.io/ja/collection/live-like-a-cat-nekonoyouniikiru

赤枠の部分が現在の最低価格を表しています。(上の画像は2.38イーサリアム)

現在のイーサリアム1枚あたりの価格はここから確認できます。

さとう

自分の予算と照らし合わせて購入を検討して下さいね。

LLAC(Live Like A Cat)を買う方法②:仮想通貨取引所で口座開設

LLAC(Live Like A Cat)はイーサリアムという仮想通貨でのみ購入することができます。

さとう

イーサリアムの購入は仮想通貨取引所ビットフライヤーがオススメです!

ビットフライヤーがオススメな理由
  • 取引所でイーサリアムを0.15%の安価な手数料で購入できる
  • アプリが仮想通貨初心者にも使いやすい親切設計
  • 仮想通貨の積立機能があり、月1円から積み立てることができる

以下からビットフライヤーの公式サイトにアクセスして、口座を開設しましょう。

  • 操作性がシンプルで初心者にも分かりやすい!
  • 取引所の取引手数料が0.15%~0.01%と格安!
  • 国内で唯一月1円からの少額積立設定が可能!
bitFlyerはイーサリアムやリップルを格安の手数料で購入できるオススメの取引所です!

口座開設方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

LLAC(Live Like A Cat)を買う方法③:NFTの保管場所を作成する

NFTを購入した後の保管先を作成しておきましょう。

仮想通貨やNFTの保管は「ウォレット」と呼ばれるインターネット上の自分のお財布で行うことが一般的です。

さとう

ウォレットは「メタマスク」を使用するのがオススメです。

メタマスクの特徴
  • シンプルで使いやすく、直感的に操作できる。
  • 仮想通貨だけでなく、NFTも管理できる。
  • ほぼ全ての仮想通貨・NFTの管理に対応している。
  • 基本的な機能は全て備えている

メタマスクは下のリンクからインストールできます。

メタマスク インストール

PC版メタマスクのインストール手順

PC版のメタマスクのインストール方法を解説していきます。(スマホ版も手順は同じです)

画面右の「ウォレットの作成」を選択します。「ウォレットのインポート」は既にウォレットを持っている場合に選択する項目です。

「ウォレットの作成」を選択すると、パスワードの設定画面に入るので、8文字以上で設定しましょう。

次にウォレット保護の説明画面に入ると、シークレットリカバリーフレーズが表示されます。

シークレットリカバリーフレーズとは?

シークレットリカバリーフレーズはあなたのウォレットの「マスターキー」になります。

このフレーズが盗まれると、あなたのウォレットが盗んだ人にアクセスされ、自由に仮想通貨が移動させられてしまいます!

さとう

PC上には保管すると、ハッキング等のリスクもあるので、紙ベースでメモして保管することをお勧めします。

また、今後このシークレットリカバリーフレーズを入力させるようなことがあった場合、100%詐欺になります。

絶対にシークレットリカバリーフレーズを入力したり、人に教えたりしないで下さい。

ぱんだ

そんなに大事なパスワードなんだね・・・大切に保管しなきゃ!

次にシークレットリカバリーフレーズをメモ出来たかを確認されます。

半角スペースを空けて英単語を入力していきましょう。

さとう

問題なく入力出来ればインストールは終了です!インストールすると、ブラウザの右上に犬のマークが表示されます。

犬のマークをクリックするだけで簡単に開けます!

LLAC(Live Like A Cat)を買う方法④:NFTマーケットOpenseaのアカウントを作成

次にNFTマーケットOpenseのアカウントを作成しておきましょう

ここからOpenseaの公式サイトにアクセスすることができます。

言語が英語になっていたら右上のプロフィールアイコンから言語設定を日本語にします。

画面右上のお財布マークからアカウントを登録することができます。

ポップアップが開いたら「メタマスク」を選択します。

「次へ」を選択したあと「接続」を選択します。

メタマスクを接続すると画面真ん中にポップアップが表示されるので「Accept and sign」を選択して「署名」を選択したら、Openseaのアカウント登録は終了です。

LLAC(Live Like A Cat)を買う方法⑤:ビットフライヤーでイーサリアムを購入して送金

次にビットフライヤーでイーサリアムを買ってメタマスクに送金しましょう。

さとう

ビットフライヤーでイーサリアムを買ってメタマスクに送金する方法は以下の記事で詳しく解説しています!

LLAC(Live Like A Cat)を購入する

さとう

①~⑤の手順が終わったら、早速LLACを購入しましょう!

ここからLLACのOpensea公式サイトにアクセスします。

購入したいLLACを選択し「Add to cart」で買い物カゴに入れたあと、「Complete purchase」で購入完了です!

イーサリアムの取引はガス代が発生するので、表示されたガス代を支払いましょう。

LLAC(Live Like A Cat)の概要

以下がLLAC(Live Like A Cat)の概要です。

NFT・プロジェクト名称Live Like A Cat(LLAC)
テーマ猫のように自由に気ままに生きてみよう
リリース日2022年12月28日
リリース価格0.001ETH(約180円)
発行NFT数22,222点
ネットワークイーサリアム
公式サイトhttps://llac.fun/official/
公式ランディングページhttps://llac.fun/community/
公式Discordコミュニティhttps://discord.com/invite/live-like-a-cat
公式Twitter(運営のしゅうへいさん)https://twitter.com/shupeiman
2022年12月1日時点

LLAC(Live Like A Cat)は「フリーランスの学校」の代表であるしゅうへいさん(@shupeiman)が運営を行っているNFTコミュニティで、テーマは「猫のように自由に気ままに生きてみよう」です。

CryptoNinja Partners(CNP)のマーケティング担当でもあるイケハヤさん(@IHayato)がLLACのマーケティングを担当しています。

LLACの運営者であるしゅうへいさんの人となりは、下のしゅうへいさんの運営しているブログの自己紹介で詳しく伺うことができます。

瀬戸内海の島の古民家で猫と一緒に暮らしており、LLACのテーマである「猫のように自由に気ままに生きてみよう」が生まれた背景が見えてきます。

▶しゅうへいさんのブログの自己紹介記事

ぱんだ

こういう生き方憧れるな~!コミュニティには同じような価値観の人が多いのかな?

LLAC(Live Like A Cat)の魅力

LLAC(Live Like A Cat) 公式記載の8つの魅力について

さとう

次にLLAC(Live Like A Cat)の魅力について紹介していきます!

公式サイトでは、LLAC(Live Like A Cat)の公式コミュニティ(Discord)への参加によって下の8つの体験に参加できるとしています。

LLAC(Live Like A Cat)の魅力①:猫好きさんと交流

LLAC(Live Like A Cat)は「猫のように自由に気ままに生きてみよう」というテーマなだけあって、NFT好きだけではなく、猫が好きな方も多く集まっています。

LLACのDiscordコミュニティは「チャンネル」と呼ばれるいくつかの部屋に分けれており、猫好きな人が集まる用のチャンネルがいくつか用意されています。

猫好きが集まるLLACのチャンネル
  • 推し猫ギャラリー(自分の猫の写真を貼ったりする猫の写真館)
  • 教えて猫博士(猫に関して質問すると猫に詳しい人が回答してくれる)
  • 猫カフェ(雑談部屋でNFTの話題や猫の話題など様々)

NFT目的だけでなく、猫が大好きで猫について話したいという方にもLLACはオススメできるプロジェクトです。

ぱんだ

猫好きが集まっているゆるふわな感じのコミュニティでいいね・・・僕にはぴったりかも!

LLAC(Live Like A Cat)の魅力②:公開前の制作過程を覗ける

LLACのDiscordコミュニティには「マーケティング・セールス部」といったLLACの運営陣がプロジェクトのマーケティング戦略について打ち合わせを行っているチャンネルがあります。

さとう

このチャンネルでは公開前だけでなく、現在の運営陣のマーケティングに関する打ち合わせ内容も全て公開されています。

このプロジェクトの根っこにある考え方を詳しく知りたい方、自分がこれからNFTプロジェクトを立ち上げたい方には非常に参考になる内容が詰まっています。

運営陣のトーク内容が公開されていていいの?と思う方も多いかと思いますが、NFTプロジェクトのコミュニティはDAO(分散型自律組織)の考え方に則っているため「透明性」を重要視していることが多いです。

what-dao
DAOの特徴

2022年までに立ち上げられたNFTコミュニティの多くは、完全にメンバー間の投票で意思決定が行われ、プログラムで投票の結果が自動で実行されるといった仕組みには至っていません。

さとう

しかし、運営陣で密かに打ち合わせを行い、勝手に何かを実行するといったことがないように「透明性」はとても重視されています。

運営とそのメンバーという主従関係より、完全に対等な個人間を大切にしています。

だから、マーケティングといったプロジェクトの核となる戦略もコミュニティメンバー全員に公開している訳です。

ぱんだ

運営同士の打ち合わせの内容が無料で見れるなんて面白いね!これがNFTコミュニティの魅力なんだね!

LLAC(Live Like A Cat)の魅力③:アイデア・企画・マーケティングに参加

LLACのDiscordに「アイデア・企画投稿」というチャンネルがあり、メンバーが自由にLLACのマーケティング戦略・グッズ販売・イベント企画等に参加したり、自由に企画に対して発言をすることができます。

NFTコミュニティはDAOを意識した組織作りになっており、このようにメンバーがプロジェクトのマーケティングに直接参加し、今後の方針決定に関わることができてしまいます。

LLACは特にグッズ販売企画が盛んに行われています。

またたび屋というLLACのオンラインショップもあります。

https://shop.llac.fun/
さとう

あなたが考えたLLACのグッズが大繁盛して大きな収益に繋がるかもしれません!

ぱんだ

オンラインショップもあるんだね!メンバーとして参加してここまで活動できるのは面白い!

LLAC(Live Like A Cat)の魅力④:アイコン・ヘッダーが貰える

LLACのDiscordには「応援バナー配布部屋」「アイコン使用OK」というチャンネルがあり、LLACの可愛い猫のアイコンやバナーを貰うことができます。

使用ルールを守ってSNSのアイコン等に使用し、LLACを盛り上げてみましょう。

LLAC(Live Like A Cat)の魅力⑤:NFTの情報交換

LLAC(Live Like A Cat)のコミュニティは2022年12月1日時点で約11,000人となっており、国内のNFTコミュニティとしては大規模です。

さとう

多くのNFTホルダーが集まっており、NFT関連の様々な情報が集まってきます。

コミュニティ内を勝手に見て回って情報を収集したり、自分から質問して情報を集めにいったり等、コミュニティを利用してNFTについて学ぶことができます。

ちなみに、「フリーニャンスの学校入学式へようこそ」というチャンネルの学校マークを選択することで、新しいチャンネルがいくつか追加されます。

追加されたチャンネルの「nftについて語る場」では特に活発にNFT関係の話がされているので、NFTの情報を収集したい方にはオススメです。

ぱんだ

フリーニャンスの学校でNFTについて学べるんだ・・・LLACのコミュニティは至れり尽くせりだね!

LLAC(Live Like A Cat)の魅力⑥:立ち寄るだけでもOK

LLAC(Live Like A Cat)のコミュニティ(Discord)には特に参加条件はなく、コミュニティに参加したから必ず何かをしなくてはいけないということも一切ありません。

さとう

勝手にコミュニティに入って、ふらっと立ち寄って以下のような情報だけ拾うだけでも勿論OKです。

  • NFT関連情報
  • LLACプロジェクト制作陣の打ち合わせ内容(チャット履歴)
  • みんなの投稿「にゃらティブ」(次の魅力⑦で紹介)…etc

しかし、次の魅力⑦で詳しくは紹介していますが、LLACは自分から積極的に発信して仲間を集めていくことが大きな楽しみ方の1つになっています。

是非勇気を出してコミュニティで自己紹介をしたり、自分の「にゃらティブ」をコミュニティで投稿してみて下さい。

厳密な審査基準が公開されている訳ではありませんが、LLAC内でのこういった活動はNFTのホワイトリストを獲得することにも影響するようです。

ぱんだ

どうせコミュニティに入るなら積極的に活動して人気者になってみたいよね・・・

LLAC(Live Like A Cat)の魅力⑦:気ままにはたらく仲間探し

「仲間探し」は、LLAC(Live Like A Cat)の中でも重要なテーマになっていると私は考えています。

LLACのマーケティングを担当しているイケハヤさんはが同じようにマーケティングを担当しているCryptoNinja Partners(CNP)では、ファンアート(二次創作)がマーケティングの基盤となっており、CNPから多くの二次創作NFTが生まれました。

あくまでもNFTクリエイターに焦点が当てられおり、そこにファンが集まっており、仲間というよりクリエイター&ファンというのが本質となっている印象を私は受けました。

しかし、LLACはコミュニティ内のメンバー同士が対等の仲間になることができるコミュニティだといえます。

LLACのFounderであるしゅうへいさんは、自身の音声プラットフォームVoicyの中でLLACのマーケティングは「ナラティブ」が重要であると仰っていました。

さとう

ナラティブには「物語」「語り」といった意味があり、ストーリーとは違って「自分自身で紡いでいく」といったニュアンスが含まれます。

コミュニティ内のメンバーがテーマに沿った内容を自分自身でブログ・SNS・Youtube等で発信したことをコミュニティ内で取り上げ、その内容についてメンバー同士で語り合っています。

取り上げられるテーマはLLAC自体のテーマである「「猫のように自由に気ままに生きてみよう」に沿ったものが多く、人間の生き方や猫に関係するものが多いです。

どんな人でも自分の「ナラティブ」を発信することでLLACの中で活動できるので、クリエイターでない方でもオススメのNFTコミュニティと言えます。

ちなみにLLACコミュニティ内で「ナラティブ」は猫にちなんで「にゃらティブ」となっています。

このみんなのにゃらティブはLLACのDiscordの下のチャンネルで確認することができます。

さとう

是非この「にゃらティブ投稿」のチャンネルで自身のにゃらティブを投稿してみて下さい!

あなたのにゃらティブがコミュニティで取り上げられ、注目を集めることができるかもしれません。

ぱんだ

にゃらティブ!洒落が利いてて面白いかも・・・自分の価値観や考えを発信して盛り上がれるNFTコミュニティなんだね!

厳密な審査基準が公開されている訳ではありませんが、LLAC内でのこういった活動はNFTのホワイトリストを獲得することにも影響するようです。

LLAC(Live Like A Cat)の魅力⑧:NFTをゲット

LLAC(Live Like A Cat)のコミュニティに参加する目的として、一番多いのは「NFTを手に入れる」ことではないでしょうか。

LLACのNFTを入手する方法は2つあります。

さとう

上のリンクからそれぞれの入手方法の解説にジャンプできます。

LLAC(Live Like A Cat)のNFTをオススメする理由

LLACのNFTをオススメする理由は大きく分けて2つあります。

  1. NFTの価値が将来何倍・何十倍になる可能性がある
  2. 新しいNFTプロジェクトのホワイトリスト獲得に繋がる

①NFTの価値が将来何倍・何十倍になる可能性がある

LLACは将来的に価値が何倍・何十倍になる可能性があるNFTです。

例えば、国内のNFTプロジェクトで過去に価格が大きく上昇したものは以下です。

過去に大きく価格が上昇した国産NFT
  • CryptoNinja Partners(CNP)
  • Aopanda Party(APP)

CNPとAPPはそれぞれ0.001ETH(数百円程度)のNFT発行価格となっていました。

2022年11月末時点で、CNPの価格は2.4ETH(420,000円)、APPの価格は1.2ETH(210,000円)となっており、それぞれ数百倍から数千倍の価格まで上昇していることが分かります。

現在のCNPの価格はこちらから確認できます。

現在のAPPの価格はこちらから確認できます。

この2つのNFTプロジェクトには、次の共通点があります。

CNPとAPPに共通していること
  • インフルエンサーが運営を行っている or サポートしている
  • テーマが明確に設定され、テーマに沿った活動が活発に行われている
  • NFTを保持していると多くの特典がある

CNPはTwitterのフォロワー数30万人越えのイケハヤさん(@IHayato)がマーケティングを担当しており、APPについてもイケハヤさんが支持・サポートを行っています。

CNPとAPPはプロジェクトのテーマが明確に設定されており、活動も非常に活発です。

また、NFTを保持していると提携している実店舗から無料のサービスを受けることができたり、新しいNFTのホワイトリストを獲得することができたり等、特典も満載です。

LLAC(Live Like A Cat)についても同様で、フォロワー数約6万人で「フリーランスの学校」の代表であるしゅうへいさん(@shupeiman)が運営を行っており、イケハヤさんがマーケティングを担当しています。

そして「猫のように自由に気ままに生きてみよう」というテーマに沿った活動がコミュニティ内で日々活発に行われています。

今後の特典について具体的な所は未定ですが、CNPやAPPと同様に新しいNFTプロジェクトのホワイトリストを獲得できる可能性は高いでしょう。

さとう

以上のことから、LLACも将来的に価格が大きく上昇することが予想されます!

②新しいNFTプロジェクトのホワイトリスト獲得に繋がる

①でも解説しましたが、大規模なコミュニティからリリースされたNFTは、所有していることで新規の別のNFTプロジェクトのホワイトリストを獲得できるようになることが多いです。

CNPやAPPは2022年11月末時点で数十万円の価値がありますが、今後LLACを所有していることでそういったNFTを数百円でmintすることができるかもしれません。

LLAC(Live Like A Cat)のホワイトリスト(WL)を獲得する方法

LLACのホワイトリスト(WL)を獲得する方法について解説していきます。

第1回目のLLACに販売は2022年12月28日に終了しました。

ホワイトリスト(WL)とは

NFTは新規発行は「mint」と呼ばれ、安価で購入できることが多いですが、発行数が限られていることが一般的です。

この場合、条件を達成した人にのみ優先購入権としてホワイトリスト(WL)を配布し、一般の方より先にNFTをmintできる機会を与えることがあります。

※ホワイトという差別用語を避け、アローリスト(AL)と呼ばれることもあります。

初回ホワイトリスト(WL)の抽選について

LLAC(Live Like A Cat)の初回のホワイトリスト(WL)抽選応募は2022年11月30日~2022年12月10日の期間で実施されます。

LLACの応募条件は下記3つで、それぞれ達成する毎に1件応募できるため、最大で3つのホワイトリストを獲得することができます。

LLACホワイトリストの応募方法
  1. イケハヤさんの運営するオンラインサロン(ICL)に参加する
  2. CryptoNinja Party(CNP)のNFTを1体以上保有
  3. Apopanda Party(APP)のNFTを1体以上保有

本記事ではCNPまたはAPPを保有している方がホワイトリストに応募する方法について解説します。

LLACのDiscordコミュニティに参加し、承認を貰う

ここからLLACの公式Discordコミュニティ内にアクセスします。

2022年12月28日のNFT初リリースまでは、以下の3つのどれかを満たしている方しか入場出来ないようになっているので、28日までにコミュニティに入りたい方は注意しましょう。

  1. LLAC主催オンラインセミナーSBTを保有
  2. CryptoNinja Party(CNP)のNFTを1体以上保有
  3. Apopanda Party(APP)のNFTを1体以上保有

Discordコミュニティに入場したら下の赤枠のところ選択して承認を貰いましょう。(入場後直後は選択できないサーバー設定になっていることがあるので、その場合は少し時間を空けてから選択します)

2022年12月28日までに入場したい方は下の「collabland-join」でCNPまたはAPPを保有しているウォレットを連携させます。

Premintサイトにアクセスする

Discordの「al申請」チャンネルからホワイトリストの応募を行うことができます。

Premintと呼ばれるmint抽選サイトにアクセスします。

画面右上の「Login to Register」からCNP・APPを保有しているメタマスクを接続します。

メタマスクを接続したら、自身のTwitterアカウントとDiscordアカウントをpremintと連携させます。

LLACについて一言!は抽選の際の審査対象となっているので、自分のLLACに対する想いを書き込むと良いでしょう。

最後に「Click to Register」を選択してホワイトリストの応募は完了です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次