【7/31〆】Bybit×ぱんだくりぷと公式コラボ開催中!詳細はこちら!

仮想通貨ZRO(LayerZero)はどこで買える?買い方・特徴・将来性を解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること

  • 仮想通貨ZROを買える取引所
  • 仮想通貨ZRO(LayerZero)の買い方
  • 仮想通貨ZRO(LayerZero)の特徴
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士WA州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 仮想通貨投資は1000万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信中!
  • 詳しい運営者情報はこちら

仮想通貨ZROとは、従来のセキュリティモデルに依存しない形で対応する全てのチェーン間でトークン転送を可能にする「LayerZero」が発行するガバナンストークンです。

ZROを保有することでガバナンスの方針に投票できたり、LayerZero利用手数料の分配を得たりできます。

仮想通貨ZRO(LayerZero)とは

LayerZero(レイヤーゼロ)は従来のブリッジとは異なり、各アプリケーション開発側がDVN(Decentralized Verifier Networks, 分散型ネットワーク)と呼ばれる取引検証の仕組みを自由に構築します。

自身のAppに合わせてDVNを組み合わることで、セキュリティ・コスト・処理速度等を特化させることも可能です。

従来のブリッジサービスとLayerZeroの比較

DVNには「Axelar」といった既存のブリッジプロトコルも含まれており、全ての既存のブリッジがLayerZero上でのDVNとして競争することが最終的な目標です。

さとう

本記事を最後まで読むことで、仮想通貨ZRO(LayerZero)の特徴・お得な買い方が分かり、今日からZROに投資ができます。

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

仮想通貨ZROはどこの取引所で買える?

仮想通貨ZROは日本の仮想通貨取引所では取り扱いがないため、海外の仮想通貨取引所で買うことになります。

仮想通貨ZRO(LayerZero)が上場している、日本人が利用可能な海外取引所は次の3か所です。

さとう

次の3つの理由から、仮想通貨ZRO(LayerZero)は海外取引所Bybit(バイビット)で買うのがおすすめです。

  • 日本語対応で使いやすい
  • 取引手数料が0.1%で安い
  • 入金キャンペーンがある

ぱんだくりぷと×Bybitコラボキャンペーン!

2024年7月31日まで先着50名限定で、下のリンクから「①Bybitへの新規登録」&「②1週間以内に100ドル以上の仮想通貨入金」で「20USDTの現物エアドロップ」が無料でもらえる!

現物の20USDT(3200円相当)がもらえる!

さとう

特典受け取りまでの手順は、以下の通りです。

  • 上の専用リンクから口座開設
  • 本人確認を行う(やり方はこちら
  • 1週間以内に$100以上の仮想通貨入金
  • 7月31日以降に自動でエアドロップ

※入金する仮想通貨の銘柄指定はありません

先着50名の現在の利用状況: まだ余裕あり

2024/06/28時点

さとう

Bybitは日本語に完全対応しており、特に日本人ユーザーに人気の海外取引所です。

Bybitの口コミ

日本語に対応しており、海外の取引所のエントリーアプリとして利用しました。とても使いやすい取引所アプリだと思います。手数料も安く、レベルが上がると更に安くなるのがおすすめです。現在は、現物ステーキングを使っていて国内の利率より良いと納得して使っています。

参照:Google Play

海外の暗号資産の取引所の中では一番使いやすい。3年ほど使って、運営のトラブル的なものも特段起きていないので、国内の取引所には暗号通貨を買いたい人にはオススメ。

参照:Google Play

日本語に対応している為、英語が苦手な方でも安心して利用することができます。また、注意書きや説明の意味がしっかり理解できるため、取引におけるミスが減るといったメリットもあります。

参照:Google Play
Bybitの口コミ
  • 手数料が安い
  • 日本語対応で使いやすい
  • ステーキングの利率が高い

簡単に参加できる入金キャンペーンも開催されているので、お得に仮想通貨ZROを買えます。

Bybit 公式サイト

【7/31まで】登録&$100入金で現物20USDTが貰える!

🐼 公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP/

仮想通貨ZRO(LayerZero)の買い方

Bybitを利用した仮想通貨ZRO(LayerZero)の買い方は、次の通りです。

手順①:国内取引所の口座を開設

国内取引所で上場していない仮想通貨ZRO(LayerZero)を買う場合、国内取引所から仮想通貨を使って入金し、その入金した仮想通貨で買うことになります。

how-to-buy-cryptocurrency-in-foreign-exchange (1)

Bybitへの送金に使うおすすめの国内取引所は「ビットバンク」です。

Bybitへの送金が制限されておらず、送金能力に優れた仮想通貨XRPを取引手数料0.12%で買うことができます。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く)

ビットバンク 出金できない海外取引所リスト
  • Bithumb
  • UPbit
  • Korbit
  • ProBit
  • CoinOne
  • GOPAX
  • Kraken
  • Coinbase
  • Binance.us
  • CoinList
  • Gemini
  • Bitstamp.net US
  • Luno
  • Independent Reserve.
  • Crypto.com
  • B2C2.com
  • LMAX Digital
  • HTX.com Gibraltar
  • OSL.com
  • BlockFi.com
  • Bitfinex.com Bahamas
  • OKX.com Bahamas
  • Bitfinex.com Bahamas

※上記は一部抜粋(Bybit.com UAEにも出金できませんが、私たち日本在住者が利用するBybit.com Globalへは問題なく出金可能です。

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト
bitbank口座開設特典の受取方法
ビットバンクの特典受け取り手順
キャンペーンにエントリーするまでの流れ
さとう

bitbank以外でBybitに仮想通貨を入金する方法は、下のボックスをタップして開くと確認できます。

手順②:海外取引所Bybitの口座を開設

まずは、仮想通貨ZRO(LayerZero)が上場しているオススメの海外取引所Bybit(バイビット)の口座をしましょう。

紹介コード「63694」で特典を受け取れる

・特徴①:完全日本語対応

・特徴②:国内未上場の仮想通貨を取引可能

・特徴③:追証なしのレバレッジ取引が可能

・特徴④:初心者にも使いやすい

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の購入方法はこちら

【7/31まで】登録&$100入金で現物20USDTがもらえる

🐼 公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP/

お得な紹介コード:63694

さとう

Bybitの口座開設のやり方は、下の記事で詳しく解説しています。

手順③:国内取引所からXRPを送金

次に、国内取引所ビットバンクから仮想通貨XRPをBybitに送金します。

Bybitアプリを開いて、XRP(リップル)の入金先のアドレスを確認しにいきます。

下タブ「資産」より「入金」をタップして、XRPを選択します。

表示されたアドレスとタグを両方コピーしましょう。

次に、ビットバンクのスマホアプリを開いて、BybitにXRPを送金します。

下タブ「メニュー」より「出金」をタップし、XRPを選びます。

アドレス一覧をタップし、新規追加をタップします。

アドレスの追加画面が表示されるので、Bybitアプリでコピーしたアドレスとタグを貼り付けます。

アドレスが作成できたら、XRP引出画面でアドレスを選択し、出金数量を入れてBybitに送金します。

さとう

XRPは送金能力が高い仮想通貨なので、すぐに着金されるはずです。

手順④:BybitでXRPをUSDTに売却

仮想通貨ZROはUSDTと呼ばれる仮想通貨で買うことができるので、着金したXRPをUSDTで売却しましょう。

Bybitアプリを開いて、ホーム画面上で「XRP」で検索し、XRP/USDT(現物)を選びます。

成行注文で売却することで、XRPをUSDTにできます。

手順⑤:売却したUSDTでZROを購入

アプリ上部の検索バーで「ZRO」と検索し、ZRO/USDT(現物)を選びます。

仮想通貨ZRO(LayerZero)の買い方
さとう

成行注文を選び、購入に使うUSDTの枚数を設定したら、ZRO(LayerZero)の購入を実行します。

仮想通貨ZRO(LayerZero)とは

仮想通貨ZROとは、従来のセキュリティモデルに依存しない形で、対応する全てのチェーン間でトークン転送ができる「LayerZero」が発行するガバナンストークンです。

ZROを保有することでガバナンスの方針に投票できたり、LayerZero利用手数料の分配を得たりできます。

仮想通貨ZRO(LayerZero)とは
通貨名称LayerZero
シンボルZRO
発行年月2024年6月
トークン規格OFT
公式サイトhttps://layerzero.network/
公式Twitterhttps://twitter.com/LayerZero_Labs
公式Telegramhttps://t.me/joinchat/VcqxYkStIDsyN2Rh
エクスプローラーhttps://layerzeroscan.com/
LayerZeroのサポートチェーンリストはこちら
  • Ethereum
  • BNB Chain
  • Avalanche
  • Polygon
  • Arbitrum
  • Optimism
  • Fantom
  • DFK
  • Harmony
  • Dexalot Subnet
  • Celo Mainnet
  • Moonbeam
  • Fuse Mainnet
  • Gnosis
  • DOS Chain
  • Klaytn Mainnet Cypress
  • Metis
  • Core Blockchain Mainnet
  • OKXChain Mainnet
  • Polygon zkEVM
  • Canto
  • zkSync Era Mainnet
  • Moonriver
  • Solana Mainnet
  • Tenet
  • Arbitrum Nova
  • Meter Mainnet
  • Kava
  • Mantle
  • Hubble
  • Linea
  • Base
  • Zora
  • Viction
  • Loot
  • Merit Circle
  • TelosEVM
  • opBNB Mainnet
  • Astar
  • Aurora Mainnet
  • Conflux eSpace
  • Orderly Mainnet
  • Scroll
  • Horizen EON Mainnet
  • XPLA Mainnet
  • Manta
  • Shimmer
  • Injective
  • Rari Chain
  • Xai
  • re.al
  • Tiltyard
  • Blast
  • Fraxtal
  • Astar zkEVM
  • Mode
  • Masa
  • Homeverse
  • Merlin
  • Degen
  • Skale
  • Xlayer
  • Sanko
  • Bob
  • Sei
  • EBI
  • Cyber
  • Iota
  • Japan Open Chain
  • Taiko
  • Xchain
  • Etherlink
  • Bouncebit
  • Gravity
  • Tron
  • Binance Test Chain
  • Fuji
  • Mumbai
  • Fantom Testnet
  • Dexalot Subnet Testnet
  • Celo Alfajores Testnet
  • Moonbase Alpha
  • Fusespark
  • Gnosis Chiado Testnet
  • Klaytn Testnet Baobab
  • CoreDAO Testnet
  • OKX Testnet
  • Meter Testnet
  • Canto Testnet
  • Sepolia
  • Solana
  • Scroll Sepolia Testnet
  • Kava Testnet
  • Tenet Testnet
  • Merit Circle Testnet
  • Viction Testnet
  • Loot Testnet
  • Telos EVM Testnet
  • Orderly Sepolia Testnet
  • opBNB Testnet
  • Astar EVM Testnet
  • Conflux Testnet
  • Holesky
  • Arbitrum Sepolia Testnet
  • Optimism Sepolia
  • Rarible Testnet
  • Gunzilla Testnet
  • Etherlink Testnet
  • Japan Open Chain Testnet
  • Blast Testnet
  • Base Sepolia
  • Mantle Sepolia
  • Polygon zkEVM Sepolia
  • Zora Sepolia
  • Xai Testnet
  • Tangible Testnet
  • Fraxtal Testnet
  • Berachain Testnet
  • Sei Testnet
  • Mode Testnet
  • Unreal Testnet
  • Masa Testnet
  • Merlin Testnet
  • Homeverse Testnet
  • Zkastar Testnet
  • Amoy Testnet
  • Xlayer Testnet
  • Form Testnet
  • Mantasep Testnet
  • Skale Testnet
  • Taiko Testnet
  • Zircuit Testnet
  • Camp Testnet
  • Olive Testnet
  • Sanko Testnet
  • Bob Testnet
  • Cyber Testnet
  • Botanix Testnet
  • XChain Testnet
  • Ebi Testnet
  • DOS Testnet
  • Linea Sepolia Testnet
  • Besu1 Testnet
  • Bouncebit Testnet
  • Morph Testnet
  • Bartio
  • Tron Testnet
出典:LayerZero 公式サイト

従来のブリッジサービスの課題

さとう

従来のブリッジサービスは、次の3つに大別できました。

  • ミドルチェーン式
  • ガーディアン式
  • 最少信頼システム式

Celer Network」のようなミドルチェーン式は、チェーン間のハブとして機能し、ミドルチェーンのセキュリティ・流動性を活用してブリッジを行います。ミドルチェーンが攻撃されると全ての流動性がリスクに晒されるため、各サービスはハッキング耐性のあるハブの構築競争を行っています。

Wormhole」のようなガーディアン式は、メッセージの有効性を証明する少数の信頼できる「ガーディアン」を確保し、マルチシグを活用します。各サービスは信頼できる「ガーディアン」確保の競争を行っています。

zkSync」や「Optimism」のような最少信頼システム式では、数学や楽観的プルーフなど、アルゴリズムを信頼してメッセージの有効性を検証します。各サービスは優れたアルゴリズムを実用化する競争を行っています。

従来のブリッジサービスとLayerZeroの比較

LayerZero(レイヤーゼロ)は従来のブリッジとは異なり、各アプリケーション開発側がDVN(Decentralized Verifier Networks, 分散型ネットワーク)と呼ばれる取引検証の仕組みを自由に構築します。

LayerZeroの分散型検証ネットワーク

各アプリケーション開発側が選択できる「DVN」には、次のようなクリプト関係の企業・団体が該当します。

  • LayerZero Labs
  • Google Cloud
  • Polyhedra zkLightClien
  • Nethermind
  • MIM
  • Pearlnet
  • Gitcoin
  • Nodes.Guru
  • Planetarium Labs
  • Axelar DVN Adapter

※出典:docs.layerzero “Configurring Security Stack” (一部抜粋)

DVNには「Axelar」といった既存のブリッジプロトコルも含まれており、LayerZeroが目指す最終的な形としては、全ての既存のブリッジがLayerZero上でのDVNとして競争することです。

各アプリケーション開発側は、自身のAppに合わせてこのようなDVNを組み合わることで、セキュリティ・コスト・処理速度等を特化させることができます。

LayerZeroがサポートするチェーンには「エンドポイント」と呼ばれる不変のスマートコントラクトが実装されており、エンドポイントを活用してトークンが転送されます。

LayerZeroのオムニチェーン間転送の全体像
さとう

取引内容は各DVNによって検証され、転送先チェーンに送信されます。

LayerZeroのオムニチェーン転送活用例

LayerZero対応する全てのチェーン間で自由にトークンを移動できる「オムニチェーン間転送」ができ、様々なプロジェクトがLayerZeroを活用したサービスを実際に提供しています。

LayerZeroを活用したサービスの代表例
さとう

StakeStoneを例に挙げてご紹介します。

StakeStone」とは、「オムニチェーン対応のLST」と「利回り運用最適化」に特徴がある、仮想通貨ETHのステーキングプロトコルの1つです。

ETHを預けることで発行されるリキッドステーキングトークン「STONE」は、OFT(Omnichain Fungible Token )と呼ばれる、LayerZero開発のトークン規格を採用しています。

stakestone×layerzero
画像右:LayerZero

STONEはLayerZeroを活用することで様々なチェーンで再運用できるようになっており、LST再運用の幅を広げることに成功しています。

【7/31まで】登録&$100入金で現物20USDTが貰える!

🐼 公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP/

仮想通貨ZRO(LayerZero)の購入リスク

仮想通貨ZRO(LayerZero)の購入には、次の3つのリスクがあります。

リスク①:競合ブリッジプロトコルのリスク

仮想通貨ZRO(LayerZero)を購入するリスクの1つ目は、競合ブリッジプロトコルのリスクです。

LayerZeroは、既存のブリッジプロトコル等のセキュリティをDVNとして活用することで、新しいセキュリティ構造を実現している革新的なオムニチェーンデータ転送プロトコルです。

さとう

既存のブリッジプロトコルが完璧ではなかったことは事実ですが、広く普及しており既に多くのアプリケーションで活用され続けています。

今後アプリケーション開発側が、LayerZeroを利用したオムニチェーン間データ転送を活用していかないと、ガバナンストークンであるZROの価格にも影響が出るので注意が必要です。

リスク②:海外取引所を利用するリスク

仮想通貨ZRO(LayerZero)を購入するリスクの2つ目は、海外取引所を利用するリスクです。

国内・海外に関わらず、取引所は度々ハッキングによる攻撃を受け、資産が流出することがあります。

この時、国内で金融庁に登録されている暗号資産交換業者の場合、保有している資産は会社の資産とは分別管理され、信託会社に信託されているので、資産が守られます。

暗号資産交換業者は、その行う暗号資産交換業に関して、暗号資産交換業の利用者の金銭を、自己の金銭と分別して管理し、内閣府令で定めるところにより、信託会社等に信託しなければならない。

資金決済法「第六十三条の十一 利用者財産の管理」より
さとう

以下は国内取引所ビットバンクの例で、顧客資産が別の会社に信託されて守られていることが分かります。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

仮に破綻した場合でも、優先的に顧客に資産が返還されることになります。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

金融庁に登録されていない海外取引所の場合、何か国内のルールに従って顧客の資産が管理されている訳ではなく、国内の法律によって保護されません。

さとう

仮想通貨ZROを海外取引所で購入して保有する際には注意が必要です。

リスク③:ZROの価格変動リスク

仮想通貨ZRO(LayerZero)を購入するリスクの3つ目は、ZROの価格変動リスクです。

注目を集めているアルトコインには投機的な資金が一時的に集中して価格が上がったり、大口の売却により暴落を引き起こしたり、ボラティリティが高くなる傾向があります。

仮想通貨ZRO(LayerZero)は時価総額・取引ボリューム共にアルトコインの中では上位の方ですが、ビットコインやイーサリアムと比べると価格変動は大きいので注意が必要です。

さとう

投資の際はリスク管理と十分な情報収集を行うことをおすすめします。

まとめ:ZROの購入はBybitがおすすめ

仮想通貨ZRO(LayerZero)が上場している、日本人が利用可能な海外取引所は次の3か所です。

さとう

次の3つの理由から、仮想通貨ZRO(LayerZero)は海外取引所Bybit(バイビット)で買うのがおすすめです。

  • 日本語対応で使いやすい
  • 取引手数料が0.1%で安い
  • 入金キャンペーンがある

Bybitは日本語に完全対応しており、特に日本人ユーザーが多い海外取引所です。

簡単に参加できる入金キャンペーンも開催されているので、お得に仮想通貨ZROを買えます。

ぱんだくりぷと×Bybitコラボキャンペーン!

2024年7月31日まで先着50名限定で、下のリンクから「①Bybitへの新規登録」&「②1週間以内に100ドル以上の仮想通貨入金」で「20USDTの現物エアドロップ」が無料でもらえる!

現物の20USDT(3200円相当)がもらえる!

さとう

特典受け取りまでの手順は、以下の通りです。

  • 上の専用リンクから口座開設
  • 本人確認を行う(やり方はこちら
  • 1週間以内に$100以上の仮想通貨入金
  • 7月31日以降に自動でエアドロップ

※入金する仮想通貨の銘柄指定はありません

先着50名の現在の利用状況: まだ余裕あり

2024/06/28時点

🐼 アルトコインの解説記事リスト

【7月更新】口座開設キャンペーン一覧

詳細はこちら
取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
20USDTここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円特典リンクから
口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(20USDT)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設

(1,500円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次