【6/28まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

Elixir(エリクサー)とは?使い方&エアドロップの受け取り方を解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること

  • Elixir(エリクサー)とは
  • Elixirで流動性を提供する方法
  • Elixirでエアドロを受け取る方法
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士WA州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 仮想通貨投資は1000万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信中!
  • 詳しい運営者情報はこちら

Elixir(エリクサー)とは、オーダーブック形式の分散型取引所に流動性を提供し、適正価格・適正スプレッドでの取引をアシストする独自のネットワークです。

出典:Elixir 公式サイト
名称Elixir
特徴オーダーブックDEXへの流動性提供
ネットワーク独自のDPoSネットワーク
運用可能チェーンSui Network/Arbiturum/Ethereum
運用可能銘柄USDC・ETH
公式サイトhttps://www.elixir.xyz/
公式Xhttps://twitter.com/elixir
公式Discordhttps://discord.gg/elixirnetwork
公式白書https://docs.elixir.finance/

Elixirで運用する銘柄とオーダーブック形式の各分散型取引所を運用先として選ぶことで、流動性を提供できます。

elixir(エリクサー)の流動性提供
さとう

この際、各分散型取引所から価格データ等を集計し、最適な市場価格と最適なスプレッドを計算して流動性は配置されていきます。

ETHを流動性とする場合は運用先を選ぶことはできず、各分散型取引所全体に流動性として配置され、LSTである「elxETH」が発行されます。

※elxETHは別途運用が可能

エアドロップイベントに参加できるElixirの招待リンクはこちらです。

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

Elixir(エリクサー)で流動性を提供する方法

Elixir(エリクサー)を使って流動性を提供する方法をご紹介します。

さとう

本記事では、仮想通貨USDCをSui NetworkでSui Walletに入金し、オーダーブック形式の取引所「Bluefin」に流動性提供する例で解説します。

①Elixir公式サイトにアクセス

エアドロップイベントに参加する場合は、下のリンクからElixirにアクセスします。

「CONNECT WALLET」よりウォレットを接続します。

今回はSui Networkを利用するので、Sui Walletを接続します。

次の、TwitterとDiscordをElixirと連携させます。

さとう

これでイベントに参加できました。

②ウォレットに運用銘柄を入金

Sui Walletに仮想通貨SUIを入金し、Sui Network上の分散型取引所でUSDCにスワップします。

Sui Walletのインストール手順

こちらからSui WalletのPCブラウザアドオンをインストールできます。

More Optionsより「Create a new Passphrase Account」を選びます。

Sui Walletの作成方法

パスワードを設定してCreate Walletをクリックしたら、リカバリーフレーズをメモして「Open Sui Wallet」をクリックします。

さとう

これでSui Walletの作成は完了です。

仮想通貨SUIはBybitでお得に購入できます。BybitでのSUI購入方法と出金方法は、下の記事で詳しく解説しています。

入金したSUIを分散型取引所「Cetus Protocol」で仮想通貨USDCにスワップします。

Cetus Protocol

③Elixirで流動性を提供

仮想通貨USDCをSui Walletに用意できたら、こちらからElixirの流動性提供画面にアクセスします。

さとう

運用する分散型取引所と取引ペアを選び、右端「Supply」からUSDCを流動性として提供します。

これでオーダーブック形式の分散型取引所に流動性を提供できました。

Elixir(エリクサー)でETHをステーキングする方法

Elixir(エリクサー)では、Ethereumチェーンで仮想通貨ETHのステーキングもでき、リキッドステーキングトークンとして「elxETH」が発行されます。

ETHをステーキングする場合、運用先の分散型取引所や取引ペアは選択できず、Elixirの裁量で各分散型取引所全体で流動性として利用されます。

さとう

画面上の「Apothecary」より、「MINT ELXETH」からETHのステーキング画面にアクセスできます。

運用するETHの枚数を入力し、「MINT ELXETH」でステーキングを実行します。

さとう

預けたETHはElixirのメインネットが稼働する2024年の8月まで引き出せないので、注意しましょう。

Elixir(エリクサー)のエアドロップの受け取り方

Elixir(エリクサー)で流動性の提供を行うことで、次のエアドロップを将来的に受け取れる可能性があります。

  • Elixir Potions
  • 流動性提供先のポイント等

①Elixir Potions

Elixir Potions(エリクサーポーション)とはElixir利用者の貢献度合いを示すポイントで、主に流動性の提供・elxETHの発行で獲得でき、将来的にエアドロップを受け取れる可能性が高いです。

elxETHの発行は特別にポーション獲得に50%のブーストが掛かる仕組みです。

ミスティックチェストと呼ばれる報酬も別途用意されています。

さとう

こちらを将来的に開けるには100ドル以上USDCを流動性提供するか、elxETHを発行する必要があります。

②流動性提供先のポイント等

Elixirを通して各オーダーブック形式の分散型取引所に流動性を提供することで、提供先の分散型取引所からエアドロップを受け取れる場合があります。

分散型取引所報酬概要
Vertex約420万枚/年間のVRTXの配布(週毎)
Bluefin35,000SUI/週、250,000BLUE/週の配布
RabbitXRBX供給の2.5%を2.5年で配布(週毎)

【オーダーブックDEX流動性提供】Elixirとは

Elixir(エリクサー)とは、オーダーブック形式の分散型取引所に流動性を提供し、適正価格・適正スプレッドでの取引をアシストする独自のモジュラーDPoSネットワークです。

出典:Elixir 公式サイト
名称Elixir
特徴オーダーブックDEXへの流動性提供
ネットワーク独自のDPoSネットワーク
運用可能チェーンSui Network/Arbiturum/Ethereum
運用可能銘柄USDC・ETH
公式サイトhttps://www.elixir.xyz/
公式Xhttps://twitter.com/elixir
公式Discordhttps://discord.gg/elixirnetwork
公式白書https://docs.elixir.finance/

オーダーブックDEXに流動性提供

Elixirはオーダーブック形式の分散型取引所に流動性を提供することで、買いと売りのスプレッドが縮小して取引価格を最適化し、延いては取引量を増大させる目標としています。

Elixirで運用する銘柄とオーダーブック形式の各分散型取引所を運用先として選ぶことで、流動性を提供できます。

elixir(エリクサー)の流動性提供
さとう

この際、各分散型取引所から価格データ等を集計し、最適な市場価格と最適なスプレッドを計算して流動性は配置されていきます。

ETHを流動性とする場合は運用先を選ぶことはできず、各分散型取引所全体に流動性として配置され、LSTである「elxETH」が発行されます

​Elixir is cross chain and composable: enabling orderbook DEXs to natively integrate Elixir into their core infrastructure to unlock retail liquidity for pairs, among other exciting use-cases. The network serves as crucial underlying infrastructure allowing for exchanges and protocols to easily bootstrap liquidity to their books.

docs,elixir “About Elixir

独自のDPoSネットワーク

Elixirは独自のDelegated Proof of Stake(DPoS)形式のネットワーク内を形成し、分散型取引所に流動性を提供する機能を果たしています。

簡単解説!DPoSとは?
さとう

具体的には、以下の役割に分かれ独自のDPoSネットワークでElixirは運営されています。

  • 取引所フィード:取引所から価格データ等を読み取る
  • アグリゲーター:データ統合&バリデーターへ送信
  • バリデーター:データをDPoS形式で検証・合意
  • リレイヤー:バリデーター提案集計&監査役へ送信
  • 監査役:データチェック&不正のチェック
  • コントローラー:報酬やスラッシングの管理
出典:docs.elixir

独自のガバナンストークンである「仮想通貨ELX」が発行予定となっており、バリデーターへの委任(投票)を通してステーキングを行えます。

Elixir’s modular network infrastructure is decentralized and high-throughput. The network reaches DPoS consensus for orders placed on an exchange. The infrastructure is similar to Arbitrum’s security model, with fraud proofs posted on Ethereum mainnet.

docs.elixir “Network Architecture

【5月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
13,000円特典リンクから
口座開設&
販売所利用
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設&

販売所利用
(13,000円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次