【6/28まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

【リップルウォーク出金】できない原因&お得なやり方を初心者向けに解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること

  • リップルウォークの出金のやり方
  • おすすめのリップルウォーク出金先
  • 稼いだmXRPを日本円に換金する方法
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士WA州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 仮想通貨投資は1000万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信中!
  • 詳しい運営者情報はこちら

リップルウォーク(XRPWalk)は、株式会社Paddleがリリースしている、スマホを持り歩くだけで仮想通貨リップルが自動で貯まるアプリで、無料でお金を簡単に稼げます。

稼いだ仮想通貨リップルはすぐに日本円に換金し、銀行に出金することもできます。

さとう

歩く機会が多い方は是非入れておきたいアプリですね。私は通勤や散歩の時にリップルウォークでリップルを稼いでいます。

出典:XRPWalk 公式サイト

本記事を最後まで読むことで、仮想通貨が初めての方でもできる、リップルウォークで稼いだmXRPを日本円に換金する一番お得でカンタンな方法がわかります。

リップルウォークの出金のやり方
さとう

初めての方がつまづきやすいポイントは特に丁寧に解説しているので、安心してご覧ください。

リップルウォークの出金でつまづきやすいポイント
XRPWalk-リップルウォーク-歩いてリップルをもらおう

XRPWalk-リップルウォーク-歩いてリップルをもらおう

Paddle.inc無料posted withアプリーチ

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

リップルウォークの出金先の取引所を準備

まずは、リップルウォーク(XRPWalk)で稼いだリップルを引き出すために必要な日本の仮想通貨取引所の口座を準備しましょう。

さとう

リップルのアプリから、mXRPを直接銀行に日本円で出金することはできません。

口座開設の審査には時間がかかることがあるため、最初に口座を用意しておくと後で出金がスムーズです。

リップルウォークのような無料で仮想通貨を稼げるアプリの出金先として人気なのは、GMOコインという日本の仮想通貨取引所です。

取引所名銀行への出金手数料
GMOコイン無料
ビットポイント330円
ビットバンク550円or770円
ビットフライヤー220円~770円
ビットトレード330円
国内取引所 主要5社の出金手数料比較
公式サイト:https://coin.z.com/jp/

銀行への出金手数料が無料なのはGMOコインだけなので、リップルウォークからビットコインを出金する取引所はGMOコイン一択といえます。

さとう

他の取引所を利用すると、最後に日本円を出金するときに手数料がかかるのでもったいないです!

GMOコインの口コミ

主人がこの取引所を使っていたので、安心なのでここを選びました。手数料も無料ですし、仮想通貨も有名なもので厳選しているので、信頼できます。スマホサイトで取り引きしているのですが、使いやすいです。サイトの内容もシンプルで、なんの迷いもなく操作ができます。

参照:みん評

仮想通貨の取引所は複数ありますが、GMOはネット関係では大手になるので信頼性が高いと思い、GMOコインを選びました。利用していると、非常に使い勝手が良く、見た目もシンプルで分かりやすいので、とても満足しています。

参照:みん評
GMOコインの口コミ
  • 多くの手数料が無料
  • GMOは大手で信頼できる
  • スマホアプリが使いやすい

下のリンクから、GMOコインの口座をカンタン10分で無料で開設できます。

・特徴①:仮想通貨の取引手数料が安い

・特徴②:仮想通貨の送金手数料が無料

・特徴③:最短10分で口座開設できる

・特徴④:信頼と実績のGMOグループ

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】仮想通貨500円分購入で1000円がもらえる

🐼 GMOコイン公式サイト:https://coin.z.com/jp/

リップルウォークの出金のやり方

GMOコインを使って、リップルウォークで稼いだmXRPを出金して日本円にする手順をご紹介します。

さとう

出金のイメージを1枚のイラストにまとめると、下のようになります。

リップルウォークの出金のやり方

①リップルウォークをインストール

リップルウォーク(XRPWalk)のスマホアプリは、下のリンクからインストールできます。

XRPWalk-リップルウォーク-歩いてリップルをもらおう

XRPWalk-リップルウォーク-歩いてリップルをもらおう

Paddle.inc無料posted withアプリーチ

②リップルウォークで5000mXRPを貯める

リップルウォークの最低出金額は5000mXRP(5XRP)となっているため、5000mXRP貯まっていない方は、まずはmXRPをアプリで稼ぐ必要があります。

さとう

リップルウォークでは、次の3つの方法でmXRPを稼ぐことができます。

  • 歩いてmXRPを稼ぐ
  • 価格予測をしてmXRPを稼ぐ
  • ガチャを回してmXRPを稼ぐ

それぞれの稼ぎ方の詳細は下のボックスを開くと確認できます。

歩いてmXRPを稼ぐ

250歩歩くごとにスタンプが貯まり、1個スタンプを消費することでmXRPを獲得できます。(翌日付与)

リップルウォークで歩いてXRPを稼ぐ

このとき、広告を見ると獲得できるXRPの枚数が5倍になるのでオススメです。

スタンプはAM3時でリセットされて0になってしまうので、獲得したその日のうちに消費しておきましょう。

価格予測をしてmXRPを稼ぐ

翌日のリップルの価格予測を行い、的中するとmXRPを稼ぐことができます。

画面下タブから価格予測画面にアクセスできます。

明日の朝6時の価格が上がるか下がるかを予測しましょう。

明日の6時以降に価格予測画面にアクセスし、的中しているとmXRPをもらえます。

ガチャを回してmXRPを稼ぐ

画面下タブよりリップルがもらえる「リップルガチャ」を回せます。(1日最大5回まで)

ガチャを回すことでくじを引くことができ、mXRPがもらえます。

③GMOコインに5000mXRPを出金する

リップルウォークに5000mXRPを貯めることができたら、早速GMOコインに出金しましょう。

まずは出金先となるGMOコインのアドレスを確認します。

XRPアドレスは、GMOコインのアプリで確認できます。ホーム画面「預入/送付」より「XRP」を銘柄として選択します。

上タブ「預入」に表示されるリップルの入金アドレスをコピーして、これをリップルウォークの出金画面で貼り付けます。

リップルウォークのスマホアプリを開いたら、下タブ「マイページ」から「出金」をタップし、出金に必要な会員登録を行います。

メールアドレスとパスワードを設定したら、会員登録は完了です。

次に携帯電話番号でSMS認証を行います。

全て済んだら、出金画面が表示されるので、ウォレットアドレスにはコピーしてきたアドレスを貼り付け、出金額に出金したいmXRPの枚数を入力したら、出金を申請しましょう。

さとう

リップルは出金の処理能力が高い仮想通貨なので、すぐにGMOコイン側に着金されるはずです。

2023年6月1日以降、国内の法令改正により、外部から仮想通貨の入金を行う場合は送金元情報を入力する必要が出てきました。

国内取引所に入金されない時の対策

GMOコインアプリの「未反映リスト」の送金元情報を登録することで、リップルウォークの入金が反映されるようになります。

さとう

送金元情報の入力は、以下を参考にして下さい。

  • 送付元ウォレット:取引所・サービス指定のウォレット
  • 送付人:ご本人さま以外
  • 送付人種別:法人
  • 預入目的:暗号資産の売買・交換
  • 送付元の名称:その他⇒株式会社Paddle
  • 法人種別:株式会社
  • 法人格の前後:前
  • 送付人名称:Paddle
  • 送付人名称(フリガナ):パドル
  • 送付人名称(英語):Paddle
  • 送付人所在地:日本
  • 送付人住所:東京都渋谷区東2-25-3-4階B
  • 送付人との関係:その他⇒サービスの利用者
  • 種別:その他⇒非上場企業
  • 送付人の実質的支配者名称:リップルウォーク

④出金したビットコインを日本円に売却

リップルウォークからGMOコインにリップルが出金されたら、GMOコインでリップルを日本円に売却します。

GMOコインアプリの下タブの一番右のアイコンをタップし、取引所現物のXRPを選びます。

注文画面が表示されたら、日本円に換金したい量を入力して、注文を実行します。

GMOコインの取引所は、売却できる量が口座資金の約90%に制限されているため、売却しきれなかった分は、制限がない販売所で売却しましょう。

さとう

販売所は手数料が高いので、最初から全て販売所で売却するのはあまりオススメしません。

⑤日本円を銀行に出金する

ここまで上手く進んでくれば、GMOコインで約5XRP分の日本円が口座に残っているはずです。

この日本円を銀行に出金していきましょう。

GMOコインアプリのホーム画面より「入出金/振替」をタップして、出金画面を表示します。

換金した日本円を銀行に出金する方法

銀行口座を登録して、全額出金しましょう。

さとう

GMOコインは日本円の出金手数料が無料なので、ここでお金が発生する心配はありません。

リップルウォークの出金におすすめの取引所

リップルウォーク(XRPWalk)の出金先としておすすめの取引所は、以下の通りです。

さとう

GMOコイン以外にもメリットはあるので、比較してリップルの出金先を決めてみましょう。

1位:GMOコイン

最もリップルウォーク(XRP Walk)の出金先におすすめな取引所は、GMOコインです。

理由は、唯一銀行への日本円出金手数料が無料だからです。

項目GMOコイン
日本円出金最低額なし
日本円出金最小単位なし
日本円換金手数料0.05%
日本円出金手数料無料
XRPの最低入金枚数制限なし

GMOコインはXRPの最低入金枚数に制限がないため、リップルウォークの最低出金枚数である5000mXRPでも問題なく入金できます。

また、日本円の最低出金額は基本1万円からとなっていますが、全額出金の場合は特に制限がないため、日本円の出金に関しても問題ありません。

\今だけ仮想通貨購入で1000円が当たる!/

🐼 公式サイト:https://coin.z.com/jp/

2位:ビットポイント

リップルウォーク(XRPWalk)の出金先にオススメな取引所第2位は、ビットポイントです。

理由は、ビットポイントは出金手数料が330円かかってしまいますが、口座を開設するときに仮想通貨を無料でもらうことができるからです。

項目ビットポイント
日本円出金最低額なし
日本円出金最小単位なし
日本円換金手数料無料
日本円出金手数料330円
XRPの最低入金枚数制限なし

もらった仮想通貨をビットポイントの取引所で売却して、リップルウォークから出金してきたリップルの売却分と一緒に銀行に出金すれば、他の取引所よりお得です。

さとう

出金手数料は掛かりますが、特典を込みで考えればGMOコインと比べてもメリットがあります。

ビットポイント口座開設特典の受取方法
  • BITPOINTの口座開設キャンペーン
出典:ビットポイント 公式サイト
ビットポイントの特典受け取り手順
  • こちらのリンクから口座を開設
  • リンク先に従って口座開設を進める
  • アプリで仮想通貨を取引
  • 自動で1500円分の特典が付与

\ 口座開設で1500円が貰えるキャンペーン実施中/

🐼 公式サイト:https://www.bitpoint.co.jp/

3位:ビットフライヤー

リップルウォーク(XRPWalk)の出金先にオススメな取引所第3位は、ビットフライヤーです。

理由は、ビットフライヤーは出金手数料こそかかってしまいますが、口座開設時に招待コードを入力すると1000円分のビットコインをもらうことができるからです。

項目bitFlyer
日本円出金最低額なし
日本円出金最小単位なし
日本円換金手数料0.15%
日本円出金手数料220円~770円
XRPの最低入金枚数0.0001mXRP
bitFlyer口座開設特典の受取方法
ビットフライヤーの特典受け取り手順
  • こちらの専用リンクから口座を開設(若しくは招待コードckq3agrvを入力)
  • リンク先から口座を開設
  • 口座開設後、24時間以内に1500円分のビットコインが自動で付与される

ビットフライヤーは、日本円の出金最低額に特に制限がありません。

出金手数料は三井住友銀行とそれ以外で異なるため、できれば三井住友銀行を利用しましょう。

  • 三井住友銀行:220円(3万円以上の場合440円)
  • 三井住友以外:550円(3万円以上の場合770円)

\ 今だけ口座開設で1500円が無料で貰える!/

🐼 公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp

4位:ビットバンク

リップルウォーク(XRPWalk)の出金先にオススメな取引所第4位は、ビットバンクです。

理由は、ビットバンクは日本円の最低出金額が1000円のため、リップルウォークの最低出金枚数である5000mXRPを日本円に換金したあとに出金することが難しいからです。

項目bitbank
日本円出金最低額1000円
日本円出金最小単位なし
日本円換金手数料0.12%
日本円出金手数料550円or770円
XRPの最低入金枚数100mXRP

ビットバンクは日本円の出金最低額が1000円となっています。

リップルウォーク側の最低出金枚数である5,000mXRPは1XRP=100円のときに500円です。

さとう

ビットバンクの最低出金額では、銀行に出金するのが難しい場合があるので注意しましょう。

\ 今だけ口座開設で1000円がもらえる!/

🐼 公式サイト:https://bitbank.cc/

5位:ビットトレード

リップルウォーク(XRPWalk)の出金先にオススメな取引所第5位は、ビットトレードです。

理由は、ビットトレードは日本円の最低出金額が5000円のため、リップルウォークの最低出金枚数である5000mXRPを日本円に換金したあとに出金することが難しいからです。

項目BitTrade
日本円出金最低額1000円
日本円出金最小単位なし
日本円換金手数料無料
日本円出金手数料330円
XRPの最低入金枚数100mXRP

ビットトレードの日本円の最低出金額は、1000円となっています。

リップルウォーク側の最低出金枚数である5,000mXRPは1XRP=100円のときに500円となり、ビットトレードの最低出金額では銀行に出金するのが難しいので、注意しましょう。

\口座開設後に最短即日で取引ができる!/

🐼 公式サイト:https://www.bittrade.co.jp/

リップルウォークで出金ができない原因

リップルウォーク(XRPWalk)で出金ができない原因は次の3つです。

①最低出金枚数に達していない

リップルウォーク(XRPWalk)で出金ができない1つ目の原因は、リップルウォークの最低出金枚数に達していないことです。

リップルウォークは5000mXRP以上貯めないと出金の申請ができません。

リップルウォークで出金できない原因
さとう

XRPを出金するときは、5000mXRPを貯めてからにしましょう。

②最低入金枚数に達していない

リップルウォーク(XRPWalk)で出金ができない2つ目の原因は、出金先の取引所の最低入金枚数に達していないことです。

出金先の各国内取引所の中には、以下のようにXRPの最低入金枚数を定めている場合があります。

取引所名最低入金枚数
GMOコインなし
ビットポイントなし
ビットバンク100mXRP
ビットフライヤー0.0001mXRP
ビットトレード100mXRP

上表の最低入金枚数を下回ると入金が反映されずにXRPを失ってしまいます。

さとう

本記事で紹介した取引所は全て5000mXRPより最低入金枚数が小さいので問題ありませんが、取引所にとっては注意が必要です。

③出金元情報を登録していない

リップルウォーク(XRPWalk)で出金ができない3つ目の原因は、出金先の取引所で預入元情報を登録していないことです。

2023年6月1日から始まったトラベルルール対応により、国内取引所は外部からの仮想通貨の入金を自動で反映させないようにしています。

リップルウォークで送金処理が行われると、入金側の取引所から「預入情報の登録」といったメールが届くので、案内に従って出金元がリップルウォークであることを申請しましょう。

ビットウォークからに入金されない時の対策
GMOコインの例
さとう

申請内容の審査が終わると、出金したXRPが口座に反映されます。

リップルウォークの出金までにかかる日数

下のリップルウォークの出金シミュレーターを利用することで、リップルウォークを何日利用すれば最低出金枚数である5,000mXRPが貯まるかを計算できます。

さとう

1日に歩く歩数、XRPの価格予想を毎日やるかどうか、1日に何回ガチャを回すかの3つを設定し、必要日数を計算してみましょう。

XRPWalk 出金日数計算ツール(by ぱんだくりぷと)

※計算の根拠は下のボックスの「+」をタップすると確認できます。

日数計算の根拠

ダウンロード時の特典でもらえるmXRPは203mXRPと仮定し、最低限稼ぐ必要がある5000mXPRからこの分を差し引いて計算しています。

歩数については、250歩ごとに1.67mXRPが稼げる計算にしています。(CM5倍前提)

価格予想については、毎日やると2日に1回当たる計算で、1回あたりの報酬額は5.62mXRPで計算しています。

ガチャについては、1回やるごとに1.604mXRPがもらえる計算にしています。(3等前提)

リップルウォークのトラベルルールについて

結論、トラベルルールによるリップルウォーク側の出金制限は一切ありません。

トラベルルールとは、「利用者の依頼を受けて暗号資産の出金を行う暗号資産交換業者は、出金依頼人と受取人に関する一定の事項を、出金先となる受取人側の暗号資産交換業者に通知しなければならない」というルールです。

bitbank Support トラベルルールとはなんですか

トラベルルールは、FATF(Financial Action Task Force、金融活動作業部会)と呼ばれる国際機関により、マネーロンダリングやテロ資金供与対策を目的として各国で導入が進められています。

トラベルルールとは

このトラベルルールに遵守するため、日本政府は2023年6月1日より「犯罪による収益の移転防止に関する法律」等が改正されることになり、各取引所は送金制限を行うところが出始めています。

トラベルルール導入までの簡単な経緯
1989年6月マネロン対策の国際的な枠組み「FATF」がフランスで設立。
2015年6月G7サミットで暗号資産に対する規制の導入が宣言され、各国の暗号資産業者は登録・免許制になり、利用者も本人確認が必要になる。日本でも暗号資産業者は登録制に。
2018年10月FATF勧告15「新技術の悪用防止」が改訂され、暗号資産業者はマネロン等の規制が必要になる。
2019年6月FATF勧告16「電信送金」が改訂され、送付側と受取側に関する情報の通知が必要になり、このFATF勧告16がトラベルルールと呼ばれている。
2023年6月犯罪による収益の移転防止に関する法律が改正され、日本の暗号資産交換業者はトラベルルールへの対応が必要になる。
さとう

トラベルルールに対応する必要があるのは、金融庁が定める「暗号資産交換業者」のみです。

金融庁の定める暗号資産交換者
  • 暗号資産の売買又は他の暗号資産との交換
  • 前号に掲げる行為の媒介、取次ぎ又は代理
  • 前二号に掲げる行為に関して、利用者の金銭の管理をすること。
  • 他人のために暗号資産の管理をすること

※資金決済法(令和5年6月1日施行)「第一章総則, 第二条, 第十五項」より

リップルウォークは利用者の資産を管理したり、暗号資産の売買サービスを提供したりしていないため、今回のトラベルルールに対応する必要がないという訳です。

しかし、「暗号資産交換業者」である入金側の国内取引所では、預入情報の登録を行わないと仮想通貨の入金を反映させないような対応を取っている所が大半です。

さとう

国内仮想通貨取引所はトラベルルールに則り、入出金に関する情報を適切に取得する必要があるからです。

リップルウォークのような外部から国内取引所に入金が行われると、自動的に入金が差し止められて次のように「出金元情報登録のお願い」がメールで届きます。

ビットウォークからに入金されない時の対策
GMOコインの例

メールに書かれた手順を進め、出金元がリップルウォークであることを登録すると、稼いだmBTCが反映されます。

さとう

仮想通貨のトラベルルールは、下の記事で詳しく解説しています。

リップルウォークの出金に関するFAQ

出金にトラベルルールは影響する?

リップルウォーク側の出金操作でトラベルルールは影響しませんが、受け取り側の取引所によっては、送金元情報の入力を求められる場合があります。

出金を行うと、取引所から送金元情報の入力依頼のメールが届くので、メールのURLを選択して入力しにいきましょう。

リップルウォークであることを記載すれば大丈夫です。

送金元情報の入力が終わるまで、リップルの入金が反映されないので注意しましょう。

送金元情報の入力を求められました

2023年6月1日の法令改正により、仮想通貨取引所は外部からの入金の際に送金元情報の入力を求める場合が出てきました。

送金元情報の入力をしないと、リップルウォークから出金したXRPが反映されないので入力しましょう。

差し止められている旨のメールが届くので、メール内のURLから入力画面に飛ぶことができます。

リップルウォークはどこの会社?

リップルウォークは、株式会社Paddleからリリースされているアプリです。

株式会社Paddleは、仮想通貨を中心としたアプリや情報メディアのサービスを提供している会社です。

リップルウォークのほか、ビットコインを稼げるビットウォーク・ドージコインを稼げるドージウォークといったアプリもリリースされています。

リップルウォークはいくら稼げる?

当サイトのシミュレーションツールによれば、毎日約4000歩を歩き、価格予想とガチャを行うことで、約4か月で最低出金枚数である5000mXRPが貯まる計算になります。

リップルウォークで出金ができません

リップルウォーク側で出金の操作ができない場合、最低出金枚数である5000mXRPに達していないことが考えられます。

出金できたのにも関わらず、取引所側で入金が反映されない場合、送金元情報の入力を行っていないことが考えられます。

反映を差し止めているメールが届いているはずなので、メールのURLから送金元情報の入力を行いましょう。

まとめ:出金先はGMOコインがおすすめ

本記事では、リップルウォークで稼いだ仮想通貨XRPを出金する方法をご紹介してきました。

リップルウォークの出金のやり方

おすすめは、銀行への日本円出金手数料が無料のGMOコインを出金先にすることです。

取引所名銀行への出金手数料
GMOコイン無料
ビットポイント330円
ビットバンク550円or770円
ビットフライヤー220円~770円
ビットトレード330円
国内取引所 主要5社の出金手数料比較
公式サイト:https://coin.z.com/jp/
さとう

コツコツ稼いだリップルをお得に日本円に換金しましょう!

・特徴①:仮想通貨の取引手数料が安い

・特徴②:仮想通貨の送金手数料が無料

・特徴③:最短10分で口座開設できる

・特徴④:信頼と実績のGMOグループ

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】仮想通貨500円分購入で1000円がもらえる

🐼 GMOコイン公式サイト:https://coin.z.com/jp/

【6月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円特典リンクから
口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設

(1,500円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次