【6/28まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

【初心者OK】BitLendingの得する始め方&手数料をゼロにする方法を解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること

  • BitLendingのおすすめの始め方
  • BitLendingの手数料を0円にする方法
  • 貸した仮想通貨を返還してもらう方法
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士WA州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 仮想通貨投資は1000万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信中!
  • 詳しい運営者情報はこちら

BitLending(ビットレンディング)は2022年8月に株式会社J-CAMが正式にローンチした、仮想通貨を貸し出すことでリスクを抑えてリスクを稼げる国内のレンディングプラットフォームです。

詳しい会社情報・事業内容はこちら
サービス名称BitLending
公式サイトhttps://bitlending.jp/
運営会社名株式会社J-CAM
会社設立日2020年5月
代表取締役新津俊之
事業内容①BitLending(2022年8月)
事業内容②月間暗号資産
公式サイト:https://bitlending.jp/

ビットレンディングの仮想通貨のレンディング金利一覧は、次の通りです。

取扱銘柄年間利率最小貸出量
BTC8%0.01BTC
ETH8%0.1ETH
XRP6%360XRP
DAI10%200DAI
USDT10%200USDT
USDC10%200USDC
※2024年4月30日USDCのTRC-20は新規受付終了

ビットレンディングのレンディングサービスのその他詳細は、次の通りです。

項目BitLendingの詳細
貸出期間1カ月~無制限
途中解約1カ月移行いつでも可
受付期間全銘柄常時受け付け
返還手数料年間4回まで無料
さとう

例えば10万円分のビットコインを運用すると、毎月670円相当のビットコインが利息として貰えることになります。

bitlendingで利率8%でビットコインを運用するイメージ
ビットレンディングにビットコインを預けた場合の利息収入イメージ

本記事を最後まで読むことで、仮想通貨の運用が初めての方ができる、一番お得な利息の稼ぎ方を知り、今月から実際に利息収入を得ることができるようになります。

・特徴①:最高利率10%の運用ができる

・特徴②:最短1カ月運用で即解約できる

・特徴③:運用開始の手数料無料

BitLendingの始め方解説はこちら

BitLendingのリスク解説はこちら

利率ブーストのやり方はこちら

🐼 ビットレンディング公式サイト:https://bitlending.jp/

GMOコインでBitLending利用の手数料を抑えよう
BitLendingのお得な始め方はこちら
ビットレンディングの利息シミュレーション

下のツールを利用することで、ビットレンディングでBTC・ETH・DAIの3銘柄のいずれかを運用したときに稼げる毎月の利息金額を自動で計算できます。

さとう

運用銘柄を選び、運用する金額を入力して、計算を実行するとあなたの利息収入が計算されます。

※送金手数料が無料のGMOコイン利用を想定

仮想通貨運用収益計算ツール

BitLending 利息計算ツール(by ぱんだくりぷと)

BitLendingの関連記事はこちら
BitLendingは怪しい?BitLendingの始め方
BitLendingの手数料・利率BitLendingの最少運用額
利率をブーストして始める方法各社レンディングの比較
目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

BitLending(ビットレンディング)の始め方

BitLending(ビットレンディング)のお得な始め方は、次の通りです。

このGMOコインを使ったやり方のオススメポイントは、手数料が最初から最後までほぼゼロ円にできるところです。

BitlendingはGMOコインでお得に始めることができる

国内取引所からビットコインを送金する場合、約2000円の手数料がかかることが多いですが、GMOコインは全ての仮想通貨の送金手数料が無料のため、BitLendingに送金する手数料がかかりません。

ビットコイン10万円分で運用する場合、最初GMOコインで0.05%(50円)の購入手数料がかかるだけで済みます。

さとう

現状はGMOコインを使ったやり方が、一番お得なBitLendingの始め方ということになりますね。

下のボックスを開くと、詳細な手順を確認できます。

手順①:BitLendingの口座を開設

こちらのリンクからBitlendingの公式サイトにアクセスし「お申し込みはこちら」をタップしたら、メールアドレスを設定して登録します。

Bitlending(ビットレンディング)の始め方)

メールアドレスに本人確認手続きの案内が届くので、リンクをクリックして本人確認手続きに進みます。

氏名・生年月日等の情報を入力して、本人確認の手続きが終わったら審査に入ります。

Bitlending(ビットレンディング)の始め方)
さとう

最長で審査は3日掛かるとのことでしたが、私の場合は約1日で審査が終わりました。

審査が終わるとメールが届き、マイページへのURLもそこに掲載されています。

手順②:GMOコインの口座を開設

次に、BitLendingに送金するビットコインを買うためのGMOコインの口座を開設しましょう。

さとう

口座開設リンク・口座開設のやり方は下からアクセスできます。

・特徴①:仮想通貨の取引手数料が安い

・特徴②:仮想通貨の送金手数料が無料

・特徴③:最短10分で口座開設できる

・特徴④:信頼と実績のGMOグループ

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】仮想通貨500円分購入で1000円がもらえる

🐼 GMOコイン公式サイト:https://coin.z.com/jp/

手順③:GMOコインでビットコインを購入

GMOコインの口座を開設できたら、ビットコインを購入しましょう。

販売所ではなく、取引所で購入することで手数料が格安の0.05%で済みます。

さとう

GMOコインに日本円を入金する方法、仮想通貨を買う方法は、下の記事で詳しく解説しています。

手順④:BitLendingで貸出申請

BitLendingに貸し出すビットコインを用意できたら、まずBitLendingに貸出申請を行います。(いきなりGMOコインから送る訳ではありません)

BitLendingのマイページにアクセスしたら、トップページの「暗号資産を貸し出す」をタップして、貸し出す銘柄の欄に貸出枚数を入力します。

Bitlendingで貸出申請を行うやり方

申し込みを行ったら、「入金アドレスを確認する」をタップします。

さとう

貸出先のアドレスが表示されるので、コピーしておきましょう。

手順⑤:GMOコインにBitLendingを登録

GMOコインにBitLendingの貸出アドレスを登録していきます。

GMOコインのスマホアプリホーム画面の「預入/送付」をタップし、送金するBTCを選びます。

国内取引所にbitlendingを登録する方法

上タブ「送付」より、新しい宛先を追加するをタップし、送付先として「GMOコイン以外」を選びます。

BitLendingは取引所ではないので、プライベートウォレットを選びます。(取引所では登録できません)

宛先情報が本人だとBitLendingの情報を登録できないので、「ご本人さま以外」を選びます。

BitLendingは法人なので「法人」を選び、必須と書かれた欄にBitLendingの詳細情報を入力していきます。

さとう

ここの欄に入力する内容は、BitLendingの公式サイト上で紹介されていますが、下に載せておくので参考にして下さい。

  • 宛先名称:BitLending
  • ビットコインアドレス:コピーしたもの
  • 受取人の法人種別:株式会社
  • 法人格の前後:前
  • 受取人名称:J-CAM
  • 受取人名称(フリガナ):ジェイカム
  • 受取人(英語表記):J-CAM
  • 受取人(国・地域):日本
  • 受取人(都道府県):東京都
  • 市区町村以下:港区虎ノ門1-10-5 KDX 虎ノ門一丁目ビル11F
  • 設立年月日:2020年5月26日
  • 受取人との関係:投資先
  • 実質的支配者の種別:個人
  • 受取人の実質的支配者名:新津 俊之
  • 受取人の実質的支配者名(フリガナ):ニイツトシユキ
  • 受取人の実質的支配者名名(英字):Niitsu Toshiyuki

宛先情報の入力が終わるとメールが届くので、メールのリンクをタップして「認証を完了する」を選ぶと審査に進みます。

さとう

審査は最短5分程度ですぐに終わり、審査が終わると送付先のアドレス一覧にBitLendingが表示されます。

手順⑥:BitLendingにビットコインを送金

BitLendingのアドレス登録が完了したら、早速ビットコインを送金していきましょう。

宛先リストからBitLendingを選び、間違いないことを確認したら「次へ」をタップします。

bitlendingに仮想通貨を無料で送金するやり方

BitLendingに送付したい数量を入力したら、送金を実行しましょう。

0.02BTC未満の送付には対応していないという注意書きがありますが、GMOコイン内の全てのBTCを送付する場合、0.02BTC未満でも問題なく送付できます。

さとう

どうしても難しい場合は、送付するBTC以外を一度日本円に売却しておきましょう。

BitLendingに着金されるとメールが届き、承認され次第マイページに反映されて利息が計上されていきます。

利息と元金を回収する方法はこちらで解説しています。

年利率10%の高利回り運用ができる!

ステーブルコインで価格変動を抑える方法

ビットコインでBitLendingを始めるやり方を紹介してきましたが、ステーブルコイン(DAI,USDT,USDC)でBitLendingを始めるのもオススメです。

※ステーブルコインUSDCのTRC-20は2024年4月30日に新規受付終了

ステーブルコイン(Stable Coin)とは、法定通貨と価格連動しており、価格が変わらない仮想通貨のことです。

Bitlendingで運用できるステーブルコインとは

日本の仮想通貨取引所ではUSDTは取り扱われていませんが、GMOコインで仮想通貨DAIが取り扱われており、ビットコインの運用とまったく同じ手順で手数料をかけずに始めることができます。

ちなみに仮想通貨DAIはドルに連動しているステーブルコインとなっています。(1ドル=150円の時、1DAI=150円)

さとう

ステーブルコインでBitLendingを始めるメリットは、次の通りです。

  • 預けた元本の価格が変動しない
  • 受け取る利息の価格が変動しない
  • 年間利率が8%ではなく10%

※ドルの価格には連動します。

リスクを抑えて元本安定、利息収入安定でBitLendingを始めたい方には、仮想通貨DAIがオススメです。

bitlendingでステーブルコインを運用するやり方
左:GMOコイン、右:DAI

年利率10%の高利回り運用ができる!

BitLendingはいくらから始められるのか

結論、BitLending(ビットレンディング)は「3万円~5万円」から始めることができます。

取扱銘柄年間金利最小貸出量円換算
BTC8%0.01BTC5万円
ETH8%0.1ETH3万円
XRP6%360XRP3万円
DAI10%200DAI3万円
USDT10%200USDT3万円
USDC10%200USDC3万円
※2024年4月30日にTRC-20のUSDCは新規受付終了

BitLendingは最小貸出量が銘柄毎に決まっており、2023年10月24日時点のレートで換算した結果が上の表になります。

さとう

ビットコインの場合は約5万円、その他の仮想通貨は約3万円から貸し出して運用できます。

最新の各銘柄の価格は下のサイトから確認できるので、最小貸出量とかけあわせることで、最新の最小貸出金額は計算できます。

その他の会社のレンディングサービスも、ビットコインが0.01BTCから、イーサリアムが0.1ETHから貸し出し可能という点はまったく同じです。

下の記事でもBitLendingがいくらから始められるのかについて、詳しく解説しています。

年利率10%の高利回り運用ができる!

BitLendingに送金した通貨を返還する方法

BitLending(ビットレンディング)での運用を辞めて仮想通貨を返還してもらう方法は、次の通りです。

Bitlendingの仮想通貨・利息を返還してもらう方法

返還してもらう数量と返還先のアドレスを入力して、仮想通貨を回収しましょう。

さとう

仮想通貨の返還は、申請が受理されたあと7営業日以内に行われることになっています。

ちなみに、返還してもらう際の手数料は、年4回まで無料となっています。それ以降は、以下の手数料が発生するので注意しましょう。

BTC0.0005BTC
ETH0.00625ETH
XRP0.2XRP
USDT(TRC-20)1USDT
USDT(ERC-20)35USDT
USDC(TRC-20)1USDC
USDC(ERC-20)35USDC
DAI15DAI
※2024年4月30日よりUSDCのTRC-20は新規受付終了

BitLendingの年間利率を他社と比較してみる

BitLending(ビットレンディング)の利率の他社比較は、次の表の通りです。(代表的なビットコインのみ)

取引所BTC
年間金利
最小
貸出数量
貸出期間途中解約受付期間返還手数料

公式サイトはこちら
10%0.01BTC1カ月~1カ月後
いつでも
常時都度
ガス代

公式サイトはこちら
8%0.01BTC1カ月~1カ月後
いつでも
常時無料
(年4回)

公式サイトはこちら
3%0.1BTC3カ月いつでも
(利息無)
先着無料

公式サイトはこちら
3%0.01BTC1カ月不可先着無料

公式サイトはこちら
2%1万円分1カ月不可先着無料

公式サイトはこちら
1%0.01BTC3カ月不可先着無料

公式サイトはこちら
0.5%0.01BTC1年間5%解約
手数料
先着無料
2024年5月14日時点
取引所BTC
年間金利
最小
貸出数量
貸出期間受付期間

公式サイトはこちら
10%0.01BTC1カ月~常時

式サイトはこちら
8%0.01BTC1カ月~常時

公式サイトはこちら
3%0.1BTC3カ月先着

公式サイトはこちら
3%0.01BTC1カ月先着

公式サイトはこちら
2%1万円分1カ月先着

式サイトはこちら
1%0.01BTC3カ月先着

公式サイトはこちら
0.5%0.01BTC1年間先着
2024年5月14日時点

ビットコインの年間利率に関しては、BitLendingとPBRlendingが群を抜いて高いという結果となっています。

BitLendingを始めるデメリット・危険性

BitLending(ビットレンディング)を利用するデメリット・危険性は次の通りです。

さとう

デメリットも把握した上でBitLendingを始めましょう。

①預けている間にも価格は変動する

BitLending(ビットレンディング)のデメリット・危険性の1点目は、運用している間にも預けている仮想通貨の価格は常に変動しているということです。

さとう

BitLendingに預けた仮想通貨を返還申請できるのは、運用から1カ月以降になります。

ビットコインを預け入れており、仮にその直後にビットコインの価格が暴落しても、損切りすることはできません。

最短でも1カ月間は待つ必要があるため、急な価格変動に対応できない点は理解しておきましょう。

本記事で紹介したステーブルコインを利用すれば、価格変動リスクは回避できます。

②貸出運用は分別管理の対象にならない

BitLending(ビットレンディング)のデメリット・危険性の2点目は、企業は利用者からレンディングで預かった仮想通貨を分別管理する必要がないということです。

ぱんだ

分別管理?どういうこと?

例えば、仮想通貨の売買サービスは日本の資金決済法で「暗号資産交換業」という括りに入っています。

私たちが暗号資産交換業としてのサービスを利用して仮想通貨や日本円を入金した場合、それらの資産は「分別管理」という扱いで、信託会社に預けられ資産が守られる仕組みになっています。

さとう

下は、bitbankの暗号資産交換業サービスを利用した時のイメージです。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

私たちの資産が分別管理されるときのメリットは、破産した場合は信託会社に預け入られている資産が優先的に利用者に返還されるようになっている点です。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

仮想通貨の貸出運用は「暗号資産交換業」にならない事例が多く、BitLendingは実際に暗号資産交換業者として登録されていないため、最悪のケースが起きた際は仮想通貨が返還されない可能性があります。

※基本的に仮想通貨の企業への貸出は「消費貸借契約」となります。

これは他のコインチェック等の大手仮想通貨取引所で貸し出しても同じことなので、BitLending特有の危険性という訳ではありませんが、押さえておく必要があります。

年利率10%の高利回り運用ができる!

筆者のBitLendingの運用実績例を公開

さとう

私の2023年10月~12月のBitLending(ビットレンディング)の運用実績を参考としてご紹介します。

ビットレンディングの運用実績まとめ表

2023年10月6日に、83,400円分のビットコインで実際にビットレンディングで運用を開始しました。

さとう

気になるところは、本当にビットコインを貸し出して年利率8%も稼ぐことができるのかというところだと思います。

運用初月は26日分しか運用できていないので無視するとして、2023年12月1日に付与されたビットコインは、0.00012761BTCとなっており、月利だと約0.64%になります。

ビットレンディングで毎月もらえる利息は運用枚数に加わり、複利計算で増えていくので、この月利は次のように年率に変換できます。

\(年率(%)=\{ (1+0.0064)^{12}-1 \}*100\)

これを計算すると利率は約7.9%となり、しっかりビットレンディングのサービス内容通りの利率でビットコインを運用できることが分かります。

さとう

自分のビットレンディングの運用実績は、マイページから確認できます。毎月届く利息付与のメールからもマイページにアクセスできます。

これまでの全ての利息合計、今年の利息合計、先月の利息合計の順で運用実績が表示されます。

ビットレンディング(bitlending)の運用実績を確認する方法

マイページ下の「貸借料履歴」から、過去の受取利息を一覧で確認できます。

BitLendingの始め方に関するFAQ

BitLendingが金融庁未登録で怪しい?

BitLendingは確かに金融庁に登録されていない暗号資産交換業者のため、誤解されて怪しいと言われることがあります。

しかし、そもそも仮想通貨の貸出は資金決済法上の「暗号資産交換業」と扱われず、企業にお金を貸す「消費貸借契約」となります。

ちなみに、コインチェック等の他の大手貸出サービスも「暗号資産交換業」ではないという扱いになっており、BitLendingが不当な理由で金融庁に未登録となっている訳ではありません。

BitLendingの安全性を教えて下さい。

BitLendingに貸し出している間は常に価格変動のリスクがあります。

最短貸出期間の1カ月と返還期間の7営業日の間は、損切り等の対応はできないので注意しましょう。

BitLendingを始める際の手数料はいくら?

Bitlendingの口座開設・運用開始に手数料は発生しません。

取引所からBitLendingに仮想通貨を送金する際は取引所側で手数料が発生することがありますが、GMOコイン等の送金手数料が無料の取引所を利用すれば問題ありません。

返還時の手数料は年4回まで無料となっており、1月1日に無料回数は復活します。

BitLendingで複利運用はできる?

BitLendingで稼いでいる利息収入は自動で再投資・複利運用となっているため、都度返還を行って再度預け入れるといったことはする必要がありません。

申込数量と違っていても送金して良い?

BitLendingに事前に申し込みした数量ではなくても、最低数量以上であれば貸出は問題なく開始されます。

まとめ:Bitlendingでお得に資産運用しよう

BitLending(ビットレンディング)の始め方をまとめると、次の通りです。(ビットコインを運用する場合)

例えば、ビットコインを年間利率8%で運用することで、毎月約670円分の利息収入をもらえます。

ビットレンディングにビットコインを預けた場合の利息収入イメージ
さとう

最低1カ月間は引き出せなくなるので、その間の価格変動リスクを踏まえて利用するようにしましょう。

・特徴①:最高利率10%の運用ができる

・特徴②:最短1カ月運用で即解約できる

・特徴③:運用開始の手数料無料

BitLendingの始め方解説はこちら

BitLendingのリスク解説はこちら

利率ブーストのやり方はこちら

🐼 ビットレンディング公式サイト:https://bitlending.jp/

【5月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
13,000円特典リンクから
口座開設&
販売所利用
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設&

販売所利用
(13,000円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次