【6/28まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

StakeStoneとは?ステーキング&エアドロップの受け取り方法を解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること

  • StakeStoneとは
  • StakeStoneのステーキングのやり方
  • StakeStoneでエアドロを受け取る方法
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士WA州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 仮想通貨投資は1000万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信中!
  • 詳しい運営者情報はこちら

「StakeStone」とは、「オムニチェーン対応のLST」と「利回り運用最適化」に特徴がある、仮想通貨ETHのステーキングプロトコルの1つです。

出典:StakeStone 公式サイト
名称StakeStone
特徴オムニチェーン対応&利回り特化
ETH対応チェーンEthereum
発行LSTSTONE
公式サイトhttps://stakestone.io/index.html
公式Xhttps://twitter.com/Stake_stone
公式Discordhttps://discord.com/invite/cswURCh8Nx
公式Telegramhttps://t.me/StakeStone

StakeStoneでETHをステーキングした時に発行されるリキッドステーキングトークン「STONE」は、チェーン間のブリッジを用意に行えるプロトコル「LayerZero」を活用することで、あらゆるチェーンで運用ができます。

また、StakeStoneに預けれたETHは「OPAP(Optimizing Portfolio and Allocation Proposal)」と呼ばれる仕組みを通して、STONE保有者の投票で随時運用先が最適化されます。

※主にLido運用で一部EigenLayerのネイティブリステーキング等

StakeStoneのステーキング
さとう

こうしてStakeStoneはETHの高利回り運用と、LSTであるSTONEのオムニチェーン運用を実現しています。

StakeStoneのエアドロサイトの招待リンク、招待コードは次の通りです。

招待コード:92486

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

StakeStoneでステーキングを行う方法

「StakeStone」でETHとSTONEのステーキングを行う方法をご紹介します。

①StakeStoneにアクセス

StakeStoneの公式サイトにアクセスします。

エアドロイベント開催中の場合は、こちらの紹介リンクからアクセスします。

招待コード:92486

エアドロイベントに参加する際は、「CONNECT TWITTER」よりTwitterと連携を行い、「RETWEET」で表示される公式ツイートをリツイートしましょう。

さとう

「VERIFY」でリツイートが認識されます。

②仮想通貨ETHをステーキング

StakeStoneの画面上部「Stake」より、ETHをステーキングできます。

stakestoneのステーキングのやり方

ETHのステーキングを行うと、画面下の「Exchange Rate」の割合でリキッドステーキングトークンである「STONE」が発行されます。

さとう

ETHは「OPAP」の仕組みでLido等で運用され、1STONEに対応するETHの枚数が増えていく仕組みです。

※STONE自体はリベースされない資産のため、STONEが増える訳ではありません。

③LST「STONE」の運用

STONEはブリッジプロトコル「LayerZero」により、様々なチェーンにブリッジできます。

さとう

画面上の「Bridge」よりブリッジを行うことで、あらゆるチェーン先のDeFi等で運用が可能です。

イベント期間中は、画面の上の「Omni-Chain Carnival」よりSTONEをロックすることでき、ロック枚数と期間に応じたポイントをもらえます。

ロックすると「cSTONE」が別途発行され、このcSTONEを別のプロトコルでさらに運用することもできます。

ZircuitでcSTONEを運用する

招待コード「1sbrod」でZircuitにアクセスします。

cSTONEをZircuitに預け、さらにエアドロを狙いましょう。

参考:ETHの引き出し(Unstake)

StakeStoneに預けたETHは、STONEを使って「REQUEST」と「INSTANT」の2種類の方法で返還できます。

REQUESTでは、2日~7日程度ステーキング解除まで時間がかかりますが、ガス代が安い&スリップページが発生しづらいメリットがあります。

INSTASTはすぐに出金できますが、ETHの保管状況に余裕がない場合は追加でガス代が必要になったり、スリップページが発生したりするデメリットがあります。

さとう

急ぎでなければREQUESTがおすすめです。

StakeStoneでエアドロップを受け取る方法

StakeStoneでETHのステーキング、STONEの運用を行うと次の3つのポイントを受け取り、将来的にエアドロップがもらえる可能性があります。

  • STONE Points
  • EigenLayer Points
  • STONE運用先でのポイント

①STONE Points

「STONE Points」は、StakeStoneのイベント開催期間中にSTONEをロックすることでもらえるポイントで、将来的にエアドロップを受け取れる可能性が高いです。

②EigenLayer Points

StakeStoneに預け入れられたETHは、OPAPの運用次第でEigenLayerでリステーキングされるため、EigenLayer Pointsを獲得してエアドロップを受け取れる可能性があります。

③STONE運用先でのポイント

STONEはオムニチェーンで運用が可能となっており、運用先のプロトコル次第では運用先に対応するポイントを獲得し、エアドロップを受け取れる可能性があります。

【利回り最適化運用】StakeStoneとは?

「StakeStone」とは、「オムニチェーン対応のLST」と「利回り運用最適化」に特徴がある、仮想通貨ETHのステーキングプロトコルの1つです。

名称StakeStone
特徴オムニチェーン対応&利回り特化
ETH対応チェーンEthereum
発行LSTSTONE
公式サイトhttps://stakestone.io/index.html
公式Xhttps://twitter.com/Stake_stone
公式Discordhttps://discord.com/invite/cswURCh8Nx
公式Telegramhttps://t.me/StakeStone
出典:StakeStone 公式サイト

OPAPにより維持される高い利回り

StakeStoneでは、ステーキングしたETHはStakeStoneの運用金庫に預け入れられ、「OPAP(Optimizing Portfolio and Allocation Proposal)」と呼ばれる仕組みで運用されることで、高いAPRを実現しています。

StakeStoneのステーキング

OPAPは運用利回りを最適化する仕組みで、ETHの運用方針がSTONE保有者の投票により随時決定されます。

さとう

現在のOPAPの運用方針は画面上の「Portfolio&Allocation」より、現在投票を募っている提案や過去の提案は「OPAP」より確認できます。

StakeStone pioneers the first decentralized solution for liquid staking through an innovative mechanism called the Optimizing Portfolio and Allocation Proposal(OPAP).

docs.stakestone “Introduction

LayerZeroによるSTONEの多様な運用

StakeStoneにETHをステーキングすることで発行されるLST「STONE」は、ブリッジプロトコル「LayerZero」により様々なチェーンで運用できるOFT(Omnichain Fungible Token)となっています。

出典:LayerZero 公式サイト

あらゆるチェーン上で、「DEXへの流動性提供」「ステーブルコイン発行の担保」「借り入れの担保」といったSTONEの運用ができます。

STONE-Fi 出典:StakeStone トップページ

As STONE token gains adoption, STONE-Fi will be the liquidity distribution market connecting protocols and liquidity providers.

STONE holders can explore additional liquidity opportunities on multiple chains. These opportunities include, but are not limited to:

DEX / Market Maker Protocols / Lending Protocols / CDP (Stablecoin) / Derivatives / GameFi

docs.stakestone “STONE-Fi

【5月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
13,000円特典リンクから
口座開設&
販売所利用
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設&

販売所利用
(13,000円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次