【6/28まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

【DMMビットコインからBitget】送金できない時の対策を詳しく解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること

  • DMMビットコインからBitgetに送金する方法
  • Bitgetに送金できない原因
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士WA州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 仮想通貨投資は1000万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信中!
  • 詳しい運営者情報はこちら

DMMビットコインはDMM.comグループが運営する2016年11月に設立された国内最大規模の仮想通貨取引所で、豊富な取引ツールと使いやすいインターフェースが特徴です。

出典:DMMビットコイン 公式サイト

結論、DMMビットコインは海外取引所の送金に制限を掛けているため、DMMビットコインから直接Bitget(ビットゲット)に送金はできない状況です。

以下の3社は、主要な海外仮想通貨取引所への送金制限がありません。

Bitgetの送金に対応しているおすすめの国内取引所は、「ビットバンク」です。

公式サイト:https://bitbank.cc/

ビットバンクは送金できない海外取引所を公表していますが、主に日本人が利用する海外取引所は含まれていません。

ビットバンク 出金できない海外取引所リスト
  • Bithumb
  • UPbit
  • Korbit
  • ProBit
  • CoinOne
  • GOPAX
  • Kraken
  • Coinbase
  • Binance.us
  • CoinList
  • Gemini
  • Bitstamp.net US
  • Luno
  • Independent Reserve.
  • Crypto.com
  • B2C2.com
  • LMAX Digital
  • HTX.com Gibraltar
  • OSL.com
  • BlockFi.com
  • Bitfinex.com Bahamas
  • OKX.com Bahamas
  • Bitfinex.com Bahamas

※上記は一部抜粋(Bybit.com UAEにも出金できませんが、私たち日本在住者が利用するBybit.com Globalへは問題なく出金可能です。

また、ビットバンクは送金能力に優れた仮想通貨XRPを0.12%の安価な手数料で購入でき、送金手数料も0.15XRP(数円)で済みます。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く)

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト
bitbank口座開設特典の受取方法
ビットバンクの特典受け取り手順
キャンペーンにエントリーするまでの流れ
目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

DMMビットコインからBitgetには送金できない

結論、2024年6月13日時点では、DMMビットコインから海外取引所Bitget(ビットゲット)に仮想通貨を直接送金することはできません。

理由は、DMMビットコインは日本国内で金融庁に未登録で暗号資産交換業を行っている業者への送金に制限を設けているからです。

DMMビットコインに問い合わせました

下の画像は、私がDMM Bitcoinのカスタマーサポートに、Bitget(ビットゲット)等の海外取引所の送金できない理由について問い合わせた結果です。

DMMビットコインへの問い合わせ結果
問い合わせ結果の要約
  • 日本国内で金融庁に未登録で暗号資産交換業を行っている業者への送金はできない
  • コンプライアンスリスクの観点から差し止めている
  • 今後の上記の措置に変更の予定はない

このように、金融庁に未登録の状態で日本国内で暗号資産交換業を営み、日本語でインターネットを通じて勧誘を行っている業者にDMM Bitcoinから仮想通貨を送金することはできません。

【24年6月時点】Bitgetは金融庁に無登録

さとう

本記事を更新した時点では、Bitget(ビットゲット)は金融庁に無登録となっています。

こちらの金融庁公式サイトから、最新の暗号資産交換業者登録一覧を確認できます。

金融庁の暗号資産交換業者登録一覧

下の画像は暗号資産交換業者登録一覧の抜粋ですが、海外取引所は登録されていないことが分かります。

金融庁の暗号資産交換業者登録一覧
暗号資産交換業者登録一覧 一部抜粋

日本で暗号資産交換業者として登録するためには、以下のような資金決済法が定める要件を満たす必要があります。

  • 顧客資産の分別管理
  • 金融庁への定期報告
  • 適切な資本基準
  • リスク管理の徹底
  • 広告・表示に関するルール

しかし、海外仮想通貨取引所がこれに準拠することは難しいです。

そもそも日本に事業所を持たない海外取引所の場合、日本の規制当局との適切なコミュニケーションを取ることが難しく、金融庁が監督を行えません。

また、例えば日本の資金決済法では、利用者保護の観点で「顧客資産の分別管理」を定めていますが、海外仮想通貨取引所とは顧客資産の保証の仕方が異なることがあります。

暗号資産交換業者は、その行う暗号資産交換業に関して、暗号資産交換業の利用者の金銭を、自己の金銭と分別して管理し、内閣府令で定めるところにより、信託会社等に信託しなければならない。

資金決済法「第六十三条の十一 利用者財産の管理」より

国内仮想通貨取引所では、私たちが預けた資産は取引所の資産とは分別して信託会社に信託され、破産時でも返還が優先されるようになっています。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

しかし、海外仮想取引所では分別管理が適切に行われていないケースも多く、日本の法制度に適用することは難しい現状があります。

23年6月1日の法改正でさらに厳しくなる

マネーロンダリング等の対策案を示す国際的な共通ルール「トラベルルール」に遵守するため、2023年6月1日に国内で法改正が行われました。

これにより、取引所間で適切な情報通知を行う必要が出てきたため、海外取引所へ送金制限を掛ける国内取引所が増えてきています。

ぱんだ

トラベルルールってどんなルールなの?

DMMビットコインも対応しているトラベルルールとは、FATF(Financial Action Task Force、金融活動作業部会)と呼ばれる国際機関により、マネーロンダリングやテロ資金供与対策を目的として各国で導入が進められている取り決めのことです。

トラベルルールとは、「利用者の依頼を受けて暗号資産の出金を行う暗号資産交換業者は、出金依頼人と受取人に関する一定の事項を、出金先となる受取人側の暗号資産交換業者に通知しなければならない」というルールです。

bitbank Support トラベルルールとはなんですか
トラベルルールとは
トラベルルール導入までの簡単な経緯
1989年6月マネロン対策の国際的な枠組み「FATF」がフランスで設立。
2015年6月G7サミットで暗号資産に対する規制の導入が宣言され、各国の暗号資産業者は登録・免許制になり、利用者も本人確認が必要になる。日本でも暗号資産業者は登録制に。
2018年10月FATF勧告15「新技術の悪用防止」が改訂され、暗号資産業者はマネロン等の規制が必要になる。
2019年6月FATF勧告16「電信送金」が改訂され、送付側と受取側に関する情報の通知が必要になり、このFATF勧告16がトラベルルールと呼ばれている。
2023年6月犯罪による収益の移転防止に関する法律が改正され、日本の暗号資産交換業者はトラベルルールへの対応が必要になる。

「トラベルルール」は、国際的なルールである「FATF勧告16」の通称となります。(FATFはマネロン対策等を行う国際機関)

既に日本も勧告は受けていましたが、2023年6月1日の法令改正に伴いより厳しく遵守するようになり、金融庁指定の国への送金には情報の通知が義務化されました。

さとう

もっと詳しくトラベルルール対応の経緯について知りたい方は、下のボックスを開いて詳細をご覧下さい。

沿革①:1989年にFATFが設立される

FATFは、元々は1989年7月に行われた第15回先進国首脳会議「アルシュ・サミット」で、マネーロンダリング対策における国際協力強化のため、先進主要国を中心として設立されたのものです。

その後、以下のような新しい対策範囲を加えながら、勧告を出しています。

FATF勧告の対象範囲の沿革(財務省HPより引用
沿革②:1990年4月に「40の勧告」策定

1990年4月には、各国におけるマネロン対策の基準として「40の勧告」が策定されました。

以下の40の勧告に従い、各国の法令整備等の状況が評価されます。

FATF「40の勧告」(財務省HPより
沿革③:2015年6月G7サミットで勧告強化

2015年6月に開催されたG7エルマウ・サミットにて、暗号資産という新しい支払手段に対する適切な規制の導入が宣言されました。

我々は、仮想通貨及びその他の新たな支払手段の適切な規制を含め、全ての金融の流れの透明性拡大を確保するために更なる行動をとる。

G7エルマウ・サミット首脳宣言(金融庁HP:暗号資産に係る法制度の整備より)
さとう

2014年にMTGOX社の破産事例がありましたが、あくまでもテロ対策の文脈で規制が必要という宣言になっていました。

外務省「2015 G7エルマウ・サミット首脳宣言(仮訳)

これに伴いFATFは各国政府に対して、暗号資産交換業者に対して登録制・免許制を課し、利用者にも本人確認を義務付けるように勧告を行いました。

各国は、仮想通貨と法定通貨を交換する交換所に対し、登録・免許制を課すとともに、顧客の本人確認義務等のマネーロンダリング・テロ資金供与規制を課すべきである。

FATF ガイダンス(金融庁HP:暗号資産に係る法制度の整備より)
沿革④:2017年4月に改正資金決済法が施行

2015年6月のFATF勧告を受け、日本では2016年5月に資金決済法が改正されました。(2017年4月施行)

  • 暗号資産交換業者は登録制に
  • 口座開設では本人確認が義務
  • 利用者保護で、取引所のルールを整備

※金融庁HP:暗号資産に係る法制度の整備より

沿革⑤:2019年6月に勧告16が改訂(ここでトラベルルールができる)

2019年6月にFATFの勧告16「電信送金」が改訂され、暗号資産の送付人と受取人の情報の確認・保存を取引所に課しました。

FATF「40の勧告」(財務省HPより)赤丸追記
さとう

トラベルルールという用語がFATF内で正式にある訳ではありませんが、業界関係者にはこの改訂後のFATF勧告16「電信送金」が「トラベルルール」と認識されているようです。

トラベルルールとは、顧客が送金を実施する際、受取側・送付側事業者に対し、送付依頼人及び受取人の情報を保持・維持・(送付側事業者から受取側事業者への)通知を義務付ける AML/CFT 上の措置を指す。業界における一般用語であり、FATF 基準上の正式な用語ではないが、通常、FATF 基準上の勧告 16(電信送金)を指すものとして当局・業界関係者に理解されている。

金融庁 国際関係情報(その他):暗号資産・暗号資産交換業者に関する新たな FATF 基準についての12 ヵ月レビューの報告書要旨
沿革⑥:2023年6月に国内で法令が改正(ここで日本がトラベルルールに対応)

2023年6月1日から犯罪による収益の移転防止に関する法律等が改正され、日本の暗号資産交換業者はトラベルルール(改訂後のFATF勧告16)への対応が必要になりました。

犯罪による収益の移転防止に関する法律改正の概要は、金融庁のHPから確認できます。

金融庁HP「3.改正の概要

他の国内取引所からBitgetに送金しよう

DMMビットコインからBitgetに送金することはできないので、他の国内取引所からBitgetに仮想通貨を送金しましょう。

さとう

以下の国内取引所であれば、Bitget(ビットゲット)に仮想通貨を送金できます。

Bitgetに送金できる国内取引所
BybitKuCoinBitgetGate.ioMEXC

公式サイトはこちら
×××××

公式サイトはこちら
××


公式サイトはこちら

公式サイトはこちら

公式サイトはこちら
×


公式サイトはこちら

公式サイトはこちら
×
国内取引所から海外取引所への送金状況(2024年5月1日時点)
BybitBitgetGate.ioMEXC

公式サイト
××××

公式サイト
××


公式サイト

公式サイト

公式サイト
×


公式サイト

公式サイト
×
国内取引所から海外取引所への送金状況(2024年5月1日時点)

おすすめは、国内取引所ビットバンクから仮想通貨を送金する方法です。

公式サイト:https://bitbank.cc/

ビットバンクは送金できない海外取引所を公開しており、日本人が利用する主な海外取引所は含まれていません。

ビットバンク 出金できない海外取引所リスト
  • Bithumb
  • UPbit
  • Korbit
  • ProBit
  • CoinOne
  • GOPAX
  • Kraken
  • Coinbase
  • Binance.us
  • CoinList
  • Gemini
  • Bitstamp.net US
  • Luno
  • Independent Reserve.
  • Crypto.com
  • B2C2.com
  • LMAX Digital
  • HTX.com Gibraltar
  • OSL.com
  • BlockFi.com
  • Bitfinex.com Bahamas
  • OKX.com Bahamas
  • Bitfinex.com Bahamas

※上記は一部抜粋(Bybit.com UAEにも出金できませんが、私たち日本在住者が利用するBybit.com Globalへは問題なく出金可能です。

また、送金に優れた仮想通貨リップル(XRP)を取引手数料0.12%の格安の手数料で購入でき、リップルの送金手数料も0.15XRPと安価になっています。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く)

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

DMMビットコインから他の国内取引所に移す方法

2023年6月1日に日本政府により施行開始された仮想通貨のトラベルルールにより、DMMビットコインからビットフライヤーとコインチェックに仮想通貨を送金できなくなりました。

仮想通貨のトラベルルール概要

DMMビットコインは入出金に関する情報通知のシステムとして「SYGNA」を利用していますが、コインチェックとビットフライヤーは異なるシステム「TRUST」だからです。

さとう

詳しくは、以下の記事をご覧下さい。

同じSYGNAを利用している取引所であれば、DMMビットコインから送金できます。

同じSYGNAを利用しており、Bitget(ビットゲット)への送金にも対応しているおすすめの国内取引所は「ビットバンク」です。

DMMビットコインからBitgetに送金できない時の対策

ビットバンクなら、DMMビットコインにある仮想通貨を送金手数料無料で移すことができます。

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

ビットバンクの口座開設手続きは、5分程度で済みます。

ぱんだ

DMMビットコインから一度ビットバンクに移して、ビットバンクからBitgetに送金すればいいんだね。

さとう

DMMビットコインからビットバンクに仮想通貨を送金する方法は、下のボックスを開くと確認できます。

DMMビットコインからビットバンクに送金する方法
  • ビットバンクの口座を開設する
  • ビットバンクに仮想通貨を移す
STEP

ビットバンクの口座を開設する

さとう

まずはビットバンクの口座を開設しましょう。

\ 今だけ口座開設で1000円がもらえる!/

🐼 公式サイト:https://bitbank.cc/

STEP

ビットバンクの入金アドレスを確認

ビットバンクの口座を開設できたら、DMMビットコインの資金を移していきましょう。

ビットバンクのアプリを開いて、下タブ「メニュー」より「入金」をタップします。

さとう

今回は送金速度が早い仮想通貨XRP(リップル)を移す例でご紹介します。ビットバンクへの送金はどの通貨でも手数料は無料です。

XRPを選択したら、宛先タグと預入用アドレスをコピーします。(取引所間の資金移動には、宛先タグも必須)

STEP

DMMビットコインから送金

次に、仮想通貨リップルをDMMビットコインから出金します。

下の手順でリップルの出金先アドレスに、先ほどコピーしたアドレスと宛先タグを追加しましょう。

さとう

追加したビットバンクのアドレスに仮想通貨リップルを送金したら、資金の移動は完了です。

ビットバンクからBitgetに送金するやり方

次に、ビットバンクからBitget(ビットゲット)に仮想通貨を送金する方法を解説していきます。

さとう

次のの手順で進めていきます。

ビットバンクでリップルを購入

XRP(リップル)以外の仮想通貨をビットバンクに送金してきた場合や、まだ仮想通貨をビットバンクに用意していない方は、送金用の仮想通貨リップルを購入しましょう。

ビットバンクアプリの下タブ「取引所」からXRP/JPYを選びます。(販売所で買うと手数料が3%~6%掛かるため、手数料0.12%で買える取引所がおすすめ)

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く)

DMMビットコインの資金を出金する方法

「注文」をタップしたら、下のように注文を実行しましょう。

さとう

これでリップルの用意は完了です。

ビットバンクからBitgetにXRPを送金

ビットバンクからBitgetにリップル(XRP)を送金していきましょう。

Bitgetのスマホアプリを開いて、リップル(XRP)の入金先のアドレスを確認します。

Bitgetアプリのホーム画面上部「資金を追加」をタップして「暗号資産の入金」を選択します。

bitget(ビットゲット)の入金アドレスを確認する方法

検索バーにXRPと入力し、出てきたXRPを選びます。

アルファベットのアドレスと、数字のタグを両方コピーします。

bitget(ビットゲット)の入金アドレスを確認する方法2

次に、ビットバンクのスマホアプリからBitgetにXRPを送金しましょう。

アドレス一覧をタップして、新規追加でBitgetを出金先のアドレスとして追加しにいきます。

XRPアドレスと宛先タグには、Bitgetでアプリでコピーしたものを貼り付けます。(ラベルはなんでもOK)

宛先タグは入力必須になっていませんが、宛先タグを設定し忘れるとBitgetへ入金が反映されないので、必ず入力するようにしましょう。

送金先はリストより「Bitget.com」を選択します。

さとう

アドレス作成が終わったら、XRPの引き出し画面に戻り、作成したBitgetのアドレスを選択し、出金する数量を入力したら出金を実行します。

BitgetからDMMビットコインに送金はできる

逆方向のBitget(ビットゲット)からDMMビットコインへの送金は問題なく行うことができます。(他の海外取引所からの送金も同様に可能)

しかし、ただBitgetから送金申請を行うだけではDMMビットコインの口座に反映されないので、反映させる方法をご紹介します。

さとう

本記事では、Bitgetから仮想通貨XRPをDMMビットコインに送金する例で解説していきます。

BitgetからDMMビットコインに送金を行うと、一時的に口座への入金の反映が差し止められ、入金元情報の登録依頼のメールがDMMビットコインから届きます。

DMMビットコインのアプリを開き、メニューバーより「エックスアールピー入金」をタップします。

未反映入金リストのところに「入金元アドレス登録依頼中」となっている項目があるので、タップします。

送金元の取引所名を「Bitget」または「ビットゲット」で入力しましょう。その他の入力項目は、送金元の情報が自動で最初から入力されているはずです。

他の情報も入力していきます。入金元の取引所は「その他」を選んでBigetを入力します。入金元情報の登録が終わると、リストのステータスが入金審査中に変わります。

審査が終わる「入金完了のお知らせ」が届いて、口座にXRPが反映されます。

さとう

私の場合、DMMビットコインに入金元情報を夜22時頃登録し、審査が終わって実際にXRPが反映されたのは翌朝の8時頃でした。

夜に登録を行ったからかもしれませんが、少し審査に時間がかかる可能性もあるので注意しましょう。

まとめ:他の国内取引所から送金しよう

結論、DMMビットコインは金融庁に無登録の暗号資産交換業者への送金を差し控えており、Bitget(ビットゲット)に仮想通貨を送金することはできません。

他の国内の仮想通貨取引所を利用するようにしましょう。

おすすめは、国内取引所「ビットバンク」から仮想通貨を送金する方法です。

送金用の仮想通貨リップル(XRP)を取引手数料0.12%の格安の手数料で購入でき、リップルのBitgetへの送金手数料が0.15XRPと安価になっているからです。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く)

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト
bitbank口座開設特典の受取方法
ビットバンクの特典受け取り手順
キャンペーンにエントリーするまでの流れ

【6月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円特典リンクから
口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設

(1,500円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次