【初心者必見!】仮想通貨で月10万円の不労所得を作る方法詳しくはこちら!

【上場の考察あり】Star Networkとは?始め方と稼ぎ方について徹底解説!

ぱんだ

Star Networkっていう無料で仮想通貨を稼げるアプリがあるって聞いたんだけどどんなアプリなの?まだ上場していないから換金できないっていう話もあるらしいけど本当?

この記事ではこんな方の疑問を解決します。

Star Networkは2021年9月にリリースした無料で仮想通貨を稼ぐことができるアプリですが、SNSでは詐欺・怪しいといった声も多く、ダウンロードを躊躇している方も多いのではないでしょうか。

この記事を最後まで読むことで、Star Netwrokの概要と他の無料で仮想通貨稼げるアプリとの違いについて理解し、詐欺なのか・本当に上場するのかどうかを含めてプレイするべきか自分で判断することができるようになります。

Star Network - Social DeFi

Star Network – Social DeFi

Big Leap Ltd無料posted withアプリーチ

さとう

Star Networkを始めるためには招待コードの入力が必要です。コードがない方は以下のコードをご使用下さい。

Star Network招待コード:satoudidi

この記事から分かること
  • Star Networkの特徴・概要について
  • Star Networkの始め方・稼ぎ方
  • Star Networkは本当に上場するのかどうか
  • Star Networkは詐欺なのか
  • Star Networkのホワイトペーパー徹底考察
この記事を書いた人
  • Core30経理職の20代男
  • 米国公認会計士(ワシントン州)
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 現在は強気相場が予想される2024年の半減期に向けてビットコインをコツコツ積み立てる堅実スタイル
  • 仮想通貨投資は500万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。身を削って蓄えているクリプト情報を発信しています
目次

Star Network(スターネットワーク)とは?

Star Networkは2021年9月にリリースした、無料で仮想通貨STARを稼ぐことができるマイニングアプリです。

仮想通貨STARは2022年12月6日時点ではまだ取引所に上場しておらず、法定通貨に換金することはできません。

ロードマップ上では2022年12月に上場予定となっており、1STAR=1ドル~3ドル程度になるのではと噂されています。

現在は1日で9.6STARマイニングすることができるため、将来上場した際には大きな資産になる可能性もあり、日々ユーザー数が増え続けている話題沸騰中の無料マイニングアプリとなっています。

プロジェクト名称Star Network(スターネットワーク)
運営会社Big Leap Limited(詳細不明)
リリース年月2021年9月
仮想通貨名称STAR(スター)
上場取引所未定(ロードマップでは2022年12月)
ネットワーク未定
公式サイトhttps://www.starnetwork.io/
公式Twitterhttps://mobile.twitter.com/starnetworkdefi
Star Network - Social DeFi

Star Network – Social DeFi

Big Leap Ltd無料posted withアプリーチ

さとう

Star Networkを始めるためには招待コードの入力が必要です。コードがない方は以下のコードをご使用下さい!

Star Network招待コード:satoudidi

Star Network(スターネットワーク)の特徴

無料で時間を掛けずに仮想通貨を稼ぐことができる

Star Networkの一番の特徴はアプリだけで無料で簡単に仮想通貨を稼ぐことができる点です。

Star Networkは現在のビットコインの課題は以下にあると指摘しています。

ビットコインの課題
  • マイニングに高性能なコンピュータが必要で、高度な計算作業で電力を多く必要とする
  • 早期参入した人が多くのビットコインを獲得しており、不平等

Star Networkはスマホとインターネット環境があれば仮想通貨のマイニング可能で、知識がなくても誰でも参入することができます。

アプリをインストールし、1日1回画面をタップするだけで24時間のマイニングスタートするため、とても簡単です。

さとう

創設メンバーが一切明かされておらず、会社情報もまったく出てこないため、本当に上場するのか怪しい所ではありませんが、お金と時間が掛からずに仮想通貨を稼げるので、とりあえずマイニングしておいて損はありません。

本人確認を行わないと仮想通貨を引き出せない

Star Networkは本人確認を重要視しており、本人確認が完了しないとマイニングしたSTARを引き出すことができません。

無料で仮想通貨を稼ぐことができるアプリでは、端末を複数用意することで同時に仮想通貨を稼ぐことができるものが多く、仮想通貨の価値を不当に下げてしまっているものは確かに多いです。

例えば、歩くだけで無料で仮想通貨を稼ぐことができるSweatcoinも複数端末で稼げてしまいます。

Star Networkは本人確認で運転免許証やマイナンバーカードの提出をし、審査に合格しないと仮想通貨を引き出せない為、複垢対策をしっかり行っていると言えます。

解禁トークンLibraで仮想通貨の引き出しを制限している

Star Networkには「Libra」という解禁トークンがあり、この解禁トークンをアプリ内で入手することにより初めて以下のことができます。

Libraで出来ること
  • 本人確認
  • 現時点でマイニングしたSTARの引き出し

Libraについては、以下の方法でのみ入手できます。

Libraを入手する方法
  • 1日に2回引くことができるガチャで当てる
  • 1日に2枚入手できるチケットを一定枚数貯める(100日~125日掛かる)

仮想通貨の引き出しについては、チケットを溜めることで一定期間毎に確実に引き出せますが、基本的にはガチャで当てる必要があります。

こちらについては運営がおそらく操作できるため、仮想通貨STARの売り圧については運営がある程度コントロールできる仕組みとなっていることが分かります。

Star Network(スターネットワーク)の始め方

下のリンクからスマホアプリをダウンロードします。

Star Network - Social DeFi

Star Network – Social DeFi

Big Leap Ltd無料posted withアプリーチ

アプリを起動した後「新規登録」を選択します。

Star Networkは既存ユーザーの招待コードがないと始めることができません。

さとう

コードがない方は以下のコードをご使用ください。

Star Network招待コード:satoudidi

招待コードを入力した後、メールアドレスとパスワードを設定します。

設定したメールアドレスに認証メールが届くので、認証します。

ユーザー名を設定してアカウントの作成を終了です。


Star Network(スターネットワーク)の稼ぎ方

Star Networkで出来ることは以下の4つです。

  • 1日1回ロケットをタップしてマイニングをスタート
  • 半日に1回パワーアップ抽選を行ってボーナスレートを獲得する
  • Libraの抽選ガチャを引く
  • ゲームセンターで遊んでボーナスレートを獲得する

マイニングを開始する

まずはアプリを開いて画面右上のロケットをタップして、マイニングをスタートしましょう。

現在のマイニングのレートは左下から確認することができます。

24時間経過するとマイニングは自動で終了するので、1日1回忘れずにロケットをタップします。

パワーアップ抽選でマイニングレートを上げる

パワーアップ抽選では、マイニングのレートを一時的に1%~最大100%まで増やすことができます。

12時間に1回引くことができるため、忘れずに抽選を行ってマイニングのレートを増やしておきましょう。

Libra抽選で解禁トークンLibraを入手する

Libra抽選では、解禁トークンLibraを12時間に1回だけ低確率で入手することができます。

さとう

Libraは以下で必須になり、Libraがないとマイニングで稼いだSTARを引き出すことができないので、最優先で回すようにしましょう。

Libraで出来ること
  • 本人確認(STARの引き出しに必須)
  • 現時点でマイニングしたSTARの引き出し

解禁トークンLibraは、12時間に1回に入手できるチケットを集めることでも入手できます。

アプリ画面中央の「Libra Attendence」からチケットを獲得しましょう。

2022年12月時点では200枚集めることで解禁トークンLibraを獲得できます。

ユーザー数の増加に伴い250枚に要件が増えるようなので、早めにチケットを集めるのがお勧めです。

ゲームセンターで遊んでボーナスレートを獲得する

ゲームセンターで遊んでクリアすると、マイニングのボーナスレートを獲得することができます。

時間に余裕がある方はゲームもプレイして、STAR獲得の効率を上げておきましょう。

Star Network - Social DeFi

Star Network – Social DeFi

Big Leap Ltd無料posted withアプリーチ

Star Network招待コード:satoudidi

招待してボーナスレートを獲得しよう

Star Networkでは他のユーザーを招待することで、お互いのマイニングレートが上がります。

上がるレートは現在のユーザー数によって異なります。

ユーザー数Star獲得レート招待による追加Star
0~500,0001.6 Star / 時間0.4 Star / 時間・人
500,000~2,000,0000.8 Star / 時間0.2 Star / 時間・人
2,000,000~10,000,0000.4 Star / 時間0.1 Star / 時間・人
10,000,000~100,000,0000.2 Star / 時間0.05 Star / 時間・人

画面右下の人のアイコンをアップして「友達を誘い始めよう!」から招待コードを確認することができます。

Star Networkの上場はいつ?本当に上場するのか考察

Star Networkの上場予定日について

ホワイトペーパーでは、2022年12月に主要な仮想通貨取引所に上場する予定との記載があります。

しかし、ロードマップと実際の進捗に大幅な遅れが見られており、2022年6月に1,000万人のユーザー数に到達するとの予測があるところ、実際は2022年12月時点で半分の500万人にも到達していません。

ユーザー数の観点では明らかに想定通りにサービスが展開出来ていないため、半年~1年程度遅れることは十分考えられます。

Star Networkがそもそも上場するのか考察

Star Networkはそもそも上場しないのではないか?といった声も多くあります。

さとう

まず大前提として無料で仮想通貨を稼ぐことができるアプリで、実際に上場したものは非常に少ないです。

Star Networkと同様に無料で仮想通貨をマイニングできるアプリとして、「Pi Network(パイネットワーク)」というアプリがあります。

Pi Networkについては2019年3月にリリースしており、最もユーザー数が多く期待されているアプリですが、2022年12月時点では未だに上場していません。

実際に上場することができた有名なアプリとしては歩くだけで無料で仮想通貨を稼ぐことができる「Sweatcoin」が挙げられます。

Sweatcoinは2022年9月にDao Makerと呼ばれるIDOで資金調達を行い、その後5社の取引所に上場することができ、無料仮想通貨SWEATを稼いだ人は換金することができました。

IDO(Initial DEX Offering)とは、独自のトークンを発行して資金調達を行う方法です。 IDOを行う企業はDEX(分散型取引所)を通して独自のトークンを発行し、投資家はそれを円やドルなどの法定通貨ではなく仮想通貨で購入します。 集まった仮想通貨を円に換金し、資金調達ができるという仕組みです。

仮想通貨のIDO(Initial DEX Offering)とは? LIFE TREND

これはSweatcoinが信頼できるプロジェクトであったため成し得たことですが、Star Networkはどうでしょうか。

大きな問題として、Star Networkは創設メンバーや会社の情報が一切公表されていません。

これから審査を行ってもらい、Sweatcoinと同じように資金調達・上場を目指すにあたり、一切身元を明かしていないプロジェクトが信頼されるのか少し疑問ではあります。

Star Networkでは特に本人確認をユーザー側に求めており、運転免許証やマイナンバーカードを提出させていることから、ただ個人情報を集めているだけの詐欺プロジェクトではないか?という見方もあります。

また、本人確認が可能な期間がLibraというトークンをガチャで入手した後一週間という期限が付いており、本人確認を急かしている印象もあり、怪しい所はいくつか見られます。

さとう

上場に関しては正直怪しいですか、マイニング自体は無料なので、上場を信じてとりあえず1日1回ログインしてマイニングを行う分には損はないと思っています。

仮想通貨Starは上場したらいくらになる?

ユーザーの間では、上場価格についてはStar1枚=1ドル~3ドルくらいになると言われていますが、ソースはありません。

2022年12月時点のレートでは、0.4Star / 時間となっており、1日で9.6STARマイニングすることができるので、日本円で約4,000円/日稼ぐことができてしまいますが、さすがにここまで期待するべきではないと思っています。

さとう

無料で稼ぐことができるので、大きな期待はせず毎日ログインしてStarをコツコツマイニングしていくのがオススメです。

Star Network(スターネットワーク)は怪しい?

Star Networkが怪しいと言われている原因は主に次の3つです。

  • 創設メンバーの身元が一切明かされていない
  • 会社情報がほとんど載っていない
  • 個人情報を提出して本人確認しないとSTARを引き出せない

Star Networkが怪しいといった意見はSNS上で多く見受けられます。

創設メンバーや会場情報が明かされていない点が非常に怪しく、本当に上場するのかといった声にも繋がっています。

会社情報についてもほとんど記載がなく、利用規約に「Big Leap Limited」という会社名のような記載はありますが、調べても一切の情報が出てきません。

https://www.starnetwork.io/ja/terms-of-services

また、プレイするだけで個人情報や位置情報が抜かれているといった噂もありますが、今の時代はその程度の個人情報は抜かれて当然だとも思っています。

しかし、後半のホワイトペーパーの要約と考察でも書いていますが、Star Networkで解決したい現在の仮想通貨の課題や仮想通貨Starの需要と供給のバランス等はよく考えられています。

さとう

マイニングにお金が掛かっている訳ではないので、とりあえず1日1回ログインして、マイニングを行っておいて損はないと思っています。

Star Network(スターネットワーク)の将来性は?

Star Networkの最終的な目標は、独自のブロックチェーンを開発し、DeFiプラットフォームを作り上げることです。

さとう

ここまでプロジェクトが順調に進めば今現在マイニングで獲得した仮想通貨Starが将来大きな資産になる可能性はあるでしょう。

しかし、まずはStar Networkのユーザーを順調に増やし、資金調達を行う等を行った後で既存のネットワークで仮想通貨Starを上場させる必要があります。

Star Networkのロードマップでは以下の計画になっていました。

Star Networkのロードマップ
  • 2022年6月:ユーザー数1,000万人到達
  • 2022年12月:主要な仮想通貨取引所に上場

2022年12月時点では、ユーザー数が500百万人にも到達しておらず、上場に関するアナウンスは一切出ていません。

ユーザー獲得が想定より進んでいないことから考えても、上場が半年~1年程度遅れる可能性は十分有り得るでしょう。

Star Networkのホワイトペーパーの要約と徹底考察

次にStar Networkのホワイトペーパーについて要約と考察を行います。

▶原文はこちらから読むことができます。

1.1 仮想通貨の起源

仮想通貨の起源について、2009年にビットコインが誕生したことから長々と書いてあります。

さとう

Star Networkと関係する内容については特に記載がなく、読む必要はありません。

1.2 仮想通貨が世界を良くする方法

銀行に依存する必要なく、P2P(Peer to Peer)で安い手数料で安全にお金のやり取りができる仮想通貨の技術が革命的であることが記載されています。

さとう

Star Networkと関係する内容については特に記載がなく、読む必要はありません。

1.3 現在の仮想通貨から生じた他の問題

仮想通貨によって、仲介する銀行がなく安全に取引が出来るようになったことは画期的ですが、以下の2つが新しい問題となっていると指摘しています。

  • 電力消費の問題
  • 仮想通貨の流通が不平等であるという問題

この2点の問題については、Star Networkでも大きなテーマとなっています。

例えばビットコインのマイニングについては、不正を難しくするためにコンピューターで高度な計算を何度も繰り返すことで初めて承認されるため、電力消費の問題は確かに深刻です。

中国で仮想通貨のマイニングが禁止となったり、仮想通貨取引が禁止となったりした背景にはこういった電力問題も含まれていました。

流通が不平等であるというのは、以下の2つが考えられます。

2つの不平等
  • マイニング量が年々減っていくため、早期参入者が多くの富を得ている
  • 世界中で物価が異なるため、世界で同じだけの量マイニングできるのは不平等

これを無料マイニングアプリであるStar Networkは解決しようとしています。

1.4 Star Networkとは

Star Networkの概要が長々と書いてありますが、ポイントは以下の3つです。

  1. スマホアプリを用いて省電力で簡単にStarをマイニングできる
  2. 招待制度を設けて報酬を追加するような仕組みに
  3. Starを引き出すための解禁トークン「Libra」が無いと引き出せない仕組みに

ビットコインが膨大な電力を必要としたり、マイニングは難しく参入障壁が高かったりする一方、Star Networkではアプリで簡単に仮想通貨をマイニングできるといった記載があります。

この章では概要のみで詳細な理由は語られていません。

Star Networkでは招待制度が設けられており、ユーザーのStar Networkへの貢献度合いで報酬が追加されます。

そして、Star Networkの最大の特徴は解禁トークン「Libra」で、Libraを獲得することでマイニングしたStarを初めて引き出すことができるようになる点です。

Libraを与える機会を調整することで、Starの価値が急落することを防ぐ役割を担っています。

ちなみに、現時点だと以下の方法で解禁トークンLibraは入手可能です。

Libraの入手方法
  • 12時間毎に1度回すことができるガチャでLibraを当てる
  • 12時間毎に貰えるチケットを集める(最短で100日~125日掛かる)
さとう

確実に入手する方法も用意されていますが、基本的にはガチャで当てる必要があるため、稼いだStarの引き出しに関しては運営側で簡単に調整出来ることが分かります。

1.5 創設メンバー

創設メンバーについては何故かまったく公開されていません。

Goldman Sachs・Morgan Stanleyなどの投資銀行、Google・Facebook・Appleなど巨大プラットフォーマーの元幹部で構成されているようですが、一切具体的な人物が明かされていないです。

さとう

これに関しては正直怪しさたっぷりです。

これから主要な取引所への上場も検討しているようで、審査機関の審査を受ける必要もあるのですが、一切の身元を公開せずにプロジェクトを先に進めることが出来るのか謎です。

プロジェクトが進んだ後に身元を公開するといった記載もあるのですが、本気で取り組んでいるなら今すく明かすべきでしょう。

2.1.1 主流の仮想通貨流通の極端な不平等

ビットコインの流通総額をトップ数パーセントが所有しており、不平等すぎると指摘しています。

ビットコインのマイニングは、ビットコインの希少性・価値を維持するために定期的に報酬が下がったり、承認を行うための計算量が増えたりしています。

コンピューターの計算能力も進化はしていますが、マイニングを行ってビットコインを報酬として貰うのが難しくなっていることは事実です。

仮想通貨の流通という意味で考えると、確かに不平等と言えるかもしれません。

これはStar Networkが解決したいテーマの1つとなっています。

2.1.2 Star Networkは再び全ての人のために革命を再開する

Star Networkがビットコインとは如何に異なっていて優れているか長々と書いてありますが、ポイントは以下の2点です。

Star Networkが既存の仮想通貨より優れている点
  • 参入障壁がスマホとインターネットだけなので、全ての人が平等に参加できる
  • 早く参加した人が多くマイニング出来るというのはあるが、招待制のため貢献度も重要になっている

これについては、他の無料のマイニングアプリと似たような考え方ですが、Star Networkの重要なテーマとなっています。

2.2.1 無料マイニングの審査の欠如問題

無料のマイニングアプリは作成されたアカウントの審査を行っていないものが多く、不正に大量のアカウントを作成しマイニングされてしまっていると指摘しています。

例えば歩くだけで無料で仮想通貨を稼ぐことができるSweatcoinは、複数端末でそれぞれ別のアカウントを作成するだけで2倍の仮想通貨を稼ぐことができてしまいます。

さとう

これに関しては、仮想通貨の価値を必要以上に下げることにしかならないので、確かに問題といえるでしょう。

2.2.2 Star Networkはリアルを維持し、ロボットを受け入れない

Star Networkは本人確認を行わないと稼いだStarを引き出すことが出来ないと記載されています。

身元も公開していない会社に運転免許証やマイナンバーカードの写真を送る必要がある点が気になりますが、仮想通貨の価値を不当に下げない重要な施策だと思います。

2.3.1 ブロックチェーンの経済と経済の現実との不整合性

例えば、ビッグマックの値段は国によって異なるので、各々の地域で同じだけの量の仮想通貨をマイニング出来たら不平等であると指摘しています。

確かにビットコインのマイニングで考えた時、承認の報酬量は同じである一方、その報酬量で買うことが出来るビッグマックは地域によって異なるので、この点は不平等であると言えるかもしれません。

2.3.2 Star Networkの先進国の流動性を優先したブロックチェーン経済の保護

ここでは重要な記載がされており、経済的に豊かな先進国の本人確認を優先的に行っていくとの記載があります。

先程のビッグマックの例えにあるように、豊かな国であればあるほどインフレが進んで物価が高くなり、相対的に1ドルの価値が低くなります。

逆に貧しい国ではその1ドルがずっと大きな価値になります。

Star Networkは全ての人に平等に機会を与えることを目標としていたので、仮にStarが1枚1ドルの価値があるとした場合、1ドルの価値が低い先進国には多くのStarを提供して、発展途上国には少ないStarを提供することは理にかなっていると思います。

3.1 ブロックチェーンと分散型台帳

ブロックチェーン技術を文字で長々と分かりづらく記載してあります。

さとう

特にStar Networkに関連する内容はありません。

ブロックチェーンの仕組みについては私の記事でも詳しく説明しているので、是非ご覧下さい。

3.2 ビットコインとProof of Work

ビットコインの取引承認方法である「Proof of Work」について長々と説明してあり、電力消費が高く計算能力の高いコンピューターが必要で参入障壁が高いと指摘しています。

電力消費が高く、計算能力が高いコンピューターが必要で参入障壁が高いというのはStar Networkが解決しようとしている重要なテーマです。

Proof of Workの仕組みについては下の記事で詳しく解説しているので、是非ご覧下さい。

3.3 Star Networkの改善された合意方法

Star Networkは最終的にブロックチェーンの開発を目指しており、そこではビットコインのような「Proof of Work」型の承認ではなく、リップルと近い「Proof of Consensus」を採用するとしています。

さとう

これについては非常に重要な記載だと思っています。

Proof of Workはビットコイン等の取引承認の方法で、高度な計算を何度も繰り返すため電力消費が多いです。

Proof of Consensusはメジャーな仮想通貨で言えばXRP(リップル)の承認で用いられており、信頼できる承認者を募り、そのうち一定割合以上が承認すると、取引が承認されるような仕組みで電力消費は少ないです。

XRPの場合はこれを少人数で行っており、やや中央集権的ですが、Star Networkの場合は誰でも取引の承認に参加できるようにし、参加してくれた方にはStarを報酬として配るようです。

とはいっても、独自のブロックチェーンを開発するというのは最終的なゴールになるはずです。

かなり先の話であまり現実味がありませんが、確かにこれであれば消費電量やコンピューター等の参入障壁をクリアしてDeFiを作り出すことはできるかもしれません。

4.1 役割とそれに対応する収益

マイニングで獲得したStarのうち、自分で獲得したものは「エクスプローラー」という区分になり、他の人を招待することによって追加で取得できた分は「Booster」という区分になると記載されています。

4.2 GameFi機能から得られるボーナス

Star Networkでは簡単にプレイできるミニゲームが用意されており、ゲームのプレイを通してもStarを獲得することができると記載されています。

4.3 名目残高 vs 入手可能残高 vs 実現残高

Star Networkは名目残高・入手可能残高・実現残高の3つの残高で構成されており、それぞれの残高の意味が長々と記載されていますが、要約すると以下の通りです。

それぞれの役割
  • 名目残高:エクスプローラー全額+Booster全額(引き出せない分含む)
  • 入手可能残高:Libraを使うことで引き出すことができる残高
  • 実現残高:Libraを使うことで引き出せるようになった残高

招待することによって獲得したBooster分については、招待された側が本人確認を完了しないと、入手可能残高にならないことがポイントです。

不正にアカウントを大量に招待してBoosterを獲得し、引き出すことを防ぐためです。

4.4 レート半減ロードマップ

Star NetworkではStarの希少性を維持するために、加入したユーザー数に応じて、Starのマイニングレートを半減させていくとの記載があります。

具体的には以下の通りです。

ユーザー数Star獲得レート招待による追加Star
0~500,0001.6 Star / 時間0.4 Star / 時間・人
500,000~2,000,0000.8 Star / 時間0.2 Star / 時間・人
2,000,000~10,000,0000.4 Star / 時間0.1 Star / 時間・人
10,000,000~100,000,0000.2 Star / 時間0.05 Star / 時間・人

ビットコインの不平等について指摘していたので、少し考え方が矛盾している気もしますが、Starの価値を維持するための重要な施策です。

4.5 Starの総供給量

Starのマイニングは、加入したユーザーが1億人に達した時点で停止となると記載があります。

Starの総供給量は停止までのマイニング活動によって獲得されたStarの合計量となります。

4.6 Star Networkのトークン・エコノミーと本人確認

仮想通貨STARの需要と供給のバランスをどのように維持していくかについて長々と書いてありますが、要約すると以下の通りです。

STARの需要を維持するための施策
  • 本人確認を行わないと引き出せないため、本人確認枠を調整
  • Starの残高が高いほどLibraの獲得確率を上げるようにして、売り圧抑制
  • 取引所上場後はStarを購入し、StarのステーキングすることでLibra獲得確率UP
さとう

Starの価値を維持するための施策は具体的に用意されている印象です。

5.1 オールインワンのDefiソリューションとしてのビジョン

最終的には分散型金融(DeFi)のサービス提供を目指しているとの記載があります。

分散型金融(Decentralized Finance)は以下のようなイメージです。

Star独自のブロックチェーンを作成し、StarのDeFiサービスを作ることが最終的なゴールのようです。

Star Network - Social DeFi

Star Network – Social DeFi

Big Leap Ltd無料posted withアプリーチ

Star Network招待コード:satoudidi

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次