【初心者必見!】仮想通貨で月10万円の不労所得を作る方法詳しくはこちら!

【仮想通貨MRSTを稼ぐ】The Marsの始め方・無料で稼ぐ方法を徹底解説!

ぱんだ

Pi Networkっていう無料で仮想通貨を稼げるアプリがあるって聞いたんだけどどんなアプリなの?上場するとかしないとかいう噂も色々耳にするんだけど、将来性はどうなんだろう・・・

この記事ではこんな方の疑問を解決します。

The Mars Miningは2021年12月にリリースした無料で仮想通貨MRSTを稼ぐことができるマイニングアプリです。

The Marsは火星を舞台としてバーチャル世界の構築を目指しているメタバースプロジェクトとなっており、仮想通貨MRSTはメタバース経済の主要通貨として将来的に使用される予定となっています。

無料で仮想通貨を稼げるアプリとしては珍しくアプリリリースから1年で世界の主要仮想通貨取引所の1つであるOKXに上場しており、稼いだMRSTは他の仮想通貨に交換することもできます。

上場に成功していることからも分かるようにプロジェクトは非常に良く練られており、運営の経歴や所属も全て公開されている超優良メタバースプロジェクトだと言えます。

さとう

2023年~2024年はロードマップの開発やテストプレイが行われるので、今のうちに仮想通貨MRSTをマイニングしておきたいですね。

勿論すぐに日本円に変えてしまってもOKです!

MRST Mining APP

MRST Mining APP

The Mars無料posted withアプリーチ

ゲーム開始後「Enter Referral Code」に招待コードを入力することで、その場ですぐにMRSTを招待報酬として貰うことができます。

さとう

コードがない方は以下のコードをご使用下さい!

The Mars 招待コード:satoudidi

この記事から分かること
  • The Marsとは
  • The Marsの始め方と稼ぎ方
  • The Marsは怪しい?
  • 仮想通貨MRSTの将来性について
  • 【完全網羅】マイニングレートを上げる方法
  • 本人確認を行う方法
  • マイニングしたMRSTをステーキングする方法
  • The Marsのホワイトペーパー要約&考察
この記事を書いた人
  • Core30経理職の20代男
  • 米国公認会計士(ワシントン州)
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 現在は強気相場が予想される2024年の半減期に向けてビットコインをコツコツ積み立てる堅実スタイル
  • 仮想通貨投資は500万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。身を削って蓄えているクリプト情報を発信しています
目次

【仮想通貨MRSTが無料で稼げる】The Marsとは?

The Marsは2021年12月にリリースした、無料で仮想通貨MRST(Mars Token)を稼ぐことができるマイニングアプリです。

プロジェクト名称The Mars(ザ・マーズ)
運営者(CEO)Kevin Chang(https://marslabs.co/
リリース年月2021年12月
仮想通貨名称MRST(Mars Token)
上場取引所OKX(2022年11月に上場)
ネットワークPolygonチェーン(MATIC)
公式サイトhttps://nft.marscompany.co/
公式Twitterhttps://twitter.com/Mars_Labs

仮想通貨を無料でマイニングできるアプリは多く存在していますが、他のアプリは以下のような計画でプロジェクトが進んでいることがほとんどです。

多くの無料マイニングアプリのプロジェクト
  • とにかく世界中に利用者を集めて、通貨を認知させる
  • 自社のECサイト等を作ってモノと交換できる仕組みを用意
  • 少しずつモノを出品する人が現れ、徐々に価値が裏付けられていく
  • 最終的には上場も検討(ここを目指さないプロジェクトもあり)

The Marsは異なっており、地球から火星に移り住み、ドーム型のコロニーに土地や建物をユーザーが所有して、そこで仮想通貨MRSTを通貨にした経済圏を作るというメタバースプロジェクトとなっています。

後半のホワイトペーパー要約&考察でも詳しく記載していますが、以下のように仮想通貨MRSTを消費してメタバースを楽しむことができます。

仮想通貨MRSTの使用用途
  • 土地や建物をMRSTを支払って購入(固定資産税の支払いもMRST)
  • 自分のお店を開いてMRSTを収益として獲得
  • スポーツの大会(ミニゲーム)に参加してMRSTを賞金として獲得
  • コンサートを開催し、入場料としてMRSTを獲得

火星を舞台としたメタバースの世界で現実と近い活動を行うことが出来ることが分かります。

さとう

今はただのマイニングアプリですが、将来的には世界を席巻するメタバースとなる可能性がありますね。

ロードマップについては23年がメタバースのテスト、正式リリースは24年末となっており、かなりの長期計画となっていますが、それだけよく考えらえているビッグプロジェクトとなっています。

ぱんだ

正式リリースまではまだ時間がありそうだから、今はコツコツ仮想通貨MRSTを集めてメタバースの世界で使ってもいいね!

【仮想通貨MRSTを稼げる】The Marsの始め方

下のリンクから自分の端末に合ったアプリをインストールします。

MRST Mining APP

MRST Mining APP

The Mars無料posted withアプリーチ

アプリが起動したら「Sign up」をタップしてアカウントを作成していきます。

アカウントの作成がしたら、早速マイニングを行っていきましょう。

画面真ん中に表示される「Mining Start」をタップすることでマイニングを開始できます。

マイニングをスタートしたら、招待コードを入力します。

画面下のタブから「Enter Referral Code」に招待コードを入力することで、その場ですぐにMRSTを招待報酬として貰うことができます。

さとう

コードがない方は以下のコードをご使用下さい。

The Mars 招待コード:satoudidi

The Marsで仮想通貨MRSTを稼ぐ方法

8時間毎にマイニングを再開させよう

ゲーム開始直後は、車の性能が良くない為、8時間でマイニングがストップしてしまいます。

8時間経過したら再度ゲームを起動して、マイニングを開始させましょう。

ちなみに、稼働時間が長い新しい車はThe Marsのミニゲームをプレイすることで獲得できます。

▶The Marsのミニゲームについてはこちらで解説しています。

マイニング時間を一時的に回復させる方法

残りのマイニング時間が1時間ぐらいで寝る必要が出た場合は、マイニング時間がかなり無駄になってしまいますよね。

そんな時は画面左上の「Recharge」をタップして広告を見ることでマイニング時間を最大まで回復させることができます。

ぱんだ

8時間のマイニングってちょっと短いけど、いつでも回復させることができるのは便利だね!

仮想通貨MRSTのマイニングレートを上げよう

ゲーム開始直後はマイニングレートが低く、効率よくマイニングを行うことができません。

ゲーム画面が左下が時間あたりのMRSTのマイニングレートとなっています。

次に、MRSTのマイニングレートを上げるよう方法について紹介していきます。

マイニングレートの計算式

マイニングレートの計算方法は23年1月移行から変更になるため、23年移行の計算方法について解説していきます。

マイニングレートの計算式

(基本採掘量100%+招待報酬200%+チームボーナス50%+ゲームプレイ50%+マイニングペット)=(最大400%+ペット特有の上昇率)

さとう

最大400%に加え、ペット毎に異なるマイニングレート上昇分があります。

基本採掘量について

ベースとなる仮想通貨MRSTの基本採掘量が何枚となるかは同時にマイニングを行っているユーザーの数で決まります。

同時ユーザー数採掘量/時間採掘量/日採掘量/日(400%)
1,000人未満2MRST48MRST192MRST
5,000人以下1MRST24MRST96MRST
10,000人以下0.5MRST12MRST48MRST
50,000人以下0.25MRST6MRST24MRST
100,000人以下0.125MRST3MRST12MRST
500,000人以下0.06MRST1.44MRST5.76MRST
1,000,000人以下0.03MRST0.72MRST2.88MRST
5,000,000人以下0.015MRST0.36MRST1.44MRST
10,000,000人以下0.0075MRST0.18MRST0.72MRST
20,000,000人以下0.005MRST0.12MRST0.48MRST

2022年12月時点では同時ユーザー数は10万人以下となっており、400%のボーナスを受けることができれば3,000円弱のMRSTをほぼ自動で無料で稼げる計算になります。

招待による上昇ついて

他のユーザーを招待することで、最大200%マイニングレートが上昇します。

招待人数マイニングレート上昇率
1~5人10%/人(最大50%)
6人~10人6%/人(最大30%)
11人~20人3%/人(最大30%)
21人~100人1.125%/人(最大90%)

チームボーナスによる上昇について

The Marsでは他のユーザーが作っている最大6人までのグループに参加することができ、自分以外のメンバーがマイニングを行っていると1人につき10%マイニングレートが上昇します。

さとう

最大50%となっており、1人は予備枠ということなりますね。

ゲーム画面の「Team」をタップし「Join team」で他の方のチームに参加することができます。

参加に人数が多いグループかつ、オンラインになっている人数が多い(緑色の数字)チームに参加するようにしましょう。

他のチームメンバーがオンラインになっていないとチームボーナスが発生しません。

ゲームプレイによる上昇について

画面右上の「Game Start」より、簡単なミニゲームをプレイすることができ、コインを集めていくことで一日のマイニング量の最大50%をボーナスとして受け取ることができます。

コインを100枚集めることで終了となり、1日のマイニング量の25%分をボーナスとして受け取ることができます。

さとう

12時間に1回プレイできるため、1日に2回プレイすることで最大の50%分のボーナスを獲得できる計算ですね。

ゲームの途中で「広告を見ますか?」というポップアップが出ることがありますが、見ると一定時間車が加速し、障害物を無視しできます。

周りのコインも広範囲で引き付けるようになるため、上手く使ってコインを集めましょう。

ゲームプレイ中に赤・青・緑の宝石を獲得すると、ストアでボックスを購入することができ、中には車が入っています。

車によってマイニングを続けることが出来る時間が決まっており、初期の8時間より長い車を選ぶことで1回のマイニング時間を延ばすことができます。

画面左下の車のマークから車を選択することができます。

マイニングペット(NFT)による上昇について

仮想通貨MRST(Mars Token)をマイニングする際、ペットを3体までセットすることができ、ペット1体毎に仮想通貨MRSTのマイニングレートが上昇します。

また、ミニゲームで遊ぶ際のブーストのクールダウン時間を短くする効果もあります。

レアリティレート上昇値/日クールダウン減
レジェンド0.9~1.06秒減
エピック0.8~0.95秒~6秒減
レア0.7~0.84秒~5秒減
アドバンスド0.6~0.73秒~4秒減
スペシャル0.5~0.62秒~3秒減
ノーマル0.4~0.51秒~2秒減

マイニングペットはNFTとなっており、現在以下の3つの方法で入手することができます。

ペットを入手する方法
さとう

卵を購入する場合、マーケットの方がガチャを行うより安いのでお勧めです。

NFTはメタバースの世界で使えるデジタルデータです。

コピーすることができず、本物偽物の区別が付くので価値が保証されるものです。

what-nft
NFT

卵を入手した場合は、公式サイト右上でペットを購入したウォレットを接続し、「REVEAL」を選択することで卵を孵化させることができます。

また、ペットは3体あると合体させて新しいペットにすることができます。

さとう

10%の確率でレジェンダリーが出るようなので、どんどん不要なペットは重ねても良さそうですね。

ペットを入手したらアプリの下のタブから、ペットを購入したウォレットを「WalletConnect」で接続します。

自動でスマホアプリ「メタマスク」のポップアップが表示されるので、画面の指示に従ってThe Marsのアプリと接続します。

接続が終わったら、ゲーム画面の真ん中のUFOのようなアイコンからペットをセットすることができます。

本人確認(KYC)を行ってMRSTを引き出す

無料で仮想通貨をマイニングするアプリでは、複数アカウントで仮想通貨をマイニングして引き出すことを防ぐために、本人確認が必須になっています。

本人確認は保有している仮想通貨MRSTの量によって実施できる時期が異なっています。

2,000MRST以上保有2022年6月1日より
1,000MRST以上保有2022年8月1日より
100MRST以上保有2022年12月1日より
10MRST以上保有2023年3月1日より
さとう

規定のMRSTを獲得できたら、本人確認を行いましょう。

画面右下のセッティングタブより「Know Your Customer(KYC)」から本人確認を行うことができます。

仮想通貨MRSTをステーキングして仮想通貨PBOSを獲得しよう

仮想通貨PBOSは、The Marsのガバナンストークンの役割と、メタバース空間の土地を購入するユーティリティトークンの役割を担っています。

ガバナンストークンとは

ガバナンストークンとは、所有することで組織の意思決定に投票する権利を保証するトークンです。分散型自律組織ではユーザー全体で意思決定が行われ、組織が動いていくことになるので、このトークンが重要な役割を担っています。

2023年以降はメタバースの開発が本格的に行われていくので、さらにThe Marsを楽しみたい方は土地を購入するために是非仮想通貨PBOSを入手しておきましょう。

仮想通貨PBOSは購入するか、仮想通貨MRSTをステーキングすることで仮想通貨PBOSを入手することができます。

仮想通貨MRST ステーキングサイト

ステーキングでは期間を決めてロックすることになり、2022年12月時点では年利400%近いものもあります。

PBOSの入手

メタマスクのウォレットを接続することで利用できます。

MRSTは将来性のある仮想通貨で、メタバースの開発が順調に進めば価格が大きく上昇する可能性があります。

さとう

すぐに売らずにステーキングしてPBOSを稼ぎながら機会を待つのもいいですね。

仮想通貨MRST(Mars Token)の将来性について

次に、仮想通貨MRSTの将来性について考察してみます。

時価総額に基づく仮想通貨MRSTの将来価格の予想

仮想通貨MRSTは最終的に50億枚が供給されることになっています。

2022年12月7日時点の仮想通貨の時価総額ランキングは以下のようになっています。

https://coinmarketcap.com/ja/

仮想通貨MRSTの価格別の時価総額ランキングは次のようなイメージです。

MRSTの価格別時価総額
  • MRST1枚=10円(時価総額500億円、時価総額ランキング82位)
  • MRST1枚=100円(時価総額:5000億円、時価総額ランキング18位)
  • MRST1枚=1000円(時価総額:5兆円、時価総額ランキング6位)
  • MRST1枚=10000円(時価総額:50兆円、時価総額ランキング1位)

The Marsは現在進行中のメタバース企画の中では十分に期待できる内容であり、将来的にメタバースを代表とするプロジェクトとなる可能性が十分にあります。

ビットコインの市場規模を超えてトップに立つのは非現実的ですが、世界に広く知られるメタバースとなれば時価総額18位~6位でMRST1枚100~1000円ぐらいになるのはイメージできる気がしますね。

10円の場合は時価総額8位となり、2022年12月時点では6円程度なので、まだまだ可能性がある仮想通貨であることは間違いないでしょう。

MRST Mining APP

MRST Mining APP

The Mars無料posted withアプリーチ

ゲーム開始後「Enter Referral Code」に招待コードを入力することで、その場ですぐにMRSTを招待報酬として貰うことができます。

さとう

コードがない方は以下のコードをご使用下さい!

The Mars 招待コード:satoudidi

The Mars Miningは怪しい?危険性について解説

さとう

結論から言うと、The Marsは怪しくないです!安心してマイニングを行って問題ありません。

大手仮想通貨取引所OKXに上場している

仮想通貨MRSTは世界の仮想通貨取引所の取引量ランキング第2位となっているOKXに上場しています。

主要な取引所への上場は審査が厳しく、プロジェクトそのものに問題があると上場することができません。

The Marsはプロジェクト内容を公式サイトのホワイトペーパーで詳細に記載しており、外部機関の監査も十分に受けています。

さとう

監査結果も公式サイトで公開しており、透明性が高い信頼できるプロジェクトだと言えます。

運営の身元がはっきりしている

無料で仮想通貨をマイニングできるアプリの中には運営が身元を一切公表していないものが多いですが、The Marsでは公式サイトに各メンバーの経歴や所属が詳細に記載してあります。

https://marslabs.co/

ここまで詳細に公開している中で、詐欺行為を働くことは考えにくいでしょう。

The Marsのプレイ自体はそもそも無料でリスクがない

The Marsのマイニングは無料で行うことができるため、そもそも金銭的なリスクを負う必要はありません。

本人確認を行わないと引き出すことはできないため、個人情報はある程度渡す必要がありますが、パスポートや運転免許証の情報のみなので、大きな影響はないといえます。

しかし、今後はメタバースの開発が進み、仮想通貨MRSTとPBOSを取引所で購入する機会も増えてくるので、その点は下落リスクをよく考えて投資を行うようにしましょう。

広告収入を得ており、ビジネスモデルとして成立している

そもそもなんで無料でお金を稼ぐことができるの?それが一番怪しくない?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、The Marsのプレイには広告視聴を行う必要がある場面が多く、運営はかなり多くの広告収入を得ていることが想定されます。

さとう

広告収入の一部がユーザーに還元されていると考えれば、無料で仮想通貨が稼げている理由も納得できますね。

The Mars ホワイトペーパーの要約と考察

次に、The Marsのホワイトペーパーの要約と考察を行っていきます。

▶原文はこちらから確認することができます。

メタバースの世界観

地球から火星に移り住み、ドーム型のコロニーに土地や建物をユーザーが所有して、様々なアクティビティを楽しむというのが前提となる世界観の様です。

世界観については異常に詳しく書かれており、主に以下について長々と記載されています。

世界観の設定
  • 地球の環境問題など、火星への移住に至る背景
  • 火星の天体としての特徴(水・大気・紫外線・重量等)
  • 火星での行政・経済・文化・教育について

無料の仮想通貨マイニングアプリについては怪しいプロジェクトが多く、背景設定をまともに作り込んでいるものはほとんどないため、The Marsは個人的にとても好印象です。

さとう

天体としての火星についての情報が大真面目に書かれている点も素晴らしいです笑

行政・経済・文化・教育についてはユーザーにも関係する内容が記載されています。

ぱんだ

すごい作り込まれているね!これは期待できそう・・・

The Marsの行政について

火星での主要な意思決定は、ユーザー間の投票で行われることになっており、仮想通貨PBOSを保有していれば誰でも投票に参加することができると記載されています。

こういった仕組みを導入して運営されている組織を分散型自律組織(DAO)と呼びます。

what-dao
DAOの特徴

Web3.0時代のメタバースはユーザー間で完結するバーチャルワールドなので、運営がなるべく関与しないDAO形式を取ることが多いですね。

The Marsの経済について

The Marsの経済は仮想通貨MRST(Mars Token)によって回るといった内容が記載されています。

The Marsのメタバース空間の中で仮想通貨MRSTを使って、ゲーム内で使えるモノを購入したり、ゲーム内のスポーツといったアクティビティに参加して仮想通貨MRSTを稼ぐことができます。

The Marsの文化について

The Marsのメタバース空間で営まれることになる文化について記載されており、仮想通貨MRSTを稼ぐためのアクティビティと関連する内容です。

バスケットボール・レース・サッカー等があるようです。

The Marsの教育について

あくまでもバーチャルのメタバースに過ぎませんが、何故か教育について大真面目に記載されていますが、設定上の話でThe Marsのプレイには一切関係がなさそうなので割愛します笑

仮想通貨MRST(Mars Token)の供給について

仮想通貨MRSTの総流通枚数やその使用割合の詳細について細かく記載されています。

The Marsのメインの仮想通貨となっており、2023年に予定されているメタバース空間でゲーム内アイテムを購入したり、アクティビティに参加して稼いだりできます。

仮想通貨MRSTは、取引所OKXに既に上場しており、他の通貨に交換することもでき、最終的に日本円に交換することも可能です。           

仮想通貨MRST(Mars Token)の総供給枚数は50億枚となっており、最終的には以下の割合で供給されることになるようです。

エコシステム20%
開発資金20%
開発パートナー資金20%
プライベートセール8%
パブリックセール4%
開発チームのインセンティブ20%
その他マーケティング等8%

仮想通貨PBOS(Phobos Token)の供給について

仮想通貨PBOSは、The Marsのガバナンストークンの役割と、メタバース空間の土地を購入するユーティリティトークンの役割を担っています。

ガバナンストークン

ガバナンストークンとは、所有することで組織の意思決定に投票する権利を保証するトークンです。分散型自律組織ではユーザー全体で意思決定が行われ、組織が動いていくことになるので、このトークンが重要な役割を担っています。

仮想通貨PBOSはざっくり以下のような形で供給されるようです。

LPプールへの提供&ステーキング報酬90%
開発チームへの割り当て10%

仮想通貨MRSTの使用方法について

The Marsのメタバース空間内で、MRSTがどのように使用されるかが長々と記載されていますが、面白そうな使用方法は以下です。

MRSTの消費方法について
  • コンサートの開催
  • メタバース空間内での広告掲載
  • メタバース空間内の建物をオンライン勤務先として利用
  • 土地と建物の固定資産税
  • ハラスメントや誹謗中傷に対するペナルティ…etc
さとう

これはほんの一部で、現実の世界と同様に様々な使い道があります。

固定資産税の利率やペナルティの利率等も詳細に決められており、やはりロードマップ上は非常によく練られていることが分かります。

現実世界と可能な限り近い設定でThe Marsの世界を構築しようとしている運営の意図が見えますね。

監査結果について

法律事務所の監査結果とプロジェクトの監査結果がホワイトペーパー上で公開されています。

監査結果については一般的な内容といえ、仮想通貨MRSTが株のように証券法の規制を受ける性質のものでないかどうか等が監査されています。

仮想通貨が証券法の規制を受けるかどうかは長く議論されていますが、有価証券であると見なされた事例はなく、MRSTが他の通貨とは違って特別な運用をされている訳ではないので、特に問題はなさそうです。

さとう

他の無料仮想通貨マイニングアプリでここまでご丁寧に監査結果について公開しているものは多くありません。

2022年12月時点ではThe Marsは他の無料マイニングアプリに先駆けて大手の取引所であるOKXに上場することに成功しており、質の高いプロジェクトであることが伺えますね。

マイニングアプリ自体の人気が何故か他のアプリと比べてありませんが、他のアプリは決済手段の代用を目指している一方、The Marsはメタバースとしてエンタメ提供を主としているため、大衆に受け入れられずらい側面はあると思っています。

今後のThe Marsのロードマップについて

The Marsはこれまでロードマップ通りに進捗している有望なプロジェクトです。

2022年11月には大手仮想通貨取引所OKXに仮想通貨MRSTが上場し、これまで無料でマイニングし続けていた方はかなりの金額を稼ぐことができたのではないでしょうか。

2023年は主にメタバースのテスト開発が中心となっています。

まだまだメタバースの正式リリースまでは時間があるため、今のうちに仮想通貨MRSTをコツコツマイニングしておきたいですね。

2022.4Q(10月~12月)のロードマップ
  • MRST 仮想通貨取引所上場
  • MRST ステーキング開始(PBOSトークンが報酬に)
  • 土地購入チケットの入金開始(PBOSトークンで購入)
2023年のロードマップ
  • 1Q:火星メタバース早期アクセス1
  • 2Q:火星メタバースαテスト1
  • 3Q:火星メタバースαテスト2
  • 4Q:火星メタバースαテスト3
2024年のロードマップ
  • 1Q:火星メタバース早期アクセス2
  • 2Q:火星メタバースクローズβテスト
  • 3Q:火星メタバースオープンβテスト
  • 4Q:火星メタバースサービス開始
MRST Mining APP

MRST Mining APP

The Mars無料posted withアプリーチ

ゲーム開始後「Enter Referral Code」に招待コードを入力することで、その場ですぐにMRSTを招待報酬として貰うことができます。

さとう

コードがない方は以下のコードをご使用下さい!

The Mars 招待コード:satoudidi

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次