【3/31まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

【方法あり】DMMビットコインで出金できない/アドレスを登録できない時の対策

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること
  • DMMBitcoinで出金できない事例と解決法
  • 出金アドレスを登録できない時の対策
  • DMMBitcoinの出金が遅い5つの理由
  • 1000円口座開設ボーナスの出金方法
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士ワシントン州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 現在は強気相場が予想される2024年の半減期に向けてビットコイン&アルトコインを仕込み中
  • 仮想通貨投資は500万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信しています
  • 詳しい運営者情報はこちら

本記事を最後まで読むことで、DMMビットコインの出金に関するトラブルを全て解決することができます。

下のツールを利用することで、トラベルルール対応後の国内取引所から海外取引所への送金状況と、送金できないときの解決方法を簡単に調べることができます。

さとう

送金元の国内取引所と送金先の海外取引所をリストから選択し、確認を実行すると送金可否が表示されます。

送金可否確認ツール

簡単!送金状況の確認ツール(by ぱんだくりぷと)

紹介コード「63694」で特典を受け取れる

・特徴①:完全日本語対応

・特徴②:国内未上場の仮想通貨を取引可能

・特徴③:追証なしのレバレッジ取引が可能

・特徴④:初心者にも使いやすい

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の購入方法はこちら

今だけ登録&入金で6000円相当の特典がもらえる

🐼 公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP/

お得な紹介コード:63694

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

DMMビットコインは海外には出金できない

DMMビットコインの海外取引所への出金制限とその対策方法について解説していきます。

DMMビットコインは海外出金を禁止

結論、DMMビットコインから海外の仮想通貨取引所に仮想通貨は一切出金できません。

下のメールは、私がDMM Bitcoinのカスタマーサポートに、海外取引所に出金できない理由を聞いたときに頂いた回答です。

DMMビットコインへの問い合わせ結果

上の回答は2022年8月13日に頂いたものですが、本記事を更新時点でも、海外取引所に一切出金できないという対応に変化はありません。

海外取引所に出金できない理由としては「日本国内において金融庁に未登録ながら日本語で勧誘を起こっている業者だから」です。

こちらの金融庁公式サイトから、最新の暗号資産交換業者登録一覧を確認できます。

金融庁の暗号資産交換業者登録一覧

日本で暗号資産交換業者として登録するためには、以下のような資金決済法が定める要件を満たす必要があります。

  • 顧客資産の分別管理
  • 金融庁への定期報告
  • 適切な資本基準
  • リスク管理の徹底
  • 広告・表示に関するルール

しかし、海外仮想通貨取引所がこれに準拠することは難しいです。

そもそも日本に事業所を持たない海外取引所の場合、日本の規制当局との適切なコミュニケーションを取ることが難しく、金融庁が監督を行えません。

また、例えば日本の資金決済法では、利用者保護の観点で「顧客資産の分別管理」を定めていますが、海外仮想通貨取引所とは顧客資産の保証の仕方が異なることがあります。

暗号資産交換業者は、その行う暗号資産交換業に関して、暗号資産交換業の利用者の金銭を、自己の金銭と分別して管理し、内閣府令で定めるところにより、信託会社等に信託しなければならない。

資金決済法「第六十三条の十一 利用者財産の管理」より

国内仮想通貨取引所では、私たちが預けた資産は取引所の資産とは分別して信託会社に信託され、破産時でも返還が優先されるようになっています。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

しかし、海外仮想取引所では分別管理が適切に行われていないケースも多く、日本の法制度に適用することは難しい現状があります。

ぱんだ

海外取引所に一切出金できないのはちょっと不便だね・・・

そもそも出金先アドレスを登録できない

DMMビットコインは海外の仮想通貨取引所への出金を禁止していることから、海外取引所宛の出金アドレスを登録できなくなっています。

登録しようとすると「ご指定のアドレスは登録できません」と画面上に表示されてしまいます。

dmmbitcoin-cannot-set-withdrawal-address
さとう

色々な海外仮想通貨取引所で登録できないか試してみましたが、登録できませんでした。

出金制限がない国内取引所を利用しよう

結論、海外の仮想通貨取引所に出金したい場合は、出金制限がない国内取引所を利用しましょう。

2023年6月1日に仮想通貨の入出金に関する法が改正されてしまい、DMMビットコイン以外の国内取引所も徐々に海外取引所への出金制限が厳しくなっています。

本記事を更新している2023年10月8日時点で、主要な海外取引所への出金制限がない国内取引所は、次の3箇所です。

各取引所の送金制限先の詳細なリストはこちら

おすすめは、国内取引所ビットバンクから仮想通貨を出金する方法です。

公式サイト:https://bitbank.cc/

ビットバンクは送金できない海外取引所を公表していますが、主に日本人が利用する海外取引所は含まれていません。

ビットバンク公表 出金できない海外取引所リスト
  • Bithumb
  • UPbit
  • Korbit
  • ProBit
  • CoinOne
  • GOPAX
  • Kraken
  • Coinbase
  • Binance.us
  • CoinList
  • Gemini
  • Bitstamp.net US
  • Luno
  • Independent Reserve.
  • Crypto.com
  • B2C2.com
  • LMAX Digital
  • HTX.com Gibraltar
  • OSL.com
  • BlockFi.com
  • Bitfinex.com Bahamas
  • OKX.com Bahamas
  • Bitfinex.com Bahamas

また、出金用の仮想通貨リップル(XRP)を取引手数料0.12%の格安の手数料で購入でき、リップルの海外取引所への出金手数料が0.15XRP(数円)と安く済みます。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く)

ビットバンクの口コミ

スマホやパソコンから24時間使用できるので便利でした。アルトコインを安く取引できるのが魅力で使い始めたのですが、他の会社より手数料がかなり安くて良かったです。1円未満から取引できるのも嬉しいです。トレードの画像はシンプルだけど、知りたい情報はしっかりのっていて取引しやすかったです。セキュリティもしっかりしていて、安心して使用しています。

参照:みん評

取引開始にあたって、認証や入金確認の早さも魅力の一つでした。取引所によっては、必要書類は全て提出しても確認作業に半月ほど時間が掛かったり、不明な理由で断られることもあります。また、私の利用していた限りでは、サーバーがダウンしたり重くなって取引が不能に陥ったことはありません。

参照:みん評
ビットバンクの口コミ
  • 口座開設や入金確認が早い
  • 取引手数料が安い
  • セキュリティがしっかりしている

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト
3月】bitbank口座開設特典の受取方法
ビットバンクの特典受け取り手順
キャンペーンにエントリーするまでの流れ

送金までにかかる手数料をなるべく安く抑えたいので、私はビットバンクを使っています。

取引所かんたん手数料比較
XRP購入XRP送金評価
CoinCheck約5.0%0.15XRP
bitbank0.12%
(Taker)
0.15XRP
BitTrade0.15%0.1XRP
CoincheckはXRP購入でスプレッドが発生するので注意
さとう

入出金の法改正に関する詳細は、下の記事で解説しています。

DMMビットコインは国内2社に出金できない

DMMビットコインの他の国内取引所への出金制限とその対策方法について解説していきます。

トラベルルールにより出金制限が発生

結論、DMMビットコインは2023年6月1日のトラベルルールに伴う法改正により、コインチェックとビットフライヤーの2社には仮想通貨を出金できなくなりました。

出金できる出金できない
GMOコイン
ビットバンク
ビットトレード
ビットポイント
コインチェック
ビットフライヤー
DMMビットコインの国内取引所への出金状況

トラベルルールとは、マネーロンダリング等の対策を目的として取り決められている、仮想通貨の入出金に関する国際的な取り決めのことです。

トラベルルールに遵守するためには、入出金を行う取引所間で、同じ情報受け渡しプラットフォームを採用している必要があります。

DMMビットコインはSygna Bridge(シグナ・ブリッジ)と呼ばれる情報通知プラットフォームを導入しているため、同じSygna Bridgeを採用している国内取引所にしか出金できません。

さとう

各社の情報通知プラットフォームの導入状況は、次の通りです。

Sygna BridgeTRUST
GMOコイン
ビットバンク
ビットトレード
ビットポイント
コインチェック
ビットフライヤー
国内取引所各社の情報通知プラットフォーム導入状況

DMMビットコインでは、出金先アドレスの登録のときに「出金先取引所」を一覧から選ぶ必要がありますが、コインチェックとビットフライヤーが選択肢にないので、宛先を作れません

トラベルルールにより出金制限が発生
ぱんだ

DMMビットコインの中にある資金をどうしてもコインチェックやビットフライヤーに移したい場合はどうすればいいの?

日本円で銀行に戻すのも検討しよう

DMMビットコインの中にある資金をどうしてもコインチェックやビットフライヤーに持っていきたい場合は、一度日本円で銀行に戻すのも1つの手です。

withdraw-from-dmmbitcoin-to-coincheck

DMMビットコインは、国内取引所の中では珍しく、日本円を銀行に出金するときに手数料が掛かりません。

さとう

そして、銀行からコインチェック・ビットフライヤーに日本円を入金するという手段を取れます。

ただし、DMMビットコインは仮想通貨の取引手数料(スプレッド)が高いため、仮想通貨としてDMMビットコインに資金がある場合、高い手数料を払って日本円に戻す必要があるのが難点です。

DMMビットコインは約3%の手数料(スプレッド)が、仮想通貨を売るときに発生してしまいます。

ぱんだ

資金を移すだけで手数料3%はちょっときついね・・・

この場合、次に紹介する他のSygna Bridgeを経由する国内取引所や海外取引所を経由することで、手数料をずっと抑えてコインチェックやビットフライヤーに出金できます。

bitbankとBybitを経由するのもあり

仮想通貨リップルを使うことで、DMMビットコインからコインチェックとビットフライヤーに安く資金を移すことができます。

withdraw-from-dmmbitcoin-to-bitflyer

コインチェックやビットフライヤーは海外取引所からの入金に問題なく対応しているため、海外取引所に出金できるビットバンク(bitbank)にDMMビットコインから仮想通貨リップルを移します。

そして、海外取引所から仮想通貨リップルでコインチェックやビットフライヤーに資金を移せば良い訳です。

仮想通貨リップル(XRP)とは?
what-is-xrp

一見、取引回数が多くて手数料がたくさん掛かっているように見えますが、リップルの出金手数料はビットバンクで0.15XRP、バイビットで0.25XRPしか掛からないので、数円~数十円レベルです。

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

DMMBitcoinの出金最低金額で出金できない

DMMビットコインは、仮想通貨毎に出金最低金額が決まっており、この下限を下回っているため仮想通貨を出金できない可能性があります。

DMMビットコインで出金可能な仮想通貨は次の3種類で、それぞれ次の表のように出金最低金額が決まっています。

BTCETHXRP
最低数量0.02BTC/1日1回0.1ETH/1日1回50XRP/1日1回
最高数量10BTC/1日1回200ETH/1日1回20万XRP/1日1回
手数料無料無料無料
※ただし、全額出金のとき最低数量に制限はなし

注意点として、各仮想通貨を全額まとめて出金する場合に限り、上の表の最低数量の制限はなくなる仕組みになっています。

例えば、ビットコインがウォレット口座に0.01BTCある状態で、0.01BTC全額を出金する場合、下限の0.02BTCを下回っていても出金することができます。

DMMBitcoinのクイック入金は出金できない

DMMビットコインで、対象の銀行から振込ではなくクイック入金を利用して日本円の入金を行うと、不正利用防止のため、仮想通貨の出金が一部制限される仕組みになっています。

  • 対象の銀行:みずほ銀行
  • 対象の入金方法:クイック入金
  • 出金制限内容:出金可能額=ウォレット口座資産-クイック入金額
  • 出金制限期間:5営業日

例えば、500万円分の資産がすでにDMMビットコインのウォレット口座にある状態で、100万円をみずほ銀行からクイック入金で入金した場合、出金可能額は差額の400万円になります。

さとう

みずほ銀行を利用している方は注意しましょう!

DMMビットコインの出金方法(Sygna限定)

DMMビットコインは、同じ情報通知プラットフォームSygna Bridg(シグナ・ブリッジ)を採用している国内取引所に限り、仮想通貨を出金できます。

Sygna BridgeTRUST
GMOコイン
ビットバンク
ビットトレード
ビットポイント
コインチェック
ビットフライヤー
国内取引所各社の情報通知プラットフォーム導入状況
さとう

本記事では、DMMビットコインからビットバンクに仮想通貨リップルを出金する例をご紹介します。

下のボックスを開くと、詳細な手順が表示されます。

DMMビットコインからビットバンクにXRPを出金する手順
STEP

ビットバンク側で入金アドレスを確認

ビットバンクアプリを開いて、下タブ「メニュー」より「入金」を選びます。

DMMビットコインかからビットバンクにXRPを出金する方法

入金する仮想通貨でXRP(リップル)を選んだら、宛先タグとアドレスを両方コピーします。(取引所間の出金には、宛先タグが必須)

STEP

DMMビットコインで出金アドレス作成

DMMビットコインアプリを開いて、ホーム画面「入出金」より「リップル出金」を選びます。

出金アドレスの「追加」をタップします。出金アドレスとタグをビットコインから貼り付けましょう。(ニックネームはなんでも大丈夫です)

出金先取引所は、一覧から「bitbank, inc.」を選びます。

STEP

作成したアドレス宛にXRPを出金

アドレスを作成できたら、作成したアドレスを選択して、出金枚数・出金目的等を設定して、出金を実行しましょう。

DMMビットコインの出金が遅い理由と対策

DMMビットコインで出金が遅い理由として、主に次の5つが考えられます。

①仮想通貨自体の処理能力が低い

DMMビットコインで出金が遅い1つ目の理由は、処理能力が低い仮想通貨を出金しようとしているからです。

DMMビットコインでは、次の3つの仮想通貨を出金できますが、それぞれ異なるネットワーク(ブロックチェーン)を利用して出金することになり、処理能力がそれぞれ異なります。

出金できる仮想通貨処理能力
ビットコイン(BTC)低い
イーサリアム(ETH)普通
リップル(XRP)高い

結論、リップル以外はそもそものブロックチェーンの処理能力が高くないため、リップルで出金しましょう。

例えば、ビットコインはブロックチェーンの承認の仕組みで「プルーフオブワーク(Proof of Work)」を採用していますが、これは承認に時間が掛かります。

かんたん解説!プルーフオブワークとは?

プルーフオブワークでは、コンピューターに複雑な計算作業をたくさんさせないと、取引を承認できません。

他の承認ルール(コンセンサスアルゴリズム)と比べると、どうしても時間がかかりやすいです。

proof-of-work-calculation

仮想通貨リップルの場合、中央集権的な仕組みで効率良く承認を行っていきます。

仮想通貨XRPは送金特化の仮想通貨

1500件/秒のスピードで取引を処理でき、消費する電力も少ないです。

②出金取引所側で出金内容の審査がある

DMMビットコインで出金が遅い2つ目の理由は、DMMビットコイン側で出金内容のチェックを行っているからです。

一般的に、仮想通貨取引所では出金内容に問題がない常にチェックを行っています。

  • 大量の資金移動
  • 頻繁な仮想通貨の出金
  • 普段とは異なる地域からの出金
  • AI等で導いた怪しいパターン…etc
さとう

資産の安全性を確保するためなので、こちらは我慢しましょう。

③入金取引所側での確認回数の設定

DMMビットコインで出金が遅い2つ目の理由は、入金取引所側ですぐに仮想通貨を着金させない設定していることが多いからです。

DMMビットコインの出金時間は、出金先の取引所によっても異なります。

これは、すぐにブロックチェーン上の出金承認をアカウントに反映させると、後でブロックチェーン上の承認結果が覆ったとき、損失を入金取引所側で負担する必要があるからです。

仮想通貨の出金時間は出金先によって変わる

ブロックチェーンで承認されてすぐに着金を反映させて、仮にその承認結果が無効になった場合、取引所側は信頼性やサービスの質を維持するために、その入金分を利用者に補填する必要があります。

出金取引の承認結果が覆る確率は、承認されたブロックの数が増えれば増えるほど小さくなるので、各取引所ごとに決められたブロック数分、入金を反映させるのを遅らせる訳です。

例えばDMMビットコインは、ビットコインの入金時に6ブロック分の確認をする設定にしています。

ビットコインの1ブロックあたりの承認時間は約10分と決まっているため、DMMビットコインにビットコインを出金すると、最低でも60分は掛かるということになります。

これが各取引所毎に定められています。

出金先の仮想通貨取引所の入金アドレス確認画面に、この確認回数は記載されていることが多いです。

さとう

この辺りの詳しい仕組みは、下の記事で解説しています!

④出金取引所側でまとめて処理している

DMMビットコインで出金が遅い4つ目の理由は、出金取引所側で複数の利用者の出金申請を1つの取引として、まとめてブロックチェーンに送信することがあるからです。

仮想通貨取引所は、一般的に1件1件の出金リクエストに対して個別にブロックチェーン上に送信するのではなく、まとめて「バッチ処理」を行うことがあります。

DMMビットコインのバッチ処理に関する具体的な記述はありません。

しかし、DMMビットコインは出金手数料を無料にしていることもあり、まとめて節約したいという会社としての戦略もあるはずです。

さとう

出金時間が遅れる1つの要因にはなっているといえるでしょう。

⑤ネットワークが混雑している

DMMビットコインで出金が遅い5つ目の理由は、ネットワークがなんらかの理由で混雑していたり、障害が起きているからです。

ブロックチェーンはその仕組み上、時間あたりに処理できる取引の数が決まっています。

取引量が増えるとガス代(手数料)がどんどん吊り上がる仕組みになっているため、取引量が減っていきますが、それでも処理しきれないことがあります。

イーサリアムやビットコインは一時期NFTの需要により、ガス代が高くなったり、ネットワークが混雑したりすることがありました。

さとう

あまりにも遅いときは、SNS等でネットワークの混雑状況を確認してみると良いかもしれません。

DMMビットコインの1000円ボーナスの出金

結論、DMMビットコインの口座開設ボーナス1000円を出金するためには、口座開設後30日間待つ必要があります。

さとう

以下、DMMビットコイン公式サイト記載の引用です。

本キャンペーンにて受け取った1,000円につきましては、口座開設後、30日間、ウォレット口座への振替・出金を制限させていただきます。

新規口座開設完了で、全員にもれなく”即時”1,000円プレゼント!

このように、DMMビットコインの口座開設ボーナス1000円は30日間出金することができません。

最初ボーナスの1000円はトレード口座と呼ばれる、仮想通貨のトレード専用の口座に入金されます。

ここに入っている仮想通貨は引き出すことができないため、ウォレット口座と呼ばれる引き出し可能な口座に振り替えてくる必要があるのですが、これができるようになるが30日間とのことです。

さとう

トレード口座で利益を出すことができた分はすぐに引き出せるので、そのままボーナス分で仮想通貨投資に挑戦しても良いですね。

1000円ボーナスが受け取れるキャンペーン期間は、2023年10月1日(日)7時00分~2024年3月1日(金)6時59分となっております。

DMMビットコイン 公式サイトより

DMMビットコインで日本円を出金する方法

DMMビットコインで日本円を銀行口座に出金する方法を紹介します。

DMMビットコインの日本円の出金に関する概要は、次の通りです。

概要DMMビットコイン出金
受付時間24時間365日時点
手数料無料
最低金額2000円/1日1回
最高金額1億円未満/1日1回
所要時間依頼翌営業日起算で3営業日
さとう

下のボックスを開くと、DMMビットコインから日本円を出金する手順を確認できます。

詳細手順

出金する日本円はトレード口座ではなく、ウォレット口座に移す必要があるので、まずは振替を行いましょう。

DMMビットコインアプリのホーム画面「入出金」をタップして「口座振替」に進みます。

「ドレードかからウォレットへ」で設定して、振替を実行します。

DMMビットコインの日本円の出金方法

振替できたら「日本円出金」に進みます。

出金先の口座を登録していない方は「こちら」より登録しておきます。

出金口座を設定できたら、出金額を入れて出金を実行しましょう。

海外取引所からDMMビットコインに出金できない場合の対策

DMMビットコインは海外取引所への出金は禁止していますが、逆の海外取引所からDMMビットコインへの出金に関しては特に制限されていません。

海外取引所からDMMビットコインに出金できない時は、入金元情報の入力を行っていないことが原因として考えられます。

さとう

DMMビットコインは、海外取引所からの入金に入金元情報の登録が必須になっています。

下の記事で入金元情報の登録方法は詳しく解説しています。

まとめ:出金制限がない国内取引所を使おう

本記事では、DMMビットコインで仮想通貨を出金できないケースとその解決方法について、具体的にご紹介してきました。

DMMビットコインでは、次の4つのケースで仮想通貨の出金が制限されることがあります。

DMMビットコインのトラベルルール
DMMビットコイン 出金状況

海外取引所に出金したい場合は、出金制限がないDMMビットコイン以外の国内取引所を使いましょう。

本記事を更新時点で、主要な海外取引所への出金制限がない国内取引所は、次の3箇所です。

おすすめは、国内取引所ビットバンクから仮想通貨を出金する方法です。

出金用の仮想通貨リップル(XRP)を取引手数料0.12%の格安の手数料で購入でき、リップルの海外取引所への出金手数料が0.15XRPと安価になっているからです。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く)

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト
3月】bitbank口座開設特典の受取方法
ビットバンクの特典受け取り手順
キャンペーンにエントリーするまでの流れ
さとう

ビットバンクを使えば、出金制限をまったく気にする必要なく、ほぼ無料で海外取引所に簡単に出金できます。

【3月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円特典リンクから
口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設
(1,500円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次