【7/31〆】Bybit×ぱんだくりぷと公式コラボ開催中!詳細はこちら!

【将来性あり】仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)とは?買い方を解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること

  • 仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)の将来性
  • LOLLIPOPのNFTマーケット統合計画とは
  • LOLLIPOPのこれまでの活動実績
  • 仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)の買い方
  • 仮想通貨LOLLPOPのステーキング方法
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士WA州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 仮想通貨投資は1000万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信中!
  • 詳しい運営者情報はこちら

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)とはLOLLIPOPプロジェクトで使用できるBNB Smart Chainのトークンです。

仮想通貨LPOPは次の5つの理由から将来性があり、注目を集めています。

LOLLIPOPプロジェクトはNFTマーケットの統合を計画しており、NFT環境が一変する可能性があります。

ロリポップが描く未来

これが実現すれば、仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)の需要は大きく高まるでしょう。

また、BreakingDown(ブレイキングダウン)のスポンサーになっている等、一般ユーザーへの訴求を積極的に行っている点もこのプロジェクトの特徴です。

この記事を読むと仮想通貨LOLLIPOPが期待されている理由と仮想通貨LOLLIPOPの購入方法が分かります。

さとう

後半では購入したLPOPを高利率で運用して増やす方法についても解説しているので、是非最後までご覧下さい。

本記事の参考文献・参考サイト

本記事は以下を参照して作成しています。

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)の買い方

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)は以下の手順で購入できます。

①bitbankでXRPを購入してBybitに送金

仮想通貨LPOPは公式サイト上の分散型取引所でステーブルコインUSDTを使ってスワップ(交換)できます。

他の仮想通貨のスワップには対応していないので注意しましょう。

また、仮想通貨LPOPはBNB Smart Chainと呼ばれるブロックチェーン上の仮想通貨で、スワップ取引の承認にはバイナンスコイン(BNB)と呼ばれる仮想通貨がガス代として必要です。

さとう

スワップ取引1回で発生するBNBの手数料は数十円程度なので、100円程度用意すれば十分です。

仮想通貨LPOP購入に必要な仮想通貨
  • USDT(LOLLIPOP自体の購入に必要)
  • BNB(ガス代の支払いに必要)

この2つの仮想通貨は、海外取引所Bybit(バイビット)で購入できるので、まずは国内取引所から仮想通貨でBybitに入金しましょう。

おすすめは、国内取引所ビットバンクから仮想通貨を入金する方法です。

送金に優れたの仮想通貨リップル(XRP)を取引手数料0.12%の格安の手数料で購入でき、リップルのBybitへの送金手数料が0.15XRPと安価になっているからです。

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト
さとう

ビットバンクでリップルを購入する方法、リップルをBybitに送金する詳しい手順は、下のボックスを開くと確認できます。

ビットバンクでリップルを購入する方法

XRP(リップル)以外の仮想通貨をビットバンクに送金してきた場合や、まだ仮想通貨をビットバンクに用意していない方は、送金用の仮想通貨リップルを購入しましょう。

仮想通貨XRP(リップルとは?)
what-is-xrp

ビットバンクアプリの下タブ「取引所」からXRP/JPYを選びます。(販売所で買うと手数料が3%~6%掛かるため、0.12%で買える取引所がおすすめ)

さとう

これでリップルの用意は完了です。

ビットバンクからリップルを送金する方法

ビットバンクからBybitにリップル(XRP)を送金していきましょう。

Bybitアプリを開いて、XRP(リップル)の入金先のアドレスを確認します。

次に、ビットバンクのスマホアプリからBybitにXRPを送金しましょう。

②BybitでBNBとUSDTを購入する

BybitにXRP(リップル)を送金できたら、XRPを使ってBNBとUSDTを購入しましょう。

BybitでBNBとUSDTを購入する方法

現物タブより「XRP/USDT」を選択します。

注文方法は「成行」を選択しましょう。安価な売り注文と自動的に取引できます。

これでXRPを売ってUSDTを入手できました。

今度はUSDTの一部をガス代BNBに交換しにいきます。

さとう

同じ要領で仮想通貨BNBを検索し、USDTを使って今度はBNBを購入しましょう。

USDTはそのままLPOPの購入に使います。BNBはガス代(手数料)の支払いに使われ、BNB Smart Chainでは一回の取引で数十円程度発生します。

手数料のBNBは少量の用意で問題ありません。

現在のLPOP価格(USDT建)はこちらから確認できます。(Dexscreener)

③BNBとUSDTをメタマスクに送金する

BNBとUSDTはメタマスクと呼ばれる仮想通貨専用の財布に保管し、それをLOLLIPOPのサイトに接続することでLPOPが購入できるようになります。

メタマスクのインストール方法はこちらで解説しています。

Bybitからメタマスクに仮想通貨を送金する方法はこちらで解説しています。

④公式サイトでUSDTをLPOPにスワップ

さとう

メタマスクにBNBとUSDTが用意できたら、早速仮想通貨をLPOPを購入しましょう!

ここからLOLLIPOP公式サイトのスワップ画面にアクセスできます。

まず画面右上からメタマスクをLPOPに接続しましょう。

接続したらスワップタブを開き、スワップ元をUSDT、スワップ先をLPOPに設定します。

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)の買い方

スワップ前に「Approve USDT」を選択し、USDTの使用を承認します。

承認できたらスワップする枚数を入力して「Swap」を選択します。

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)の買い方

ガス代の支払い画面が表示されるので、ガス代を支払ったらスワップ完了です。

さとう

BNB Smart Chainは取引処理能力が高いブロックチェーンなので、数十秒でスワップが承認されます!

補足:Price Impactで交換できない時

2023年3月25日時点では、LOLLIPOPの分散型取引所で以下のような取引は「Price Impact Too High」と表示されてスワップができないので注意しましょう。

  • USDTとLPOPを数百万円以上の大きな金額でスワップ
  • BNBとUSDT等、USDT⇔LPOP以外の組み合わせのスワップ
仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)のプライスインパクト
さとう

以下プライスインパクトの仕組みについて簡単にご紹介するので、気になる方は是非ご覧ください!

分散型取引所は「流動性プール」と呼ばれる場所に運営や投資家が仮想通貨を持ち寄って運営されています。

what-is-dex

分散型取引所で表示されている仮想通貨の価格は、流動性プール内の仮想通貨の枚数の単純な割り算で決まっています。

以下のような流動性プールがあった場合、LOLLIPOP1枚の価格は1USDTになります。

  • LOLLIPOP=1000枚
  • USDT=1000枚

∴1000USDT/1000LOLLIPOP=1USDT/LOLLIPOP

仮想通貨がスワップされるとき、流動性プール内のそれぞれの仮想通貨の枚数(USDT=x,LOLLIPOP=y)は以下の式で変動する仕組みが導入されています。

xy=1,000,000(右辺は流動性プールのペアの掛け算、上の例の場合100万)

USDTを100枚スワップすると、xは1100になるのでyの枚数は約909枚になります。

1000枚から減った91枚分があなた受け取れる仮想通貨LPOPの枚数です。

さとう

100枚分のUSDTをスワップしたのに、100枚分のLPOPを受け取れていませんね。この減少分の9枚がPrice Impact(プライスインパクト)です。

流動性プールが枯渇しないためにこのような仕組みが導入されており、Constant Product AMMと呼ばれます。

流動性プールの枚数に対してあまりにも大きい枚数でスワップすると、文字通りあなたの取引による価格の影響(プライスインパクト)が大きいため、取引させない仕組みです。

さとう

気付かずに非効率な枚数でスワップしないで済むので安心ですね!

2023年3月25日時点では利用者が流動性プールを提供できないため、プールに仮想通貨が十分供給されていません。

またUSDTとLPOP以外の流動性プールは準備されていません。

今後のプロジェクトの進捗に期待しましょう。

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)とは

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)とはLOLLIPOPプロジェクトから発行されたBNB Smart Chainのトークンです。

2023年3月25日時点では主要取引所には上場しておらず、公式サイト上の分散型取引所でUSDTをLOLLIPOP(LPOP)にスワップすることで購入できます。

トークンシンボルLPOP
発行チェーンBNB Smart Chain
トークンアドレス0xEA96DAA186C1fa0A709929822867Ec176Af8bafF
取引可能場所公式サイト上の分散型取引所
上場日付2022年3月22日
上場価格1ドル(USDT建)

現在の価格(USDT建)はこちらから確認できます。(Dexscreener)

価格情報を取得できるようになったのが2023年2月17日からなので、それ以前は表示されていません。

LOLLIPOP(ロリポップ)の特徴とは

仮想通貨LPOPを発行しているLOLLIPOPプロジェクトは次の3つの特徴があります。

特徴①:NFTマーケットの統合を計画

LOLLIPOPは複数存在しているNFTマーケットをLOLLIPOP1つへ統合することを計画しています。

様々なNFTマーケットのNFTが全てLOLLIPOPのNFTマーケット1つに表示されるようなイメージです。

さとう

これがLOLLIPOPプロジェクトの一番の注目ポイントです。

現在NFTマーケットは国内外にたくさん存在しており、NFTに触れたばかりのユーザーはどのサイトにアクセスすれば良いか分かりません。

代表的なNFTマーケット
  • Opensea
  • Looksrare
  • Foundation
  • Blur…etc

LOLLIPOP運営は現在のNFT環境は変化が激しくカオスな状態となっており、利便性が大きく損なわれていることを危惧しています。

NFTマーケットを統合することで次のようなメリットがあります。

  • 全てのNFTを1サイトで見れて探しやすい
  • NFTの相場観が分かりやすくなる
  • どこに出品しても全ユーザーに伝わる
さとう

全てのNFTマーケットがLOLLIPOPのプラットフォーム1つで管理されていたら、今の環境が大きく変わることは容易に想像がつきますね。NFT版のAmazonや楽天のようなイメージです!

特徴②:DeFiサービスを提供している

LOLLIPOP(ロリポップ)は独自のDeFiサービスも提供しています。

NFTマーケットの統合が大きなプロジェクトの1つですが、あらゆるブロックチェーンに関するサービスをユーザーフレンドリーな形で提供することを大切な指針にしているからです。

さとう

2023年3月25日時点ではまだ詳細は分かっていませんが、ホワイトペーパーにはブロックチェーンゲーム/NFTゲームのリリースに関する記載もありました。

DeFiとはDecentralized Finance(分散型金融)のことで、管理者なしで仮想通貨の交換等を自由に行えます。

what-is-defi

LOLLIPOP上では、PancakeswapやUniswapといった分散型取引所と同じようなサービスを利用できます。

2023年3月25日時点では、仮想通貨のスワップ(交換)しか利用できません。

これからユーザー側が流動性を提供して利息を稼ぐことができるようになり、それに伴ってスワップできる仮想通貨の種類も増えていく予定です。

さとう

今後の開発に期待ですね!

特徴③:一般ユーザーへフォーカス

LOLLIPOP(ロリポップ)はNFTになじみがない一般ユーザーの方にフォーカスしたプロジェクトです。

そのためにLOLLIPOPはとにかく利用しやすい、ユーザーフレンドリーなサービス提供にこだわっています。

NFTやブロックチェーンのサービスがもう一段階広く一般の人にも広まるためには、利用しやすいサービスにしていくことが不可欠だとロリポップ運営は考えているからです。

NFTマーケットの統合はそのための第一歩です。

さとう

確かにDeFiサービスはとても使いやすいです。ロリポップ(ペロペロキャンディ)がテーマになっていることも親しみやすい印象ですね!

次の内容でご紹介していますが、メディアへの露出が多いことからも一般の方にフォーカスしようと努めていることが伺えます。

LOLLIPOP(ロリポップ)の活動実績

LOLLIPOP(ロリポップ)はメディア露出が多く、ブロックチェーンになじみがない一般ユーザーに向けた販促活動に力を入れているプロジェクトです。

過去の主な活動実績は次の通りです。

BreakingDown第7回大会のスポンサー

LOLLIPOP(ロリポップ)はBreakingDownの第7回台のスポンサーとして参加しています。

会場の様子
仮想通貨LPOPの活動実績
右下がLOLLIPOP

BreakingDown(ブレイキングダウン)は「1分間最強を決める」がコンセプトとなっている主に若年層に大人気の総合格闘技大会です。

さとう

ブロックチェーンになじみのない一般ユーザーに向けた販促として、こういった多くの人の目に留まる有名イベントに参加することは重要ですすね!

Haneda Web3.0 EXPO2023スポンサー

株式会社羽田未来総合研究所が主催するWeb3.0イベント「HANEDA WEB3.0 EXPO 2023 ~The bridge to the world through the Blockchain~ 」にゴールドスポンサーとして参加しました。

株式会社羽田未来総合研究所は、羽田空港旅客ターミナルの建設等を行う日本空港ビルデング株式会社のグループ会社です。

専用のブースを設け、LOLLIPOPの魅力を紹介しました。

LOLLIPOPがHANEDA WEB3.0 EXPO 2023に参加した際のメディア記事はこちら

https://coinpost.jp/?post_type=breaking&p=437036

新宿東口にビジョン広告を掲載

Haneda Web3.0 EXPOを記念して新宿東口にビジョン広告を掲載しました。

さとう

これはとても身近な例ですね!

LOLLIPOPの広告が多くの方の目に留まりました。

Philippines Blockchain Weekに参加

フィリピン政府公認のブロックチェーンイベント「Philippines Blockchain Week」に参加し、LOLLIPOPの活動を多くの人に共有しました。

LOLLIPOPがPhilippines Blockchain Weekに参加した際のメディア記事はこちら

https://finance.yahoo.com/news/lollipop-premiered-first-philippine-blockchain-080000433.html

World Blockchain Summitに参加

タイのバンコクで開催されたブロックチェーンサミット「World Blockchain Summit – Bangkok」にスポンサーとして参加しました。

専用のブースを設置し、LOLLIPOPの活動を多くの人に共有しました。

LOLLIPOPがWorld Blockchain Summit(Bangkok)に参加した際のメディア記事はこちら

https://finance.yahoo.com/news/worlds-biggest-blockchain-summit-featured-060000848.html

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)は将来性あり

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)は将来性があり、大きな値上がりが期待できる仮想通貨です。

①NFTマーケットの統合で需要が増える

LOLLIPOP(ロリポップ)のプロジェクトの1つであるNFTマーケットの統合が実現された場合、仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)の需要が大きく高まる可能性があります。

以下のようにLOLLIPOP1つで全てのNFTマーケットのNFTをチェックできるようになります。

lollipop-nft

仮想通貨LOLLIPOPの具体的な使い道は分かっていませんが、LOLLIPOPのサービス利用には仮想通貨LPOPが必要になることがホワイトペーパーに記載されています。

  • NFTマーケット運営側LPOPを所有する必要がある
  • 利用者側がLPOPを所有・支払う必要がある
  • NFTクリエイター側がLPOPを所有・支払う必要がある
さとう

色々な使い方が想像できますが、NFTマーケットの統合で仮想通貨LPOPの需要は高まるでしょう。

②DeFi・BCG等の幅広いサービス展開

LOLLIPOP(ロリポップ)はNFTマーケットの統合でなく、DeFiやブロックチェーンゲームといったブロックチェーンを利用したサービスに多方面に展開していくことが分かっています。

DeFi(Decentralized Finance,分散型金融)とは管理不要で利用できる金融サービスのことです。

2023年3月25日時点では既に公式サイト上で分散型取引所(Decentralized Exchange)と呼ばれる、管理者不要の仮想通貨取引所がローンチされています。

その他、ゲームで遊んで仮想通貨を稼げるブロックチェーンゲーム(BCG)の開発についてもホワイトペーパーに記載されており、多角的にサービスが展開されていく予定です。

その中で仮想通貨LPOPが使用されていくでしょう。

さとう

LPOPを所有すると分散型取引所での資産運用のAPR(年利)が上がったり、BCGでのアイテム購入に使用されたり、色々な使い道が想像できますね!

③一般ユーザーへのフォーカスを重視

LOLLIPOP(ロリポップ)はブロックチェーン関連のサービスになじみがない一般ユーザーをターゲットにしており、LOLLIPOPを通して多くの新規が今後参入してくることが予想されます。

  • 親しみやすいデザイン
  • ユーザーフレンドリーな操作性
  • メディアへの露出の多さ

他のプロジェクトと比べると、特に一般ユーザーをターゲットに活動していることが分かります。

初心者が最初に利用するべきブロックチェーンのサービスといったらLOLLIPOP(ロリポップ)ぐらいに認知されることになれば、仮想通貨LPOPの需要は大きく高まるでしょう。

④広告・スポンサー等で注目が集まる

LOLLIPOP(ロリポップ)は販促活動に力を入れており、一般ユーザーにもサービス内容が伝わるように努めているプロジェクトです。

さとう

いくらサービス内容が良くてもその良さが伝わらなければ、一部の流行り物好きな人の間で利用されるだけに留まってしまいます!

昨今は多くのブロックチェーン関連するサービスが生まれていますが、残念ながら仮想通貨やNFTになじみがない一般ユーザーにそのサービス内容が届いているケースはほとんどありません。

一方LOLLIPOP(ロリポップ)は以下のようなメディア露出に力を入れてきており、一般ユーザーにブロックチェーンサービスの入門として知られる日も遠くないかもしれません。

⑤大手監査機関Certikにより監査済み

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)はブロックチェーンに関するセキュリティの監査を行っている大手機関Ceritikの監査を受けており、セキュリティに重大な問題はないことが確認されています。

監査結果はこちらから確認できます。(Certik監査結果)

設計が不十分だとセキュリティ上の欠陥を指摘されてしまうため、LPOPは初心者でもセキュリティ面で安心して取引できる仮想通貨です。

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)ステーキング

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)は公式サイト上でステーキング(預けて保管)することで、高い年利で運用して増やすことができます。

2023年3月25日時点でLOLLIPOPはまだ使用用途がなく、長期保有のインセンティブを与える必要がある段階のため、20%超えの年利(APR)で運用ができます。

さとう

高年利で運用できる期間は今だけの可能性もあるため、LPOPを購入した方は必ずステーキングをしましょう!

次の4つのステーキングプランが用意されています。

  • 年利(APR)3%(ロックなし)
  • 年利(APR)9%(12カ月ロック)
  • 年利(APR)19%(18カ月ロック)
  • 年利(APR)21%(24カ月ロック)

ロック期間があるステーキングプランは途中で引き出せないので注意しましょう。

ロック期間なしのステーキングが一番人気となっています。次点で24カ月ロックのステーキングプランです。

こちらからLOLLIPOPのステーキング画面にアクセスできます。

仮想通貨仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)のステーキングのやり方

画面左上からメタマスクを接続して「Stake」を選択した後、ステーキングする枚数を入力し、ガス代支払えばステーキング完了です。

APRの上に表示されている「Reward Interest Rate」は、APR(年利)をステーキングプランの期間に直した時の利率です。

さとう

24カ月ロックならAPRの2倍になっているということですね!

LOLLIPOP(ロリポップ)の開発計画

2023年3月25日時点では、LOLLIPOPでできることはサイト上の分散型取引所で行うLPOPのスワップとステーキングです。

ホワイトペーパーより、今後LOLLIPOPで以下のようなことができるようになることが分かります。

  1. 分散型取引所のファーミング機能
  2. 公式サイトのInstant Buy機能
  3. 公式サイトのオークション機能
  4. NFTマーケットの統合
  5. パワートークンの販売
  6. DAOの作成

①分散型取引所のファーミング機能

現在ロリポップの分散型取引所では運営がLPOPとUSDTの流動性プールを提供している状況で、ユーザー側で流動性を提供して仮想通貨を稼ぐイールドファーミングはできません。

流動性プールの提供についてはこれからユーザー側でもできるようになっていきます。

②公式サイトのInstant Buy機能

LOLLIPOP公式サイト上で運営が決められた価格でLOLLIPOP関連のプロダクトの販売を行う場所になる予定です。

③公式サイトのオークション機能

LOLLIPOP公式サイト上でオークション機能が用意されています。

LOLLIPOPのプロダクトをオークションに出すことができます。

④NFTマーケットの統合

LOLLIPOPの最大のプロジェクトはNFTマーケットの統合です。

さとう

これからの開発に期待ですね!

⑤パワーアップトークンの販売

ホワイトペーパーでは以下の3つのパワーアップトークンの販売についての記載があります。

  • スタンダード
  • ピンク
  • ゴールド

使用すると稼げる仮想通貨にブーストが掛かる仕組みになっているようです。

⑥DAOの作成

LOLLIPOPは現在運営が仕組みの開発を行っています。

しかし、将来的にはDAO(分散型自律組織)で運営が行われる予定です。

what-dao

運営はアドバイザー的な立場となり、重要な意思決定はDAOに所属して投票権を持っているメンバーの投票によって決まっていくことになるでしょう。

まとめ:LOLLIPOPでNFT環境は一変する

仮想通貨LOLLIPOP(LPOP)とはLOLLIPOPプロジェクトで使用できるBNB Smart Chainのトークンです。

さとう

仮想通貨LPOPは次の5つの理由から将来性があります!

特にNFTマーケットの統合でNFTの環境は激変するかもしれません。

これが実現すれば、仮想通貨LPOP需要は大きく高まるでしょう。

BreakingDownスポンサーや新宿のビジョン広告により、ブロックチェーンになじみがない一般ユーザーへの普及においても期待ができます。

仮想通貨LPOPは次の手順で購入します。

LPOPは公式サイト上で年利(APR)20%以上でステーキングして運用もできます。

さとう

高利率のステーキング期間は今だけの可能性もあるので、LPOPを購入したら忘れずにステーキングもしておきましょう!

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

その他のアルトコインを知りたい方向け!

記事が見つかりませんでした。

【7月更新】口座開設キャンペーン一覧

詳細はこちら
取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
20USDTここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円特典リンクから
口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(20USDT)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設

(1,500円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次