【3/31まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

【初心者OK】コインチェック積立のスプレッドとは?手数料の金額を解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること
  • Coincheck積立ではいくら手数料がかかるか
  • Coincheckの積立サービスの特徴
  • Coincheckの積立は利用して問題ないのか
  • Coincheckの積立投資の始め方
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士ワシントン州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 現在は強気相場が予想される2024年の半減期に向けてビットコイン&アルトコインを仕込み中
  • 仮想通貨投資は500万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信しています
  • 詳しい運営者情報はこちら

結論、コインチェックの積立機能を利用すると「スプレッド」と呼ばれる手数料が発生します。

これは、コインチェックの積立機能では、スプレッドが必ず発生する「販売所」で自動で仮想通貨を購入して積み立てることになるからです。

販売所と取引所の違い

公式HPの積立サービスの紹介を見ると、手数料が無料と記載されていることが多いですが、スプレッドは購入価格に上乗せされたり、売却価格から差し引かれたりするため、見えづらくなっています。

仮想通貨積立のスプレッドとは
さとう

積立機能を利用するとスプレッドが発生してしまう点は、どこの会社のサービスを利用しても同じです。

コインチェックの積立機能を使って販売所でビットコイン購入し、販売所で売却すると、合計約6%のスプレッドが発生します。(買いと売りでそれぞれ3%ずつ)

1万円分のビットコインを積み立てるときには、約300円分発生することになります。

コインチェックで積立を行ったときのスプレッド推移は次の散布図の通りとなっており、大きな変動はないことが分かります。(2021年10月から2年分集計)

コインチェックのBTCスプレッド推移グラフ

※一般社団法人日本暗号資産協会「参考価格」より集計

このように、積立機能ではスプレッドが発生してしまいますが、完全自動で一切手間を掛けずに効果的な仮想通貨の積立投資ができる点は大きなメリットです。

reserve-investment-merit

・特徴①:最短5分で口座開設申込み完了

・特徴②:初心者にも使いやすい

・特徴③:ビットコインの取引所手数料無料

・特徴④:国内で唯一自動の積立投資が可能

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の購入方法はこちら

今だけ口座開設でビットコイン2500円分がもらえる

🐼 コインチェック公式サイト:https://coincheck.com/ja/

本記事を最後まで読むことで、コインチェックの積立を利用した時の手数料やその他のサービスの特徴が分かります。

国内取引所日本円
自動入金
仮想通貨
自動購入
スプレッド
(BTC)
最小
積立額
積立頻度

公式サイトはこちら
5.9%1万円/月毎日
or
月1回

公式サイトはこちら
×5.8%1円/月ある程度
自由

公式サイトはこちら
×4.9%500円/月毎日
or
月1回

公式サイトはこちら
5.7%5000円/月月1回

公式サイトはこちら
×4.8%500円/月ある程度
自由
積立サービス比較表(2023年10月15日計測時点)
国内取引所日本円
自動入金
スプレッド
(BTC)
最小
積立額
積立頻度

公式サイトはこちら
5.9%1万円/月毎日
or
月1回

公式サイトはこちら
×5.8%1円/月ある程度
自由

公式サイトはこちら
×4.9%500円/月毎日
or
月1回

公式サイトはこちら
5.7%5000円/月月1回

公式サイトはこちら
×4.8%500円/月ある程度
自由
積立サービス比較表(2023年10月15日計測時点)

下の当サイト独自の「つみたてシミュレーション」を行うことでも、前のバブルまでにビットコインを積み立てていたらあなたの資産がどのくらい増えたかを調べることができます。

下のツールを利用することで、ビットコインを積み立てた時に稼げる利益をシミュレーションできます。

さとう

過去にビットコインが最高値の約770万円となった2021年11月9日までに、仮に積み立てを行っていた場合のあなたの利益が計算されます。

  • 積立期間には、積み立てる期間を最長36カ月まで入力します。
  • 積立額には、毎月のあなたの積立額を入力します。
  • 積立機能を「利用する」か「利用しない」かを選びます。

※積立機能は取引所側で定期定額で自動で仮想通貨を買ってくれますが、追加で手数料(スプレッド)が発生するため、「利用する」を選ぶと手数料があなたの利益から差し引かれます。

ビットコイン積立計算ツール

簡単!積立シミュレーション(by ぱんだくりぷと)

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

コインチェックの積立で発生する手数料(スプレッド)とは

コインチェックの積立サービス「Coincheckつみたて」を利用したときに発生する手数料について解説します。

コインチェック公式サイトより引用

発生する手数料はスプレッドのみ

結論、コインチェック積立を利用したときに発生する手数料は、販売所で売買するときの「スプレッド」のみとなっています。

コインチェックには便利な「自動口座振替機能」があり、登録した銀行から自動で引き落とされ積立ができる仕組みですが、これにも手数料は発生しません。

さとう

積立の開始時や停止時も同じように手数料は発生しません。

かんたん解説!仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨のスプレッドとは、販売所で仮想通貨を買うときと売るときの差額を指します。

what-is-cryptocurrency-spread

市場の適正価格と比べると不利な価格で取引する必要があるため、注意が必要です。

暗号資産交換業者の積立機能では、企業の保有する仮想通貨を直接買うことになるため、スプレッドが発生する販売所を利用する必要があります。

発生するスプレッドは例年約6%

コインチェックの積立で発生する手数料(スプレッド)は、ビットコインの場合は例年約6%となっています。

コインチェックのBTCスプレッド推移グラフ

※一般社団法人日本暗号資産協会「参考価格」より集計

積み立てるときで約3%必ず発生し、売却するときも販売所を利用した場合はさらに約3%発生します。

仮に1万円分のビットコイン積立を行う場合、購入時は約300円分の手数料(スプレッド)が発生し、すぐに販売所で売却した場合、さらに約300円の手数料が発生するイメージです。

さとう

暗号資産交換業者の積立機能を利用する場合は、どのサービスを利用しても大体同じくらいのスプレッドは発生します。

取引所名称ビットコインのスプレッド
Coincheck5.8%
bitFlyer5.8%
GMOコイン4.9%
BITPOINT5.7%
SBI VCトレード4.8%
2023年10月15日時点

便利な積立機能を利用するための対価だと思って、ある程度は割り切る必要がありますね。

\ 自動で仮想通貨の積立投資ができる/

🐼 公式サイト:https://coincheck.com/ja/

積立でスプレッドが発生する原理

仮想通貨の積立では、必ず販売所で仮想通貨を買うことになりますが、スプレッドが発生する理由は、暗号資産交換業者が「カバー取引」を行っているからです。

ぱんだ

カバー取引?初めて聞くかも・・・

さとう

カバー取引とは、暗号資産交換業者が損失を被る可能性を減らす「リスクヘッジ」のために行う取引のことです。

コインチェックのカバー取引がスプレッドを生む
カバー取引でリスクヘッジを行う流れの例
  • 利用者がコインチェック販売所でビットコインを購入
  • 暗号資産交換業者はそのリスクをカバー(ヘッジ)するために、別の取引所でビットコインを購入
  • 将来ビットコインの価格が上昇した場合、カバー先の取引所での購入による利益で、利用者に支払わなければいけない価格上昇による損失を補填

暗号資産交換業者がカバー取引を行うときはある程度大口の取引となりますが、仮想通貨を大口で買うときはカバー先での購入価格が上がり、大口で売るときは売却価格が下がってしまうことがあります。

このカバー取引による購入価格の増分は事前に見積もられており、スプレッドとして販売所の利用者の購入価格に事前に上乗せされています。

カバー取引による購入価格の増分を含んだ価格で販売所の利用者に販売しないと、損失を減らすリスクヘッジの意味がなくなってしまうからです。

同じようにカバー取引による売却価格の減分も事前に見積もられており、スプレッドとして販売所の利用者の売却価格から事前に差し引かれています。

さとう

カバー取引が仮想通貨のスプレッドの広狭に影響を与えていることは、コインチェックの公式HPでも言及されています。

コインチェックの積立サービスの特徴

コインチェックの仮想通貨積立サービスの特徴は、次の通りです。

国内取引所日本円
自動入金
仮想通貨
自動購入
スプレッド
(BTC)
最小
積立額
積立頻度

公式サイトはこちら
5.9%1万円/月毎日
or
月1回

公式サイトはこちら
×5.8%1円/月ある程度
自由

公式サイトはこちら
×4.9%500円/月毎日
or
月1回

公式サイトはこちら
5.7%5000円/月月1回

公式サイトはこちら
×4.8%500円/月ある程度
自由
積立サービス比較表(2023年10月15日計測時点)
国内取引所日本円
自動入金
スプレッド
(BTC)
最小
積立額
積立頻度

公式サイトはこちら
5.9%1万円/月毎日
or
月1回

公式サイトはこちら
×5.8%1円/月ある程度
自由

公式サイトはこちら
×4.9%500円/月毎日
or
月1回

公式サイトはこちら
5.7%5000円/月月1回

公式サイトはこちら
×4.8%500円/月ある程度
自由
積立サービス比較表(2023年10月15日計測時点)

特徴①:スプレッドは平均的な水準

取引所名称ビットコインのスプレッド
Coincheck5.8%
bitFlyer5.8%
GMOコイン4.9%
BITPOINT5.7%
SBI VCトレード4.8%
2023年10月15日時点

コインチェックの積立サービスでビットコインを積み立てた場合、購入時は約3%のスプレッドが発生します。(表は売りと買いの合計スプレッド)

1万円分のビットコインを積み立てると、約300円分が手数料となるようなイメージです。

これは他社のサービスと比べると平均的な水準で、積立機能を利用するための手数料は基本的にどこも高めです。

さとう

コインチェックの過去のビットコイン積立で発生したスプレッドは、以下の散布図の通りです。(買いと売り合計の%)

コインチェックのビットコイン積立のスプレッド推移グラフ

※一般社団法人日本暗号資産協会「参考価格」より集計

コインチェックのビットコイン積立で発生するスプレッドは、直近数年間で大きな変化はありません。

さとう

ほったらかしで長期的に積立を行っていて、途中いきなりスプレッドが高くなっているということは起きづらいと言えるでしょう。

特徴②:最低積立額は月1万円から

取引所名称最小積立金額
Coincheck月1万円から
bitFlyer月1円から
GMOコイン月500円から
BITPOINT月5000円から
SBI VCトレード月500円から

コインチェックは最小積立額が月1万円からとなっています。

毎日積み立てる設定にした場合、毎日最低333円以上積み立てる必要があります。

他社の積立サービスの中には月1円、500円から積み立てることができる所もあるため、コインチェックは少し高めの最小積立額となっています。

さとう

より少額から仮想通貨の積立を行いたい場合は、他社の仮想通貨積立を検討しましょう。

特徴③:積立頻度は毎日or毎月

取引所名称積立頻度
Coincheck毎日 or 月1回
bitFlyer毎日、毎週、月1回、月2回のどれか
GMOコイン毎日 or 月1回
BITPOINT月1回
SBI VCトレード毎日、毎週、月1回のどれか

コインチェックの積立プランは毎日プランか月1回プランのどちらかです。

積立のタイミングによっては偶然高値で買ってしまうことが起きるかもしれませんが、長期的な積立を検討している場合、毎日にしても月1回にしても投資パフォーマンスはほとんど変わりません。

さとう

他社の中ではもう少し細かく設定できるところもありますが、この点は問題ないといえるでしょう。

特徴④:積立対象の銘柄数は26通貨

取引所名称銘柄数
Coincheck26銘柄
bitFlyer22銘柄
GMOコイン21銘柄
BITPOINT21銘柄
SBI VCトレード20銘柄
2024年2月5日時点

コインチェックで積立できる仮想通貨の銘柄は、以下の販売所で取り扱われている銘柄です。

コインチェック販売所の取扱銘柄リスト
  • BTC
  • ETH
  • ETC
  • LSK
  • XRP
  • XEM
  • LTC
  • BCH
  • MONA
  • XLM
  • QTUM
  • BAT
  • IOST
  • ENJ
  • SAND
  • DOT
  • WBTC
  • IMX
  • AXS
  • APE
  • MATIC
  • CHZ
  • LINK
  • MKR
  • AVAX
  • SHIB

どこの積立サービスを利用しても、主要な仮想通貨は積立できます。

さとう

これから仮想通貨を始める場合は、ビットコインに積立投資するのがオススメです。

特徴⑤:日本円の自動入金が可能

取引所名称日本円の自動引き落とし
Coincheckできる
bitFlyerできない
GMOコインできない
BITPOINTできる
SBI VCトレードできない

コインチェックは、銀行から日本円を積立のタイミングで自動振り替えてくれる数少ない取引所で、非常に便利です。

他の積立サービスを利用する場合、日本円の入金は銀行から手動で行う必要があります。

さとう

事前に銀行の口座を登録しておき、後はほったらしで楽々仮想通貨の積み立てができます。

・特徴①:最短5分で口座開設申込み完了

・特徴②:初心者にも使いやすい

・特徴③:ビットコインの取引所手数料無料

・特徴④:国内で唯一自動の積立投資が可能

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の購入方法はこちら

今だけ口座開設でビットコイン2500円分がもらえる

🐼 コインチェック公式サイト:https://coincheck.com/ja/

コインチェックの積立投資の始め方

コインチェックの積立投資の始め方の手順は、以下の通りです。

  • コインチェックの口座を開設
  • 積立の設定を行う
さとう

詳細な手順は、下のボックスを開くと確認できます。

手順①:コインチェックの口座開設

コインチェックの口座開設のやり方は、下の記事で詳しく解説しています。

・特徴①:最短5分で口座開設申込み完了

・特徴②:初心者にも使いやすい

・特徴③:ビットコインの取引所手数料無料

・特徴④:国内で唯一自動の積立投資が可能

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の購入方法はこちら

今だけ口座開設でビットコイン2500円分がもらえる

🐼 コインチェック公式サイト:https://coincheck.com/ja/

手順②:積立の設定を行う

コインチェックのアプリを開いて、下タブの「ディスカバー」より「Coincheckつみたて」を選択します。

コインチェックの積立投資の始め方

「口座の設定をする(約5分)」をタップします。

コインチェックの積立サービスを利用する場合、自動で日本円を入金していくことになるため、振替元となる金融機関を設定していきます。

金融機関の登録が終わったら、実際にプラン・金額を設定していきます。

積立プランを「①毎日つみたてプラン」・「②月イチつみたてプラン」の2つから選択し、積立する仮想通貨を選択します。

積み立てる金額を入力して「積立を申請する」をタップします。

補足:コインチェックの積立の停止方法

コインチェックの積み立ては、ワンタップでいつでも停止することができます。

日本円の自動引き落とし、仮想通貨の自動購入がストップします。

Coincheck つみたての右上の「設定」をタップします。

コインチェックの積み立ての辞め方

その他の「積立の停止」で積立を停止することができます。ワンタップでまたいつでも積立を再開できます。

\ 自動で仮想通貨の積立投資ができる/

🐼 公式サイト:https://coincheck.com/ja/

コインチェック積立の手数料に関するFAQ

積立の手数料は毎日と毎月で変わる?

コインチェックの積立に手数料は発生しませんが、販売所での購入になるためスプレッドが発生します。

毎日か毎月かでは変化せず、積立時点でのスプレッドによって決まりますが、コインチェックは日々のスプレッドの変動が少なめです。

コインチェックの積立にデメリットは?

コインチェックの積立のデメリットは、最小積立額が月1万円からになっている点です。

他社の積立サービスの場合は月1円や500円からになっているため、より少額から積み立てたい方は他社のサービスも検討しましょう。

コインチェック積立のスプレッドはいくら?

コインチェックの積立のスプレッドは、販売所で購入したときと同じです。

ビットコインで約6%のスプレッドが発生します。(買いと売りで3%ずつ発生)

直近2年間で大きなスプレッドの変化は起きていません。

ビットコインの積立はどこがオススメ?

コインチェックの積立は国内では数少ない日本円の自動引き落としができる積立サービスです。

積立機能を利用するなら、コインチェックのビットコイン積立はオススメです。

コインチェックの積立の評判は?

良い評判としては、日本円の自動引き落としができる点が挙げられています。あらかじめ日本円を振り込んでおく必要がないため、手間が掛からず好評です。

悪い評判としては、最低積立額が月1万円からとなっている点が挙げられています。より少額から積み立てたい場合は他社のサービスを利用する必要があります。

積立手数料は他社と比べて高い?

例えばコインチェックでビットコインの積立を行うと、買いと売りで合計約6%のスプレッドが発生します。

これは他社と同じくらいの水準で、特別スプレッドが広い訳ではありません。

積立手数料を安くする方法はある?

自動の積立サービスを利用せず、取引所で自分で定期・定額で仮想通貨を買っていくことで手数料を無料にすることができます。

定期・定額で買えないとドルコスト平均法の効果が出ないので、注意が必要です。

\ 自動で仮想通貨の積立投資ができる/

🐼 公式サイト:https://coincheck.com/ja/

まとめ:積立するならCoincheckはお勧め!

コインチェックで積立機能を利用すると自動で仮想通貨を積み立てることができて便利ですが、スプレッドと呼ばれる手数料が必ず発生してしまいます。

例年買うときに約3%、売るときも販売所を利用する場合さらに3%かかります。

しかし、コインチェックの積立は銀行からの自動振替に対応しており、簡単に仮想通貨を積み立てることができる、おすすめのサービスです。

仮想通貨の積立ならコインチェックがおすすめ
さとう

どこの積立機能を利用するか迷っている方は、コインチェックを選べばサービス内容で不便を感じることはないはずです。

コインチェック公式サイトより引用

・特徴①:最短5分で口座開設申込み完了

・特徴②:初心者にも使いやすい

・特徴③:ビットコインの取引所手数料無料

・特徴④:国内で唯一自動の積立投資が可能

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の購入方法はこちら

今だけ口座開設でビットコイン2500円分がもらえる

🐼 コインチェック公式サイト:https://coincheck.com/ja/

【3月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円特典リンクから
口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設
(1,500円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次