【3/31まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

【方法あり】SBI VCトレードは海外取引所に出金できない?対処法を解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること
  • SBI VCトレードで出金できない原因
  • 出金アドレスを登録できない原因
  • 仮想通貨の出金が遅い原因
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士ワシントン州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 現在は強気相場が予想される2024年の半減期に向けてビットコイン&アルトコインを仕込み中
  • 仮想通貨投資は500万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信しています
  • 詳しい運営者情報はこちら

本記事を最後まで読むことで、SBI VCトレードに関する出金トラブルを解決することができます。

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

SBI VCトレードから海外取引所に出金できない時の対策

2023年6月1日に国内で仮想通貨の出金に関する法令が改正され、国内の仮想通貨取引所は一部の海外取引所への送金に制限を設けるようになりました。

結論、SBI VCトレードは仮想通貨を出金できる取引所は以下の2つのどちらかであることを公表しています。

SBI VCトレードが送金可能な取引所
  • 同じ情報通知システム「Sygna」を採用している国内取引所
  • 金融庁指定の通知対象国に該当しない海外取引所

SBI VCトレードの仮想通貨出金に関する公表をまとめると、次のようになります。

SVI VCトレードの出金状況(トラベルルール)

金融庁指定の通知対象国に該当する以下の海外取引所は、SBI VCトレードからは原則出金できないということになります。

  • Bitget
  • Gate.io
  • MEXC

23年6月1日の法改正で制限が掛かるように

SBI VCトレードで仮想通貨の出金制限が掛かった理由は、トラベルルール遵守のための2023年6月1日の仮想通貨の入出金に関する法改正です。

トラベルルールとは、「利用者の依頼を受けて暗号資産の出金を行う暗号資産交換業者は、出金依頼人と受取人に関する一定の事項を、出金先となる受取人側の暗号資産交換業者に通知しなければならない」というルールです。

bitbank Support トラベルルールとはなんですか
トラベルルールとは

トラベルルールに対応する必要が生まれた経緯は、以下の通りです。

沿革①:1989年にFATFが設立される

FATFは、元々は1989年7月に行われた第15回先進国首脳会議「アルシュ・サミット」で、マネーロンダリング対策における国際協力強化のため、先進主要国を中心として設立されたのものです。

その後、以下のような新しい対策範囲を加えながら、勧告を出しています。

FATF勧告の対象範囲の沿革(財務省HPより引用
沿革②:1990年4月に「40の勧告」策定

1990年4月には、各国におけるマネロン対策の基準として「40の勧告」が策定されました。

以下の40の勧告に従い、各国の法令整備等の状況が評価されます。

FATF「40の勧告」(財務省HPより
沿革③:2015年6月G7サミットで勧告強化

2015年6月に開催されたG7エルマウ・サミットにて、暗号資産という新しい支払手段に対する適切な規制の導入が宣言されました。

我々は、仮想通貨及びその他の新たな支払手段の適切な規制を含め、全ての金融の流れの透明性拡大を確保するために更なる行動をとる。

G7エルマウ・サミット首脳宣言(金融庁HP:暗号資産に係る法制度の整備より)
さとう

2014年にMTGOX社の破産事例がありましたが、あくまでもテロ対策の文脈で規制が必要という宣言になっていました。

外務省「2015 G7エルマウ・サミット首脳宣言(仮訳)

これに伴いFATFは各国政府に対して、暗号資産交換業者に対して登録制・免許制を課し、利用者にも本人確認を義務付けるように勧告を行いました。

各国は、仮想通貨と法定通貨を交換する交換所に対し、登録・免許制を課すとともに、顧客の本人確認義務等のマネーロンダリング・テロ資金供与規制を課すべきである。

FATF ガイダンス(金融庁HP:暗号資産に係る法制度の整備より)
沿革④:2017年4月に改正資金決済法が施行

2015年6月のFATF勧告を受け、日本では2016年5月に資金決済法が改正されました。(2017年4月施行)

  • 暗号資産交換業者は登録制に
  • 口座開設では本人確認が義務
  • 利用者保護で、取引所のルールを整備

※金融庁HP:暗号資産に係る法制度の整備より

沿革⑤:2019年6月に勧告16が改訂(ここでトラベルルールができる)

2019年6月にFATFの勧告16「電信送金」が改訂され、暗号資産の送付人と受取人の情報の確認・保存を取引所に課しました。

FATF「40の勧告」(財務省HPより)赤丸追記
さとう

トラベルルールという用語がFATF内で正式にある訳ではありませんが、業界関係者にはこの改訂後のFATF勧告16「電信送金」が「トラベルルール」と認識されているようです。

トラベルルールとは、顧客が送金を実施する際、受取側・送付側事業者に対し、送付依頼人及び受取人の情報を保持・維持・(送付側事業者から受取側事業者への)通知を義務付ける AML/CFT 上の措置を指す。業界における一般用語であり、FATF 基準上の正式な用語ではないが、通常、FATF 基準上の勧告 16(電信送金)を指すものとして当局・業界関係者に理解されている。

金融庁 国際関係情報(その他):暗号資産・暗号資産交換業者に関する新たな FATF 基準についての12 ヵ月レビューの報告書要旨
沿革⑥:2023年6月に国内で法令が改正(ここで日本がトラベルルールに対応)

2023年6月1日から犯罪による収益の移転防止に関する法律等が改正され、日本の暗号資産交換業者はトラベルルール(改訂後のFATF勧告16)への対応が必要になりました。

犯罪による収益の移転防止に関する法律改正の概要は、金融庁のHPから確認できます。

金融庁HP「3.改正の概要

出金制限がない国内取引所を利用しよう

SBI VCトレードから海外取引所に出金できない時は、海外取引所への出金制限がない国内取引所を利用しましょう。

次の3つの国内取引所は主要な海外取引所への出金制限がなく、MEXCやBitgetにも問題なく出金ができます。

各取引所の送金制限先の詳細なリストはこちら

おすすめは、国内取引所ビットバンク(bitbank)です。

公式サイト:https://bitbank.cc/

ビットバンクは送金できない海外取引所を公表していますが、主に日本人が利用する海外取引所は含まれていません。

ビットバンク公表 出金できない海外取引所リスト
  • Bithumb
  • UPbit
  • Korbit
  • ProBit
  • CoinOne
  • GOPAX
  • Kraken
  • Coinbase
  • Binance.us
  • CoinList
  • Gemini
  • Bitstamp.net US
  • Luno
  • Independent Reserve.
  • Crypto.com
  • B2C2.com
  • LMAX Digital
  • HTX.com Gibraltar
  • OSL.com
  • BlockFi.com
  • Bitfinex.com Bahamas
  • OKX.com Bahamas
  • Bitfinex.com Bahamas

出金に特化している仮想通貨リップル(XRP)を0.12%の安い取引手数料で購入でき、リップルは送金手数料0.15XRP(数円程度)で済みます。

ビットバンクの口コミ

スマホやパソコンから24時間使用できるので便利でした。アルトコインを安く取引できるのが魅力で使い始めたのですが、他の会社より手数料がかなり安くて良かったです。1円未満から取引できるのも嬉しいです。トレードの画像はシンプルだけど、知りたい情報はしっかりのっていて取引しやすかったです。セキュリティもしっかりしていて、安心して使用しています。

参照:みん評

取引開始にあたって、認証や入金確認の早さも魅力の一つでした。取引所によっては、必要書類は全て提出しても確認作業に半月ほど時間が掛かったり、不明な理由で断られることもあります。また、私の利用していた限りでは、サーバーがダウンしたり重くなって取引が不能に陥ったことはありません。

参照:みん評
ビットバンクの口コミ
  • 口座開設や入金確認が早い
  • 取引手数料が安い
  • セキュリティがしっかりしている

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト
3月】bitbank口座開設特典の受取方法
ビットバンクの特典受け取り手順
キャンペーンにエントリーするまでの流れ
取引所かんたん手数料比較
XRP購入XRP送金評価
CoinCheck約5.0%0.15XRP
bitbank0.12%
(Taker)
0.15XRP
BitTrade0.15%0.1XRP
CoincheckはXRP購入でスプレッドが発生するので注意

下のツールを利用することで、トラベルルール対応後の国内取引所から海外取引所への送金状況と、送金できないときの解決方法を簡単に調べることができます。

さとう

送金元の国内取引所と送金先の海外取引所をリストから選択し、確認を実行すると送金可否が表示されます。

送金可否確認ツール

簡単!送金状況の確認ツール(by ぱんだくりぷと)

SBI VCトレードで海外取引所のアドレスを登録できない時の対策

SBI VCトレードで海外取引所の出金先アドレスを登録できないため、仮想通貨の出金ができない時の対策についてご紹介します。

正しい出金先アドレスの登録方法

SBI VCトレードで海外取引所の出金先アドレスを正しく登録する手順は、次の通りです。

まずは、SBI VCトレードのスマホアプリを開き、下タブ「資産/入出金」より出金したい仮想通貨を選択して、アドレスの登録を行います。

例えば、海外取引所Bybitの出金アドレスを登録する場合、次のように設定すると、アドレスを問題なく登録することができます。

SBI VCトレードで正しく海外取引所の出金アドレスを登録する方法
SBI VCトレードで正しく海外取引所の出金アドレスを登録する方法
さとう

以下のように設定するのがポイントです。

  • 受取先:その他
  • 受取先の名称(漢字):海外取引所
  • 受取先の名称(アルファベット):Bybit

後述しますが、「受取先」は「その他」を選択しないと登録が弾かれてしまい、アドレスを登録することができませんでした。

受取先の名称(漢字)には、Bybitやバイビットといった入力ができないため、海外取引所で入力しましょう。

これで海外取引所のアドレスをSBI VCトレードに登録できます。

出金先アドレスを登録できない時の原因

SBI VCトレードで海外取引所の出金先アドレスを登録できない場合、受取先に「暗号資産交換業者等」を入れてしまっていることが考えられます。

SBI VCトレードで海外取引所の出金アドレスを登録できない原因
SBI VCトレードで海外取引所の出金アドレスを登録できない原因

その下の暗号資産交換業者等では海外取引所がリストにないため、必然的にその他を入れることになります。

この場合、受取先の名称(漢字)に何を入力しても弾かれてしまうため、SBI VCトレードに海外取引所の出金アドレスを登録できませんでした。

さとう

「受取先」でその他を選ぶのがポイントです。

SBI VCトレードから海外取引所への出金テスト

SBI VCトレードから以下の海外取引所に実際に出金テストを行ったので、参考として載せておきます。(2023年12月14日にテスト)

  • Bitget(通知対象国)
  • Gate.io(通知対象国)
  • MEXC(通知対象国)
  • Kucoin(通知対象国外)
  • Bybit(通知対象国外)
さとう

各海外取引所にSBI VCトレードから10XRPを出金しており、あくまで少額送金の場合の結果となりますので、その点ご注意ください。

下のボックスを開くと、送金のテスト結果を確認できます。

SBI VCトレードからBitgetへのテスト送金結果

Bitgetは金融庁指定の通知対象国に該当していますが、SBI VCトレードから問題なく出金できました。

公表上は金融庁指定の通知対象国に該当していますが、どのように法令を解釈し、どこまでトラベルルールに遵守するかは取引所にとって対応が異なるため、このように出金できる場合もあります。

以下は、Bitgetへの出金アドレス作成画面と実際の出金画面です。

SBI VCトレードの出金完了画面、海外取引所側での入金画面は次の通りです。

SBI VCトレードから海外取引所Bitgetへのテスト出金結果
SBI VCトレードからGate.ioへのテスト送金結果

Gate.ioは金融庁指定の通知対象国に該当していますが、SBI VCトレードから問題なく出金できました。

公表上は金融庁指定の通知対象国に該当していますが、どのように法令を解釈し、どこまでトラベルルールに遵守するかは取引所にとって対応が異なるため、このように出金できる場合もあります。

以下は、Gate.ioへの出金アドレス作成画面と実際の出金画面です。

SBI VCトレードの出金完了画面、海外取引所側での入金画面は次の通りです。

SBI VCトレードから海外取引所Gate.ioへのテスト出金結果
SBI VCトレードからMEXCへのテスト送金結果

MEXCは金融庁指定の通知対象国に該当していますが、SBI VCトレードから問題なく出金できました。

公表上は金融庁指定の通知対象国に該当していますが、どのように法令を解釈し、どこまでトラベルルールに遵守するかは取引所にとって対応が異なるため、このように出金できる場合もあります。

以下は、MEXCへの出金アドレス作成画面と実際の出金画面です。

SBI VCトレードの出金完了画面、海外取引所側での入金画面は次の通りです。

SBI VCトレードから海外取引所MEXCへのテスト出金結果
SBI VCトレードからKuCoinへのテスト送金結果

KuCoinは金融庁指定の通知対象国に該当しておらず、SBI VCトレードから問題なく出金できました。

以下は、KuCoinへの出金アドレス画面と実際の出金画面です。

SBI VCトレードの出金完了画面、海外取引所側での入金画面は次の通りです。

SBI VCトレードから海外取引所Kucoinへのテスト出金結果
SBI VCトレードからBybitへのテスト送金結果

Bybitは金融庁指定の通知対象国に該当しておらず、SBI VCトレードから問題なく出金できました。

以下は、Bybitへの出金アドレス画面と実際の出金画面です。

SBI VCトレードの出金完了画面、海外取引所側での入金画面は次の通りです。

SBI VCトレードから海外取引所Bybitへのテスト出金結果

SBI VCトレードの出金が遅い原因と対策

SBI VCトレードで出金が遅い、中々出金先に反映されない場合、次の5つの原因が考えられます。

①SBI VCトレード側での出金審査

SBI VCトレードの出金が遅い原因の1つ目は、SBI VCトレードが申請された出金の内容を審査していることです。

一般的に、仮想通貨取引所は利用者から受けた出金申請の内容について、次のようなチェックを行います。

  • 金額が大きすぎないか
  • 出金の頻度が多すぎないか
  • 通常とは異なる地域から申請されていないか
  • マネーロンダリングではないか

②出金している銘柄の処理能力の低さ

SBI VCトレードの出金が遅い原因の2つ目は、出金しようとしている銘柄の取引承認能力が低いということです。

SBI VCトレードの仮想通貨の出金では、出金する銘柄に対応するブロックチェーンを利用して行われます。

このブロックチェーンは処理能力に違いがあり、取引の承認速度が遅い仮想通貨を出金しようとすると、どうしても着金までに時間がかかります。

出金する仮想通貨の例処理能力
ビットコイン(BTC)低い(最短10分)
イーサリアム(ETH)普通(最短12秒)
リップル(XRP)高い(ほぼ即時)
ぱんだ

かなり違いがあるんだね・・・

これはブロックチェーンでの承認の話なので、実際は取引側での審査等もありさらに時間がかかります。

さとう

処理能力があまり高くないビットコインだと、出金後に反映されるまで30分以上掛かってしまうことも珍しくありません。

仮想通貨リップル(XRP)は送金用に開発された仮想通貨で、承認時間が非常に早いのでおすすめです。

仮想通貨XRPは送金特化の仮想通貨

特別な理由がない限りは、リップルを利用して取引所間の移動を行いましょう。

③入金取引所側の確認回数の問題

SBI VCトレードの出金が遅い原因の3つ目は、入金取引所側であえて着金を遅らせているということです。

さとう

意外と知られていませんが、SBI VCトレードで出金が行われたあと出金先の口座に実際に反映されるまでの時間は、どこの取引所に出金するかによって変わります。

これは出金先の取引所がブロックチェーンで承認された後すぐに口座残高に反映させると、後でブロックチェーン上の承認結果が覆って出金が認められなかった時、その分を出金先側で補填する必要が出てくるからです。

ビットポイントの出金時間は出金先によって変わる

ブロックチェーンで承認されてすぐに着金を反映させて、仮にその承認結果が無効になった場合、取引所側は信頼性やサービスの質を維持するために、その入金分を利用者に補填する必要があります。

出金取引の承認結果が覆る確率は、承認されたブロックの数が増えれば増えるほど小さくなるので、各取引所ごとに決められたブロック数分、入金を反映させるのを遅らせる訳です。

さとう

例えば、SBI VCトレードからBybitにビットコインを出金すると、Bybit側では着金を反映されるまで1ブロック分遅らせることになります。

ビットコインは取引承認(1ブロック分の承認)に10分かかり、さらにもう1ブロック分の10分が掛かるため、SBI VCトレードからBybitへの送金は最短でも20分かかる計算になります。

ぱんだ

そんな仕組みになっていたんだね!着金されるまでのブロック数はどうやって確認できるの?

入金取引所側の入金までに確認するブロック数は、各銘柄の入金アドレス画面で下のようにチェックできます。

Bybitの入金確認ブロック数

④SBI VCトレードがまとめて出金してる

SBI VCトレードの出金が遅い原因の4つ目は、SBI VCトレード側である程度まとめて出金を行っているということです。

仮想通貨取引所では、利用者からの出金申請後に個別でブロックチェーンを利用して出金対応を行うのではなく、まとめてバッチ処理を行うこともあります。

SBI VCトレード側でバッチ処理を行っているかは明言されていはいませんが、取引所でのガス代の節約にもなるので、まとめて処理する都合遅れることが考えられます。

さとう

SBI VCトレードは出金手数料を完全無料にしているので、まとめて処理できればその分ガス代を節約できることになります。

⑤ブロックチェーンの混雑の問題

SBI VCトレードの出金が遅い原因の5つ目は、ブロックチェーンが混雑しているということです。

出金で利用されるブロックチェーンは時間あたりの取引承認数が決まっており、一時的に取引が集中すると、処理しきれなくなる可能性があります。

イーサリアムやビットコインは一時期NFTの需要により、ガス代が高くなったり、ネットワークが混雑したりすることがありました。

SBI VCトレードの最低出金枚数と出金手数料

SBI VCトレードの仮想通貨の最低出金枚数は、以下の表の通りです。

銘柄最小出庫数量最大出庫数量
BTC0.0000054720
ETH小数点以下18桁200
XRP101,000,000
LTC0.0000547500
BCH0.00000547200
DOT15,000
LINK小数点以下18桁5,000
ADA1100,000
AVAX0.0000000000000000012,500
MATIC1100,000
OAS0.00000001(小数点以下8桁)500,000
XDC0.00000001(小数点以下8桁)1,000,000

SBI VCトレードの仮想通貨の出金手数料は、全ての銘柄で無料となっています。

まとめ:海外取引所への出金制限に注意

本記事では、SBI VCトレードで出金アドレスを登録できない、仮想通貨の出金ができないときの原因と解決法を詳しくご紹介してきました。

結論、SBI VCトレードは仮想通貨を出金できる取引所は以下の2つのどちらかであることを公表しています。

SBI VCトレードが送金可能な取引所
  • 同じ情報通知システム「Sygna」を採用している国内取引所
  • 金融庁指定の通知対象国に該当しない海外取引所

SBI VCトレードの仮想通貨出金に関する公表をまとめると、次のようになります。

SVI VCトレードの出金状況(トラベルルール)

金融庁指定の通知対象国に該当する以下の海外取引所は、SBI VCトレードからは原則出金できないということになります。

  • Bitget
  • Gate.io
  • MEXC

次の3つの国内取引所は主要な海外取引所への出金制限がなく、MEXCやBitgetにも問題なく出金ができます。

おすすめは、国内取引所ビットバンク(bitbank)です。

公式サイト:https://bitbank.cc/

出金に特化している仮想通貨リップル(XRP)を0.12%の安い取引手数料で購入でき、リップルは送金手数料0.15XRP(数円程度)で済みます。

ビットバンクの口コミ

スマホやパソコンから24時間使用できるので便利でした。アルトコインを安く取引できるのが魅力で使い始めたのですが、他の会社より手数料がかなり安くて良かったです。1円未満から取引できるのも嬉しいです。トレードの画像はシンプルだけど、知りたい情報はしっかりのっていて取引しやすかったです。セキュリティもしっかりしていて、安心して使用しています。

参照:みん評

取引開始にあたって、認証や入金確認の早さも魅力の一つでした。取引所によっては、必要書類は全て提出しても確認作業に半月ほど時間が掛かったり、不明な理由で断られることもあります。また、私の利用していた限りでは、サーバーがダウンしたり重くなって取引が不能に陥ったことはありません。

参照:みん評
ビットバンクの口コミ
  • 口座開設や入金確認が早い
  • 取引手数料が安い
  • セキュリティがしっかりしている

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト
取引所かんたん手数料比較
XRP購入XRP送金評価
CoinCheck約5.0%0.15XRP
bitbank0.12%
(Taker)
0.15XRP
BitTrade0.15%0.1XRP
CoincheckはXRP購入でスプレッドが発生するので注意

【3月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円特典リンクから
口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設
(1,500円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次