【初心者必見!】仮想通貨で月10万円の不労所得を作る方法詳しくはこちら!

bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインの買い方を解説!手数料を安く抑える方法も紹介!

ぱんだ

ビットフライヤーで口座を開設したんだけど、どうやってビットコインを買えばいいの?手数料が安く済む方法も知りたいな・・・

この記事ではこんな疑問を解決します。

仮想通貨取引所ビットフライヤーは、格安の手数料でビットコインを購入することができたり、1円から仮想通貨の積立を行うことができたりする仮想通貨取引を行う人であれば必ず口座を持っておきたい取引所です。

しかし、口座を持っていても色々な機能があり、中々使いこなすことができていないという方は多いのではないでしょうか。

さとう

この記事ではビットコインのお得な購入方法という観点でビットフライヤーについて詳しく解説していきます。

この記事を最後まで読むことで、ビットフライヤーのビットコインの買い方について理解し、ビットフライヤーで最も安くビットコインを購入する方法を知ってお得に取引することができるようになります。

\ 口座を持っていない方はこちら! /

こちらの記事でビットフライヤーの口座開設方法を詳しく解説しています

この記事からわかること
この記事を書いた人
  • Core30経理職の20代男
  • 米国公認会計士(ワシントン州)
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 現在は強気相場が予想される2024年の半減期に向けてビットコインをコツコツ積み立てる堅実スタイル
  • 仮想通貨投資は500万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。身を削って蓄えているクリプト情報を発信しています
目次

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

ビットフライヤー公式HPより

ビットフライヤーには他の仮想通貨取引所と比較した時に、以下の特徴があります。

メリットデメリット
取引所のビットコイン最低取引量が0.001BTC
取引所の取引手数料が0.01%~0.15%
ビットコインの送金に手数料が0.0004BTC掛かる
日本円を銀行に出金すると手数料が掛か
BTC=ビットコイン

ビットフライヤーは0.001BTCという少額(大体数千円)からビットコインを購入することができ、その際に0.01%~0.15%格安の手数料で取引することができます。

さとう

送金手数料が少し高めなので、他の取引所への送金したい方は他の取引所の利用を検討してもいいかもしれませんが、仮想通貨の取引のみを行い方にはオススメの取引所となっています!

ぱんだ

僕は仮想通貨投資だけするつもりで、他の取引所に送金する予定はないからビットフライヤーを使うつもり!

こちらの記事で仮想通貨取引所の大手5社を手数料の面から比較して紹介しているので、是非参考にして下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコイン(現物)を買う方法

さとう

ビットフライヤーでは「販売所」と「取引所(Lightning含む)」で仮想通貨を購入することができます。

取引所と販売所の違い
  • 取引所:利用者同士が仮想通貨の売り買いを行います。手数料が安いですが、取引が成立しにくいという特徴があります。
  • 販売所:運営会社であるビットフライヤーと直接仮想通貨の取引を行います。手数料(スプレッド)が少し高いですが、取引がすぐに成立するという特徴があります。

販売所のスプレッドは下の画像のようなイメージです。

販売所のスプレッドのイメージ
スプレッド実質手数料のイメージ

例:現在のビットコインの市場価格=2,000,000円

①100,000円の元手でビットコインを買う。(bitFlyerの提示価格=2,060,000円)

②すぐにそのビットコインを売る。(bitFlyerの提示価格=1,940,000円)

このとき元手としてあった100,000円は大体94,000円程になってしまいます。

(100,000円×1,940,000/2,060,000=94,000円)

bitFlyerのスプレッドは上記のように買いと売りでそれぞれ3%~4%くらい発生することが多いです。

さとう

仮想通貨取引の手数料が気になる方は、スプレッドが発生してしまう「販売所」は利用しないようにしましょう。本記事では手数料の安い「取引所」での仮想通貨の買い方について紹介していきます。

①指値注文(取引所)

指値注文(取引所)の特徴

指値注文を行うと、取引をしたい指定の価格で注文を出すことができ、これに応じるユーザーが現れると取引が成立します。

指値注文には0.01%~0.15%の取引手数料が発生します。(直近30日の取引量によって手数料は決まります。詳細はこちら

指値注文(取引所)のやり方

ビットフライヤーのアプリを開き、上のタブから「取引所」を選択します。

取引所の画面が表示されるので、数量と価格を設定して「買い」or「売り」を行いましょう。

②逆指値注文(Lightning)

逆指値注文(Lightning)の特徴

逆指値注文を行うと、取引をしたい指定の価格で注文を出すことができ、これに応じるユーザーが現れると取引が成立します。

指値注文と逆指値注文の違い
  • 指値注文:今の価格より安く買いたいとき、高く売りたいときに利用します。
  • 逆指値注文:今の価格より高く買いたいとき、安く売りたいときに利用します。
さとう

この価格を超えたら上昇トレンドになるという時に逆指値注文を使って買ったり、損切をしたいときに逆指値注文を使って売ったりします。

逆指値注文は普通の「取引所」ではなく、「Lightning」と呼ばれる特殊な注文ができる取引所を利用します。

「Lightning」で現物の取引を行う場合、0.01%~0.15%の取引手数料が発生します。(直近30日の取引量によって手数料は決まります。詳細はこちら

逆指値注文(Lightning)のやり方

ビットフライヤーのアプリを開いて上のタブから「Lightning」を選択し、BTC(現物)をタップすることでビットコインの取引画面に移動することができます。

取引所(Lightning)の画面が開くので、画面下の四角いマークをタップします。

タブから「特殊」を選択します。

特殊注文の「シンプル」をタップします。

執行条件の「指値」をタップします。

STOP(逆指値注文のこと)を選択すると、逆指値注文を行うことができるようになります!

③成行注文(Lightning)

成行注文(Lightning)の特徴

成行注文を行うと、指値注文を行っている人が出している注文とすぐに取引が成立します。

成行注文は普通の「取引所」ではなく、「Lightning」と呼ばれる特殊な注文ができる取引所を利用します。

「Lightning」で現物の取引を行う場合、0.01%~0.15%の取引手数料が発生します。(直近30日の取引量によって手数料は決まります。詳細はこちら

成行注文(Lightning)のやり方

逆指値注文(Lightning)のやり方」と同じ手順で進めていき、最後の執行条件で「成行」を選択することで成行注文を行うことができます!

まとめ:bitFlyer(ビットフライヤー)で手数料を安く抑えてビットコインを買う方法

「販売所」ではなく「取引所(Lightning含む)」で指値・逆指値・成行注文を行うことで、0.01%~0.15%という格安の手数料でビットコインを購入することできます。

さとう

「販売所」はスプレッドが発生するので、手数料が気になる方は取引所を利用するようにしましょう。

\ 口座を持っていない方はこちら! /

こちらの記事でビットフライヤーの口座開設方法を詳しく解説しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次