【6/28まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

流動性マイニングとステーキングの違いは?どちらがオススメか解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること

  • 流動性マイニングとステーキングの違い
  • おすすめの運用法・稼げるのはどっちか
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士WA州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 仮想通貨投資は1000万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信中!
  • 詳しい運営者情報はこちら

流動性マイニングとステーキングの違いは、前者は「分散型取引所に流動性を提供して利回りを得ること」を指し、後者は「仮想通貨をロックしてブロックチェーンに貢献して利回りを稼ぐこと」を指すということです。

流動性マイニングとステーキングの違い
さとう

これがネット上等で最も使われすい「流動性マイニング」と「ステーキング」の言葉の意味です。

ステーキングに関しては元々の英単語として「お金を何かにかける・投資する」という意味があり、仮想通貨の運用全てに対して使われる場合もあります。

従って、流動性マイニングもステーキングの一種だと広義では捉えることもあります。

※DeFiに精通している方は流動性マイニングをステーキングとはあまり言いません。

この記事を最後まで読むことで流動性マイニングとステーキングのそれぞれの特徴が分かり、どっちの方法で仮想通貨を運用するべきか分かります。

流動性マイニングの関連記事はこちら
流動性マイニングの始め方流動性マイニングのリスク
ステーキングとの違いイールドファーミングとの違い
目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

流動性マイニングとステーキングの違い

仮想通貨の世界での役割が異なる

「流動性マイニング」と「ステーキング」はどちらも仮想通貨の運用法である点は共通していますが、仮想通貨の世界における役割、報酬が生まれる仕組みが違います。

流動性マイニングとは、分散型取引所に流動性を提供し、仮想通貨の市場を作ることで、その対価として利用者の仮想通貨の交換(スワップ)手数料を報酬として貰って稼ぐことを言います。

流動性マイニングとは
さとう

分散型取引所には提供された流動性で作られた「プール」が大量に存在しており、この流動性プールのおかげでスワップが利用できます。

パンケーキスワップユニスワップにUSDT&USDC等のペアで仮想通貨を預け、運用することが該当します。

仮想通貨のステーキングとは、仮想通貨をロックしてブロックチェーンの取引承認作業に参加することで、その対価として仮想通貨を稼ぐことを言います。

仮想通貨のステーキングとは

仮想通貨を預けて稼ぐ行為を総称して「ステーキング」と呼ぶ場合もあります。

上の画像のようなブロックチェーンに直接貢献するステーキングを特に「オンチェーンステーキング」と呼びます。

さとう

ネット上では「オンチェーンステーキング」のことををステーキングと表現することが多いので、覚えておくと誤解がありません。

オンチェーンステーキングはさらに2種類に分かれます。

バリデーターはブロックチェーン上の取引を検証・承認する役割を担います。

自分で取引を承認するためのスペックの高い端末と、大量のロックする仮想通貨を用意します。

デリゲーターは候補バリデーターに投票を行い、間接的にブロックチェーンの運営に貢献します。

投票する行為=ステーキングとなり、少額のステーキングが可能でスマホからでもできます。

さとう

多くの人がステーキングだと認識して普段行っている方法は、このデリゲーターとしての投票行為です。

利回りはどちらも基本的に高い

「流動性マイニング」と「仮想通貨ステーキング」に利回りの違いはそこまでなく、どちらも基本的に高めです。

流動性マイニングや仮想通貨ステーキングの利回りが高い理由は、利用する側と運用する側では「情報の非対称性」があるからです。

分散型取引所をでスワップを利用する人よりも、流動性を提供して運用する側の方が少ないです。

また、ブロックチェーンで取引を実行する人より、取引の承認作業に関わっている人の方が少ないです。

さとう

利回りは利用者の手数料等から生まれており、それを運用する人同士で分配することが多いため、仮想通貨の運用側の利回りは基本高めです。

流動性マイニングの方がリスクが高め

「流動性マイニング」と「仮想通貨ステーキング」のリスクの違いは、流動性マイニングの方がリスクの数が多く、考えるべきことが若干多いです。

どちらの運用方法でも一度手元から仮想通貨が離れるため、運営側のハッキングリスクが付いて回る点は同じです。

流動性マイニングの場合、ペアで仮想通貨を預けることで分散型取引所の流動性として実際に使われるため、変動損失(インパーマネントロス)と呼ばれる特有の損失リスクが発生します。

さとう

変動損失は仕組みが複雑です。ステーキングは運用通貨の価格変動だけ気にすれば良いので、事前知識が必要ない点がメリットです。

変動損失については、下の記事で詳しく解説しています。

流動性マイニングとステーキングどっちがおすすめ?

ステーキング対応銘柄はステーキング

結論、ステーキングに対応している銘柄は、流動性マイニングではなくステーキングを行うのがおすすめです。

前提として、流動性マイニングは基本全銘柄が対応していますが、ステーキングは一部の銘柄しか対応していません。

さとう

ステーキングに対応している銘柄は、Delegated Proof of Stakeと呼ばれる取引承認のアルゴリズムを採用しています。

このアルゴリズムを採用している銘柄はバリデーターへの投票に対応しているため、オンチェーンステーキングができます。

さとう

流動性マイニングもできますが、変動損失といった理解が難しいリスクを考える必要がなく、高利回りで運用ができるのでお勧めです。

ステーキングに対応する銘柄は少なめ

結論、ステーキングに対応している銘柄は少なめです。

さとう

ステーキングに対応している代表的な銘柄は、次の通りです。

  • ETH
  • BNB
  • ADA
  • DOT
  • NEAR
  • ATOM

仮想通貨を運用したいと考えた時は、まずはオンチェーンステーキングに対応している銘柄か調べてみましょう。

ステーキングできない時は流動性マイニング

ステーキングに対応していない銘柄を運用したい場合は、流動性マイニングを検討しましょう。

流動性マイニングは、基本全ての銘柄が対応しています。

さとう

あらゆる仮想通貨が、分散型取引所での他の仮想通貨とのスワップの需要があるからです。

どの仮想通貨でも高利回りで運用できますが、変動損失には注意しましょう。

流動性マイニングでは、価格変動が起きないため、変動損失が発生しない「ステーブルコイン」を活用するのがオススメです。

流動性マイニングの運用のイメージ
分散型取引所パンケーキスワップの流動性マイニングの例
【タップで開きます】ステーブルコインとは?

ステーブルコインとは、法定通貨の価格に連動して価値が変わらない特別な仮想通貨です。

ステーブルコインを発行している会社が、法定通貨や国債といった低リスク資産をステーブルコインの発行量と同額を裏付け資産として保有しているため、価格が連動します。

流動性マイニングに関するFAQまとめ

おすすめの流動性マイニングの稼ぎ方

初めての流動性マイニングの場合、分散型取引所「パンケーキスワップ」を活用したリスクの小さいステーブルコインの流動性マイニングがおすすめです。

安定した利回りを低リスクで稼げます。

やり方は、下の記事で詳しく解説しています。

流動性マイニングの利率はどのくらい?

流動性マイニングの利率は、運用通貨が価格変動しやすければしやすいほど高くなります。

変動損失が発生しやすくなり、それだけ運用する人が少なくなるからです。

年間利率(APR)の目安は以下の通りです。

  • ステーブルコインのペア:1%~10%
  • 時価総額の大きいペア(BTC&ETH等):11%~30%
  • マイナーコインを含むペア:31%~1000%

流動性マイニングのリスクとは?

流動性マイニングのリスクは、次の3つです。

  • 元本割れのリスク
  • 変動損失リスク
  • ハッキングリスク

運用中でも仮想通貨の価格は変わるため、利息以上に価値が下がる元本割れのリスクは常にあります。

ステーブルコイン同士以外の運用の場合、変動損失についても注意が必要です。

まとめ:ステーキングが仮想通貨運用の基本

本記事では、「流動性マイニング」と「ステーキング」の違いについて解説してきました。

流動性マイニングとステーキングの違い

対応している銘柄は少ないですが、基本は変動損失を考える必要がない「ステーキング」がおすすめです。

対応していない場合は、「流動性マイニング」を検討しましょう。

さとう

流動性マイニングでは、変動損失が発生しづらいステーブルコインを運用するのがオススメです。

下の記事でやり方について詳しく解説しています。

パンケーキスワップの関連記事はこちら
使い方・始め方のまとめスワップのやり方
ステーキングのやり方草コインの買い方
ポジションマネージャーメタマスクを接続できない
シンプルステーキング報酬の収穫タイミング
儲け方・手数料負けしない方法V3とV2の違い
流動性マイニングの関連記事はこちら
流動性マイニングの始め方流動性マイニングのリスク
ステーキングとの違いイールドファーミングとの違い

【5月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
13,000円特典リンクから
口座開設&
販売所利用
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設&

販売所利用
(13,000円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次