【6/28まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

仮想通貨GRT(グラフ)はどこの取引所で買える?買い方・特徴・将来性

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること

  • 仮想通貨GRT(グラフ)を買える取引所
  • 仮想通貨GRT(グラフ)の買い方
  • 仮想通貨GRT(グラフ)の特徴
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士WA州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 仮想通貨投資は1000万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信中!
  • 詳しい運営者情報はこちら

仮想通貨GRT(グラフ)とは、DApps内の様々なデータを検索できるようにインデックスするプロトコル「The Graph」が発行しているトークンです。

仮想通貨GRT(グラフ)とは?

DApps開発者が「The Graph」を活用することでアプリケーションに関するデータをインデックスし、自由に検索するサービスを利用者に提供できます。

過去にGoogleが記事をインデックスして検索可能にしたように、The GraphがDAppsのWeb3データをインデックスして検索可能にできる革新的な技術です。

the graphのインデクシングの全体像
さとう

本記事を最後まで読むことで、仮想通貨GRT(The Graph)の特徴・お得な買い方が分かり、今日からGRTに投資ができるようになります。

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

仮想通貨GRTはどこの取引所で買える?

仮想通貨GRT(The Graph)は、次の国内取引所と海外取引所と買うことができます。

国内取引所は他に「ビットフライヤー」でも上場していますが、販売所のみで5%以上の高い手数料(スプレッド)が発生するので、あまりオススメしません。

さとう

唯一国内で販売所ではなく取引所で上場している「ビットバンク」で買うのが、手数料も安く簡単なのでオススメです。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く)

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

仮想通貨GRT(グラフ)の買い方|国内取引所

仮想通貨GRT(The Graph/グラフ)の買い方は、次の通りです。(国内取引所の場合)

手順①:ビットバンクの口座を開設

仮想通貨GRT(グラフ)の購入におすすめのビットバンクの口座は、下のリンクから簡単に開設できます。

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

手順②:日本円を入金する

仮想通貨GRT(グラフ)を購入するための日本円を入金しましょう。

ビットバンクのアプリを開いたら、下タブ「メニュー」より「入金」をタップして、JPY(日本円)を選びます。

振込先の口座番号や口座名義が表示されるので、日本円の振り込みを行いましょう。

手順③:取引所でGRTを購入

下タブ「取引所」より「GRT/JPY」を選び、注文をタップします。

※販売所でもGRTを買えますが、スプレッドが高額なので手数料が安い取引所がおすすめです。

注文画面が表示されるので、成行注文を選択して、購入したいGRTの枚数を入力したら購入を実行します。

仮想通貨GRT(The Graph)の買い方
さとう

これで仮想通貨GRT(The Graph)を買うことができました。

仮想通貨GRT(グラフ)の買い方|海外取引所

仮想通貨GRT(グラフ)の買い方は、次の通りです。(海外取引所Bybitの場合)

さとう

仮想通貨GRT(グラフ)を購入する海外取引所は、Bybitがおすすめです。

海外取引所はBybitがおすすめな理由
  • 日本語対応で使いやすい
  • 取引手数料が0.1%で安い
  • 入金キャンペーンがある

6/28の限定キャンペーン!】今だけ「①Bybitへの新規登録」&「②100ドル以上の仮想通貨入金」で6000円分の特典がもらえる!

40USDT(6000円相当)分の特典がもらえる!

さとう

特典受け取りまでの手順は、以下の通りです。

  • ここから口座開設特典リンク
  • 本人確認を行う(やり方はこちら
  • 100ドル以上の仮想通貨を入金
  • 特典センターより受け取り

※入金する仮想通貨の銘柄指定はなし

お得な紹介コード:63694

手順①:国内取引所からXRPを送金

次に、国内取引所から仮想通貨XRPをBybitに送金します。

Bybitアプリを開いて、XRP(リップル)の入金先のアドレスを確認しにいきます。

下タブ「資産」より「入金」をタップして、XRPを選択します。

表示されたアドレスとタグを両方コピーしましょう。

手順②:BybitでXRPをUSDTに売却

仮想通貨GRT(グラフ)はUSDTという仮想通貨で買うことができるので、着金したXRPをUSDTに売却しましょう。

Bybitアプリを開いて、ホーム画面上で「XRP」で検索し、XRP/USDT(現物)を選びます。

成行注文で売却することで、XRPをUSDTにできます。

手順③:売却したUSDTでGRTを購入

アプリ上部の検索バーで「GRT」と検索し、GRT/USDT(現物)を選びます。

さとう

成行注文を選び、購入に使うUSDTの枚数を設定したら、GRT(The Graph)の購入を実行しましょう。

仮想通貨GRT(The Graph/グラフ)とは?

仮想通貨GRT(グラフ)とは、DApps内の様々なデータを検索できるようにインデックスするプロトコル「The Graph」が発行しているトークンです。

仮想通貨GRTはインデックスを行うインデクサーへのステーキングや報酬支払い等に使用されます。

仮想通貨GRT(グラフ)とは?
通貨名称The Graph
シンボルGRT
発行月2020年12月
チェーンEthereum/Arbitrum
アドレス(ERC-20)0xc944e90c64b2c07662a292be6244bdf05cda44a7
公式サイトhttps://thegraph.com/
公式白書https://thegraph.com/docs/
公式Twitterhttps://twitter.com/graphprotocol
公式Telegramhttps://t.me/GraphProtocol
出典:The Graph 公式サイト

Web3データのインデックスプロトコル

The Graphを活用すると、DApps(分散型アプリケーション)の開発者は、アプリケーション内のデータを利用者が検索可能な形で整理し、アプリに組み込むことができます。

さとう

様々なアプリケーションで、実際に「The Graph」のプロトコルが活用されています。

The Graph活用されているDAppsの例
  • Uniswap
  • Lido Finance
  • Livepeer

例えばUniswapの過去の流動性プールデータ等を「The Graph」がインデックスしており、利用者は自由にUniswap上で検索ができるようになっています。

さとう

The Graphが開発されるまでは、利用者がブロックチェーンデータに自由にアクセスし、検索を行うことは難しい状況でした。

The Graphを活用することでWeb3データをインデックスし、自由に検索するサービスを利用者に提供できます。

過去にGoogleが記事をインデックスして検索可能にしたように、The GraphがDAppsのWeb3データをインデックスして検索可能にしています。

The Graph learns what and how to index Ethereum data based on subgraph descriptions, known as the subgraph manifest. The subgraph description defines the smart contracts of interest for a subgraph, the events in those contracts to pay attention to, and how to map event data to data that The Graph will store in its database.

The Graph Docs “About The Graph

The Graphのインデックスの全体像

The GraphでWeb3データがインデックスされて検索可能になるまでの過程には、次の4つの役割が機能しています。

  • DApps開発者
  • キュレーター
  • インデクサー
  • デリゲーター

「DApps開発者」は、自身のアプリケーションに組み込みたい検索データを抽出するためのAPI「サブグラフ」を作成し、The Graphに提供します。

「キュレーター」は、インデックスの価値がある有用なサブグラフにGRTを預けることで、有用であることが分かるシグナルを後述の「インデクサー」に示せます。

「インデクサー」は、グラフネットワーク内でインデックスノードを運営しており、シグナルを基に実際にサブグラフをインデックス化します。

「デリゲーター」は、インデクサーに仮想通貨GRTをステーキング(委任)することで、インデクサーの報酬の一部を受け取ります。

the graphのインデクシングの全体像

DApps開発者はThe Graphを利用するために「クエリ料」として仮想通貨GRTを支払う必要があります。

さとう

インデクサーはこの「クエリ料」とGRTの新規発行「インデックス報酬」の2つをインセンティブに、サブクエリのインデックスを行います。

キュレーターとデリゲーターは、クエリ料の一部を報酬として受け取れます。

The Graph公式の「Graph Exploer」より、現在の各サブクエリのキュレーション状況等を確認できます。

出典:Graph Explorer

Indexers are node operators in The Graph Network that stake Graph Tokens (GRT) in order to provide indexing and query processing services. Indexers earn query fees and indexing rewards for their services. They also earn query fees that are rebated according to an exponential rebate function.

The Graph Docs “Indexing

GRTはステーキングで運用可能

仮想通貨GRTをデリゲーターとして、インデクサーにステーキング(委任)することで運用ができます。

さとう

仮想通貨GRTのステーキングは、EthereumチェーンとArbitrum Oneに対応しています。

各取引所から仮想通貨GRTをArbitrum Oneでウォレットに直接送金することはできないので、「Aribitrum Bridge」等でEthereumからArbitrum OneにGRTをブリッジしましょう。

出典:Arbitrum Bridge

Graph Exploer」にアクセスし、上のメニューから「Participants」⇒「Indexers」に進むことで、委任先のインデクサーのリストが表示されます。

さとう

委任したいインデクサーを選択し、「Delegate」より仮想通貨GRTをステーキングしましょう。

By delegating to an Indexer, Delegators earn a portion of the Indexer’s query fees and rewards. The amount of queries an Indexer can process depends on the Indexer’s own (and delegated) stake and the price the Indexer charges for each query, so the more stake that is allocated to an Indexer, the more potential queries they can process.

The Graph Docs “Delegating

仮想通貨GRT(グラフ)の購入リスク

仮想通貨GRT(The Graph)の購入には、次の3つのリスクがあります。

リスク①:海外取引所を利用するリスク

仮想通貨GRT(The Graph)を購入するリスクの1つ目は、海外取引所を利用するリスクです。

国内・海外に関わらず、取引所は度々ハッキングによる攻撃を受け、資産が流出することがあります。

この時、国内で金融庁に登録されている暗号資産交換業者の場合、保有している資産は会社の資産とは分別管理され、信託会社に信託されているので、資産が守られます。

暗号資産交換業者は、その行う暗号資産交換業に関して、暗号資産交換業の利用者の金銭を、自己の金銭と分別して管理し、内閣府令で定めるところにより、信託会社等に信託しなければならない。

資金決済法「第六十三条の十一 利用者財産の管理」より
さとう

以下は国内取引所ビットバンクの例で、顧客資産が別の会社に信託されて守られていることが分かります。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

仮に破綻した場合でも、優先的に顧客に資産が返還されることになります。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

金融庁に登録されていない海外取引所の場合、何か国内のルールに従って顧客の資産が管理されている訳ではなく、国内の法律によって保護されません。

さとう

仮想通貨GRTを海外取引所で購入して保有する際には注意が必要です。

リスク②:GRTの価格変動リスク

仮想通貨GRT(The Graph)を購入するリスクの2つ目は、GRTの価格変動リスクです。

注目を集めているアルトコインには投機的な資金が一時的に集中して価格が上がったり、大口の売却により暴落を引き起こしたり、ボラティリティが高くなる傾向があります。

仮想通貨GRTは時価総額・取引ボリューム共にアルトコインの中では上位の方ですが、ビットコインやイーサリアムと比べると価格変動は大きいので注意が必要です。

さとう

投資の際はリスク管理と十分な情報収集を行うことをおすすめします。

リスク③:The Graphの実用性のリスク

仮想通貨GRT(The Graph)を購入するリスクの3つ目は、The Graphを活用したデータインデックスが利用されなくなることです。

The GraphのWeb3データインデックスは、DApps開発者がThe Graphを活用した方がインデックス&データ検索機能を効率的に安価に利用者にできると判断することで成立します。

既存のサーバー技術の進歩や、その他のWeb3インデックス技術の台頭なので、The Graphが利用されなくなった場合、グラフトークンの需要にも影響が出るため注意が必要です。

まとめ:GRTの購入はbitbankがおすすめ

仮想通貨GRT(The Graph)は、次の国内取引所と海外取引所で買うことができます。

唯一国内で上場している取引所「ビットバンク」で買うのが、手間がかからず簡単なのでオススメです。

出典:ビットバンク公式サイト
さとう

ビットバンクは取引手数料も安く、初心者にも使いやすい取引所です。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

🐼 アルトコインの解説記事リスト

【5月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
13,000円特典リンクから
口座開設&
販売所利用
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設&

販売所利用
(13,000円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次