【3/31まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

仮想通貨KAS(Kaspa)はどこの取引所で買える?買い方&特徴を解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること
  • 仮想通貨KAS(Kaspa)を買える取引所
  • 仮想通貨KAS(Kaspa)の買い方
  • 仮想通貨KAS(Kaspa)の特徴
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士ワシントン州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 現在は強気相場が予想される2024年の半減期に向けてビットコイン&アルトコインを仕込み中
  • 仮想通貨投資は500万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信しています
  • 詳しい運営者情報はこちら

仮想通貨KAS(Kaspa)は、レイヤー1ブロックチェーン「Kaspa(カスパ)」が発行しているネイティブトークンです。

仮想通貨KAS(Kaspa)とは

ビットコインと同じProof of Workの仕組みを採用しており、デジタルゴールドと呼ばれるビットコインに対して、より広く普及する「銀」となることを目標に、Kaspa(アラム語で銀)と名付けられています。

主要なProof of Workの1つのプロジェクトとして堅実な人気があり、仮想通貨KASもアルトコインの投資先として高い需要があります。

出典:Kaspa公式サイト
さとう

本記事を最後まで読むことで、仮想通貨KASの特徴・お得な買い方が分かり、今日からKASに投資ができるようになります。

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

仮想通貨KAS(Kaspa)はどこの取引所で買える?

仮想通貨KAS(Kaspa)は日本の仮想通貨取引所では取り扱いがないため、海外の仮想通貨取引所で買うことになります。

仮想通貨KAS(Kaspa)が上場している、日本人が利用可能な海外取引所は次の3か所です。

さとう

次の3つの理由から、仮想通貨KAS(Kaspa)は海外取引所Bybit(バイビット)で買うのがおすすめとなっています。

  • 日本語対応で使いやすい
  • 取引手数料が0.1%で安い
  • 入金キャンペーンがある

3/31までの限定キャンペーン!】今だけ「①Bybitへの新規登録」&「②100ドル以上入金」で6000円分の特典がもらえる!

40USDT(6000円相当)分の特典がもらえる!

さとう

特典受け取りまでの手順は、以下の通りです。

  • ここから口座開設特典専用リンク
  • 本人確認を行う(やり方はこちら
  • 100ドル以上の仮想通貨を入金
  • 特典センターより受け取り

※入金する銘柄の指定はなし

お得な紹介コード:63694

さとう

Bybitは日本語に完全対応しており、特に日本人ユーザーに人気の海外取引所です。

Bybitの口コミ

日本語に対応しており、海外の取引所のエントリーアプリとして利用しました。とても使いやすい取引所アプリだと思います。手数料も安く、レベルが上がると更に安くなるのがおすすめです。現在は、現物ステーキングを使っていて国内の利率より良いと納得して使っています。

参照:Google Play

海外の暗号資産の取引所の中では一番使いやすい。3年ほど使って、運営のトラブル的なものも特段起きていないので、国内の取引所には暗号通貨を買いたい人にはオススメ。

参照:Google Play

日本語に対応している為、英語が苦手な方でも安心して利用することができます。また、注意書きや説明の意味がしっかり理解できるため、取引におけるミスが減るといったメリットもあります。

参照:Google Play
Bybitの口コミ
  • 手数料が安い
  • 日本語対応で使いやすい
  • ステーキングの利率が高い

簡単に参加できる入金キャンペーンも開催されているので、お得に仮想通貨KAS(Kaspa)を買うことができます。

Bybit 公式サイト

【3/31まで】登録&入金で40USDT分の特典がもらえる!

🐼 公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP/

仮想通貨KAS(Kaspa)の買い方

Bybitを利用した仮想通貨KAS(Kaspa)の買い方は、次の通りです。

手順①:国内取引所の口座を開設

国内取引所で上場していない仮想通貨KAS(Kaspa)を買う場合、国内取引所から仮想通貨を使って入金し、その入金した仮想通貨で買うことになります。

how-to-buy-cryptocurrency-in-foreign-exchange (1)

Bybitへの送金に使うおすすめの国内取引所は「ビットバンク」です。

Bybitへの送金が制限されておらず、送金能力に優れた仮想通貨XRPを取引手数料0.12%で買うことができます。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く)

ビットバンク公表 出金できない海外取引所リスト
  • Bithumb
  • UPbit
  • Korbit
  • ProBit
  • CoinOne
  • GOPAX
  • Kraken
  • Coinbase
  • Binance.us
  • CoinList
  • Gemini
  • Bitstamp.net US
  • Luno
  • Independent Reserve.
  • Crypto.com
  • B2C2.com
  • LMAX Digital
  • HTX.com Gibraltar
  • OSL.com
  • BlockFi.com
  • Bitfinex.com Bahamas
  • OKX.com Bahamas
  • Bitfinex.com Bahamas

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト
3月】bitbank口座開設特典の受取方法
ビットバンクの特典受け取り手順
キャンペーンにエントリーするまでの流れ

ビットバンクで仮想通貨XRPを買う方法は、下の記事で詳しく解説しています。

手順②:海外取引所Bybitの口座を開設

まずは、仮想通貨KAS(Kaspa)が上場しているオススメの海外取引所Bybit(バイビット)の口座をしましょう。

紹介コード「63694」で特典を受け取れる

・特徴①:完全日本語対応

・特徴②:国内未上場の仮想通貨を取引可能

・特徴③:追証なしのレバレッジ取引が可能

・特徴④:初心者にも使いやすい

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の購入方法はこちら

今だけ登録&入金で6000円相当の特典がもらえる

🐼 公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP/

お得な紹介コード:63694

さとう

Bybitの口座開設のやり方は、下の記事で詳しく解説しています。

手順③:国内取引所からXRPを送金

次に、国内取引所ビットバンクから仮想通貨XRPをBybitに送金します。

Bybitアプリを開いて、XRP(リップル)の入金先のアドレスを確認しにいきます。

下タブ「資産」より「入金」をタップして、XRPを選択します。

表示されたアドレスとタグを両方コピーしましょう。

次に、ビットバンクのスマホアプリを開いて、BybitにXRPを送金します。

下タブ「メニュー」より「出金」をタップし、XRPを選びます。

アドレス一覧をタップし、新規追加をタップします。

アドレスの追加画面が表示されるので、Bybitアプリでコピーしたアドレスとタグを貼り付けます。

アドレスが作成できたら、XRP引出画面でアドレスを選択し、出金数量を入れてBybitに送金します。

さとう

XRPは送金能力が高い仮想通貨なので、すぐに着金されるはずです。

手順④:BybitでXRPをUSDTに売却

仮想通貨KAS(Kaspa)はUSDTと呼ばれる仮想通貨で買うことができるので、着金したXRPをUSDTに売却しましょう。

Bybitアプリを開いて、ホーム画面上で「XRP」で検索し、XRP/USDT(現物)を選びます。

成行注文で売却することで、XRPをUSDTにできます。

手順⑤:売却したUSDTでKASを購入

アプリ上部の検索バーで「KAS」と検索し、KAS/USDT(現物)を選びます。

仮想通貨KASの買い方
さとう

成行注文を選び、購入に使うUSDTの枚数を設定したら、KAS(Kaspa)の購入を実行しましょう。

【Proof of Work】仮想通貨KAS(Kaspa)とは

仮想通貨KAS(Kaspa)は、レイヤー1ブロックチェーン「Kaspa(カスパ)」が発行しているネイティブトークンです。

ビットコインと同じプルーフオブワークの仕組みを採用しており、デジタルゴールドと呼ばれるビットコインに対して、より広く普及する「銀」となることを目標に、Kaspa(アラム語で銀)と名付けられています。

仮想通貨KAS(Kaspa)とは
通貨名称Kaspa
シンボルKAS
アルゴリズムProof of Work
総供給枚数287億枚
公式サイトhttps://www.kaspa.org/
公式WPhttps://eprint.iacr.org/2018/104.pdf
エクスプローラーhttps://explorer.kaspa.org/
公式Twitterhttps://twitter.com/KaspaCurrency
公式Discordhttps://discord.gg/kS3SK5F36R
公式Telegramhttps://t.me/kaspaenglish
出典:Kaspa公式サイト

Kaspaはビットコインと同じ取引処理の仕組みを採用していながら、ビットコインの数十倍の速度で処理することができ、混雑しにくく手数料の高騰も起きづらくなっています。

出典:Bitscreener “The Complete Guide to Cryptocurrencies: Kaspa”

レイヤー1ブロックチェーン「Kaspa」の仕組みには、次の3つの特徴があります。

  • PoWだが処理が早い
  • DAGの技術を活用
  • DAG×ブロックで効率処理

特徴①:PoWだが処理が早い

Kapsa(カスパ)の1つ目の特徴は、取引を承認する仕組みとして「Proof of Work(プルーフオブワーク)」を採用していながら、高い処理能力を実現している点です。

さとう

プルーフオブワークとは、コンピューターが「ハッシュ化」と呼ばれる高度な計算処理を行い、取引を検証・承認していく仕組みです。

proof-of-work-calculation

ビットコインがPoWの代表で管理者が必要ない点がメリットでしたが、電気コストが非常に高く環境負荷が懸念されているため、最新のブロックチェーン技術では採用されにくいです。

そこでKapsaは従来のプルーフオブワークの仕組みではなく、「kHeavyHash」と呼ばれるアルゴリズムを戦略的に採用しました。

「kHeavyHash」は従来のアルゴリズムより電気消費量あたりのハッシュパワーが高く、より効率的に取引を処理できます。

Kaspa has strategically chosen kHeavyHash.  This algorithm is a very efficient ‘core heavy’ algorithm that allows very high hashing power per watt (as compared to most PoW algorithms such as ETHash, SHA-256, KawPow). kHeavyHash is also amenable to future optical mining systems which have the potential to utilize even less energy. 

kaspa.org “Efficient Proof-of-Work

特徴②:DAGの技術を活用

Kapsa(カスパ)の2つ目の特徴は、DAG(Directed Acyclic Graph)の仕組みを採用している点です。

ここの内容は、DAGを活用した最初の仮想通貨「IOTA」の公式ブログを参考に作成しています。

IOTAはDAG(Directed Acyclic Graph, 有向非巡回グラフ)という技術を初期から活用しており、従来のブロックチェーンと比べたとき次のメリットがあります。

  • 複数の取引を同時処理できる(遅延しない)
  • スケーラビリティ問題が起きづらい
  • マイナーがいないのでガス代が発生しない
さとう

DAGにおける取引承認の流れは、以下のようなイメージです。

出典:Iota Tangle Visualization

四角に書かれた数字は「取引」が生成された順番を示しており、左から時系列順に並んでいます。(ビットコインのようなブロックの概念はありません)

DAGでは、各取引が生成されるときは必ず既存の取引を承認する必要があり、矢印は承認先を示しています。

さとう

承認が一定以上集まると、取引は確定されて覆らなくなります。

上の図で10、13、15の取引はグレーになっていますが、まだ承認が十分集まっていないので確定していないという意味です。

かなり不規則に承認されて複雑に入り組んで見えるのは、どの取引が承認がされるかは「加重ランダムウォーク」と呼ばれる仕組みで決定されるからです。

取引が生成されると、以下の動画のように新しく生成された取引に向かって既存のチェーンから歩いていきます。(加重については後述)

出典:Iota Tangle Visualization

この動画では、分かりやすい一例として、枝分かれしたときは均等な確率で進むようになっています。

さとう

既存の取引から歩いた先が新しい取引になったとき、新しい取引はその既存の取引を承認するという仕組みです。

新しいトランザクションが少し古い取引を承認することもあるため入り組んだ構造になっていますが、これにより様々な取引が平等に、効率的に処理されていきます。

しかし、完全に均等・完全にランダムに承認していては、まだ確定されていない古い取引を重複して承認してしまう可能性があり、最新の取引が承認されずに確定しない問題が起きる可能性があります。

さとう

新しい取引がどんどん承認されていかないと、仕組みとして不便で使いにくいものになってしまいますね。

そこでランダムウォークに重みづけがされた、「加重ランダムウォーク」が実際には行われています。

下の図では現在14番の取引が生成されようとしていますが、一番右上の青い取引(番号が青色で見えなくなっているが6番)までランダムウォークすると、14番に辿り着いて14番が6番を承認します。

出典:Iota Tangle Visualization

加重ランダムウォークでは、各取引は「自身を承認した取引とその取引に関連している全ての取引の数+1」で重みが付けられており、この重みで確率付けをして進みます。

上の例の場合、1~6の重みの合計は17となっており、右上の取引(見えないが6番)にランダムウォークする可能性は1/17=約6%となるため、新しい14番の取引が6番を承認する確率は6%しかありません。

その他の端に位置する取引9,10,11,12が承認される確率が高い訳です。(13はまだ取引承認の対象になっていない)

さとう

このように、古い取引が確定されずに取り残されないよう承認される機会を残しながら、最新の取引が承認されやすい仕組みになっています。

ここで考える必要があるのが、二重支払いのような不正やミスが見過ごされないかという問題です。ビットコインのProof of Workの仕組みには、二重支払いを行えなくなっていました。

51%以上の計算能力を保有することは、現実的ではないからです。

例えば、IOTAの残高が10しかないのに、異なる2店舗に同時にそれぞれ10IOTAの支払いを行ってネットショッピングを行ったとしましょう。

このとき、両方承認させると支払者のIOTA残高がマイナス10になるため、どちらか一方だけを確定させる処理を行いますが、「信頼度」と呼ばれる数値を別に計算して決めます。

  1. 取引が何回承認されるかを100回試す
  2. 承認された回数の%が信頼度

加重ランダムウォークでは必ずどちらかに偏るため、結果としてどちらか一方だけが承認されます。

さとう

確定した後に、ネットショッピング側は商品を送れば問題ありません。

特徴③:DAG×ブロックで効率処理

Kapsa(カスパ)の3つ目の特徴は、DAGの技術にブロックの概念を組み合わせた「BlockDAG」と呼ばれる技術を利用している点です。

Kaspa(カスパ)では、先述の「DAG」の技術を発展させた「BlockDAG」と呼ばれる技術が利用されています。

DAGで複数の「取引」を平行処理できたように、BlockDAGでは複数の「ブロック」を同時に処理できます。

ビットコインのように一直線上にブロックを並べて処理を進める必要がないため、スケーラビリティ問題が解決され、処理速度が早く、手数料が高騰しなくなっています。

現在のKaspaのBlockDAGでの承認状況は、以下のように公式サイトでリアルタイムで確認できます。

出典:Kaspa Graph Inspector

Kaspa is the first blockDAG cryptocurrency (no blockchain). A blockchain is a linear system, where transactions are recorded in blocks, which are ordered by time and sealed. A blockDAG is a directed acyclic graph- a mathematical structure where the vertices represent blocks & edges reference child/parent blocks.

kaspa.org “LEARN MORE ABOUT OUR FEATURES

仮想通貨KAS(Kaspa)の購入リスク

仮想通貨KAS(Kaspa)の購入には、次の3つのリスクがあります。

リスク①:Kaspaの競争負けリスク

仮想通貨KAS(Kaspa)を購入するリスクの1つ目は、Kaspaの競争負けのリスクです。

Proof of Workは環境負荷が大きいことから規制の対象にもなりやすく、現在多くのブロックチェーンはProof of Stakeの仕組みを採用しています。

DAppsもKaspa上で世界で広く普及しているものはリリースされていません。

出典:Kaspa公式サイト

同じProof of Workを採用しているビットコインと比べて優れている点は多いですが、ブロックチェーン全体で今後競争負けして需要が低下するリスクはあるので、この点は注意が必要です。

リスク②:海外取引所を利用するリスク

仮想通貨KAS(Kaspa)を購入するリスクの2つ目は、海外取引所を利用するリスクです。

国内・海外に関わらず、取引所は度々ハッキングによる攻撃を受け、資産が流出することがあります。

この時、国内で金融庁に登録されている暗号資産交換業者の場合、保有している資産は会社の資産とは分別管理され、信託会社に信託されているので、資産が守られます。

暗号資産交換業者は、その行う暗号資産交換業に関して、暗号資産交換業の利用者の金銭を、自己の金銭と分別して管理し、内閣府令で定めるところにより、信託会社等に信託しなければならない。

資金決済法「第六十三条の十一 利用者財産の管理」より
さとう

以下は国内取引所ビットバンクの例で、顧客資産が別の会社に信託されて守られていることが分かります。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

仮に破綻した場合でも、優先的に顧客に資産が返還されることになります。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

金融庁に登録されていない海外取引所の場合、何か国内のルールに従って顧客の資産が管理されている訳ではなく、国内の法律によって保護されません。

さとう

仮想通貨KASを海外取引所で購入して保有する際には注意が必要です。

リスク③:KASの価格変動リスク

仮想通貨KAS(Kaspa)を購入するリスクの3つ目は、KASの価格変動リスクです。

注目を集めているアルトコインには投機的な資金が一時的に集中して価格が上がったり、大口の売却により暴落を引き起こしたり、ボラティリティが高くなる傾向があります。

仮想通貨KASは時価総額・取引ボリューム共にアルトコインの中では上位の方ですが、ビットコインやイーサリアムと比べると価格変動は大きいので注意が必要です。

さとう

投資の際はリスク管理と十分な情報収集を行うことをおすすめします。

まとめ:KASはBybitで買うのがおすすめ

仮想通貨KAS(Kaspa)が上場している、日本人が利用可能な海外取引所は次の3か所です。

さとう

次の3つの理由から、仮想通貨KAS(Kaspa)は海外取引所Bybit(バイビット)で買うのがおすすめとなっています。

  • 日本語対応で使いやすい
  • 取引手数料が0.1%で安い
  • 入金キャンペーンがある

Bybitは日本語に完全対応しており、特に日本人ユーザーが多い海外取引所です。

簡単に参加できる入金キャンペーンも開催されているので、お得に仮想通貨KAS(Kaspa)を買うことができます。

3/31までの限定キャンペーン!】今だけ「①Bybitへの新規登録」&「②100ドル以上入金」で6000円分の特典がもらえる!

40USDT(6000円相当)分の特典がもらえる!

さとう

特典受け取りまでの手順は、以下の通りです。

  • ここから口座開設特典専用リンク
  • 本人確認を行う(やり方はこちら
  • 100ドル以上の仮想通貨を入金
  • 特典センターより受け取り

※入金する銘柄の指定はなし

お得な紹介コード:63694

🐼 アルトコインの解説記事リスト

【3月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円特典リンクから
口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設
(1,500円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次