【3/31まで】Bybit登録&$100入金で6000円が貰える!詳細はこちら!

仮想通貨RNDR(レンダー)はどこの取引所で買える?買い方・特徴を解説!

🐼 当サイトのコンテンツ制作ポリシー

「ぱんだくりぷとの」のコンテンツ制作・編集ポリシーはこちらでご紹介しています。なお、当サイトの記事には企業からのPRが含まれている場合があります。

この記事から分かること
  • 仮想通貨RNDR(Render)を買える取引所
  • 仮想通貨RNDR(Render)の買い方
  • 仮想通貨RNDR(Render)の特徴
この記事を書いた人
  • 米国公認会計士ワシントン州
  • Core30経理職
  • 2021年上期の仮想通貨バブル期にアルトコイン投資とBCGに夢中になりクリプトの世界へ
  • 現在は強気相場が予想される2024年の半減期に向けてビットコイン&アルトコインを仕込み中
  • 仮想通貨投資は500万円以上、NFTは50点以上保有、BCGは20作以上プレイ。一番やさしい丁寧なクリプト情報を発信しています
  • 詳しい運営者情報はこちら

仮想通貨RNDR(Render)とは、レンダリングプラットフォーム「Render Network」のガバナンストークンです。

仮想通貨RNDR(Render)とは

Render Networkでは、コンピューターにとって負担の掛かる作業である、映像等を描画する「レンダリング」を他のコンピューターの処理能力を使って行うことができます。

render networkとは

他のコンピューターの処理能力を活用した対価として仮想通貨RNDRが支払われます。

他の仮想通貨にはない独自の用途を持つ仮想通貨で、2023年から大きく注目されているアルトコイン銘柄の1つです。

さとう

本記事を最後まで読むことで、仮想通貨RNDRの特徴・お得な買い方が分かり、今日からRNDRに投資ができるようになります。

目次

※当メディアでは、金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」で認可を受けており、「関東財務局」に登録されている仮想通貨取引所の利用を推奨しています。また、当メディアの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

暗号資産に関する注意事項は、金融庁消費者庁警察庁による「暗号資産の利用者のみなさまへ」を是非ご覧ください。

仮想通貨RNDRはどこの取引所で買える?

仮想通貨RNDR(Render)は、次の国内取引所と海外取引所で買うことができます。

国内取引所ビットバンクで買うのが、手間がかからず簡単なのでオススメです。

出典:ビットバンク公式サイト
さとう

ビットバンクは取引手数料も安く、初心者にも使いやすい取引所です。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

仮想通貨RNDR(Render)の買い方

仮想通貨RNDR(Render)の買い方は、次の通りです。

手順①:ビットバンクの口座を開設

仮想通貨RNDR(Render)の購入におすすめのビットバンクの口座は、下のリンクから簡単に開設できます。

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

手順②:日本円を入金する

仮想通貨RNDRを購入するための日本円を入金しましょう。

ビットバンクのアプリを開いたら、下タブ「メニュー」より「入金」をタップして、JPY(日本円)を選びます。

振込先の口座番号や口座名義が表示されるので、日本円の振り込みを行いましょう。

手順③:取引所でRNDRを購入

下タブ「取引所」より「RNDR/JPY」を選び、注文をタップします。

※販売所でもRNDRを買えますが、スプレッドが高額なので手数料が安い取引所がおすすめです。

仮想通貨RNDR(Render)の買い方

注文画面が表示されるので、成行注文を選択して、購入したいRNDRの枚数を入力したら購入を実行します。

さとう

これで仮想通貨RNDRを買うことができました!

仮想通貨RNDR(Render)とは?

仮想通貨RNDR(Render)とは、レンダリングプラットフォーム「Render Network」のガバナンストークンです。

仮想通貨RNDR(Render)とは
通貨名称Render
シンボルRNDR
発行年月2017年10月
トークン規格ERC-20
チェーンEthereum
総供給枚数536,870,912枚
公式WPhttps://know.rendernetwork.com/
公式サイトhttps://rendernetwork.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/rendernetwork

Render Netwok(レンダーネットワーク)とは分散型のレンダリングプラットフォームで、コンピューターのGPU(Graphics Processing Unit)の余剰能力を持つ人とクリエイターをマッチングさせています。

出典:Render Network

レンダリング(Rendering)とは、物の構造・質感・光源などの基になるデータを整え、高品質な映像や画像を表示させることを指す専門用語です。

レンダリングとは
さとう

私たちが普段見ている様々なコンテンツはこのレンダリングによって生まれていますが、コンピューターの負荷が大きい作業です。

Render Networkでは、このレンダリング作業を他のコンピューターの処理能力で行うことができます。

そして、処理能力を活用した対価として仮想通貨RNDRを支払うという訳です。

render networkとは

The Render Network is the first network to transform the power of GPU compute into a decentralized economy of connected 3D assets.

Render Network 公式サイト

仮想通貨RNDR(Render)のトーケノミクス

仮想通貨RNDRの最大供給量は536,870,912枚となっています。

仮想通貨RNDRのICOは2017年10月6日から2017年10月12日の間で行われ、その後2018年1月から5月にかけてプライベートセールで販売されました。

供給量の内訳は、以下の通りです。

  • 25%:一般への販売
  • 10%:RNDRリザーブ
  • 65%:ネットワークへの需要供給の調整
さとう

Render Networkの利用には0.5%~5.0%のRNDR手数料が発生し、ネットワークの運営はこの手数料でまかなわれています。

仮想RNDR(Render)の購入リスク

仮想通貨IMX(Immutable)の購入には、次の3つのリスクがあります。

リスク①:海外取引所を利用するリスク

仮想通貨RNDRを購入するリスクの1つ目は、海外取引所を利用するリスクです。

国内・海外に関わらず、取引所は度々ハッキングによる攻撃を受け、資産が流出することがあります。

この時、国内で金融庁に登録されている暗号資産交換業者の場合、保有している資産は会社の資産とは分別管理され、信託会社に信託されているので、資産が守られます。

暗号資産交換業者は、その行う暗号資産交換業に関して、暗号資産交換業の利用者の金銭を、自己の金銭と分別して管理し、内閣府令で定めるところにより、信託会社等に信託しなければならない。

資金決済法「第六十三条の十一 利用者財産の管理」より
さとう

以下は国内取引所ビットバンクの例で、顧客資産が別の会社に信託されて守られていることが分かります。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

仮に破綻した場合でも、優先的に顧客に資産が返還されることになります。

引用:bitbank「お客さま資産保全への取り組み」

金融庁に登録されていない海外取引所の場合、何か国内のルールに従って顧客の資産が管理されている訳ではなく、国内の法律によって保護されません。

さとう

仮想通貨RNDRを海外取引所で購入して保有する際には注意が必要です。

リスク②:RNDRの価格変動リスク

仮想通貨RNDRを購入するリスクの2つ目は、RNDRの価格変動リスクです。

注目を集めているアルトコインには投機的な資金が一時的に集中して価格が上がったり、大口の売却により暴落を引き起こしたり、ボラティリティが高くなる傾向があります。

仮想通貨RNDRは時価総額・取引ボリューム共にアルトコインの中では上位の方ですが、ビットコインやイーサリアムと比べると価格変動は大きいので注意が必要です。

さとう

投資の際はリスク管理と十分な情報収集を行うことをおすすめします。

リスク③:RNDRトークン需要のリスク

過疎通貨RNDRを購入するリスクの3つ目は、RNDRのトークン需要が少ないことのリスクです。

Render Networkは、高性能なGPUの処理が必要なレンダリング作業を行う人をターゲットとしているサービスとなっています。

RNDRは、このRender Networkの中で次の2つで利用されますが、コンテンツ制作者以外にとってはトークンが利用されづらく、一般の仮想通貨ユーザーには利用機会がない仮想通貨であるといえます。

  • GPU処理への対価の支払い
  • Render Networkのガバナンス
さとう

利用者が限られた範囲に留まる場合、トークンの需要が低迷し、仮想通貨RNDRの価格に影響を及ぼす可能性はあるでしょう。

まとめ:RNDRはbitbankで買うのがおすすめ

仮想通貨RNDR(Render)は、次の国内取引所と海外取引所で買うことができます。

仮想通貨RNDR(Render)は、唯一国内で上場している取引所「ビットバンク」で買うのがオススメです。

出典:ビットバンク公式サイト
さとう

取引手数料も安く、初心者にも使いやすい取引所です。

※ビットバンクの取引手数料:Takerは0.12%、Makerは-0.02%(一部銘柄を除く

・今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

・特徴①:最短即日で口座開設&取引が可能

・特徴②:仮想通貨の取引量国内No.1

・特徴③:セキュリティ評価国内No.1

・特徴④:主要な海外取引所への送金制限なし

口座開設のやり方はこちら

仮想通貨の買い方はこちら

【期間限定】今だけ口座開設で現金1000円がもらえる

🐼 ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

出典:ビットバンク 公式サイト

🐼 アルトコインの解説記事リスト

【3月更新】口座開設キャンペーン一覧

取引所名特典金額獲得条件🐼特典を貰える
開設リンク

公式サイトはこちら
6,000円ここから口座開設
②100ドル以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円①口座開設
②1万円以上入金
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円500円以上購入で
毎日10名に当たる
特典リンク

公式サイトはこちら
2,000円口座開設特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円紹介ID「RD9Bm
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円特典リンクから
口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,500円紹介コード「ckq3agrv
で口座開設
特典リンク

公式サイトはこちら
1,000円口座開設特典リンク
取引所条件🐼
(特典金額)
特典を貰える
開設リンク
ここから口座開設
②100ドル以上入金

(6,000円)
特典リンク
①口座開設
②1万円以上入金
(1,000円)
特典リンク
500円以上購入で
毎日10名が当選
(1,000円)
特典リンク
口座開設
(2,000円)
特典リンク
紹介ID「RD9Bm
で口座開設
(1000円)
特典リンク
専用リンクから
口座開設
(1,500円)
特典リンク
紹介ID「ckq3agrv
で口座開設
(1,500円)
特典リンク
口座開設
(1,000円)
特典リンク

【金融庁】仮想通貨に関する注意喚起

さとう

仮想通貨に関する法令・注意喚起について知りたい方は、以下の関連ページを一読することをオススメします。

消費者庁の「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」のYoutube視聴もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次